フラワーカップの予想・見解

公開日: : 過去の記事

フラワーカップ!

半数以上が1勝馬のエントリー。
賞金を加算して桜花賞への手もあるが、
距離の長いオークスが目標の馬も多い。

※  クリスマス
函館で連勝し、中央に戻ったアルテミスS が凡走。
距離を懸念された阪神JFが出遅れから追い込んで4着。
しかも33秒6の最速の末脚を使って…
どう受け取ればいいのか悩んでしまう?
今回は更に1ハロン延びる1800mになる。
差しに回っての競馬になるだろうが、
馬場は荒れており信頼は置けない。
期待と不安が交錯し結論を出すのが難しい。

※  ショウナンパンドラ
エルフィンS2着は評価できるし距離延長も歓迎。
問題は使いつつ細化傾向にあること。
デビューから前走までで14k減っているのだから。
馬体は戻った!と陣営は話すが、
今回は長い輸送と不慣れな環境での競馬になる。
当日の馬体チェックが重要なポイントになる。
僅かでも増えていれば上位争いも可能。

※  チョコレートバイン
2戦目のキャリアでエルフィンS3着。
しかし、細身の体つきでお釣りはなかった。
今回はパワーが必要な直線の坂がある。
大きな評価は避けたいと思うが…

※  ニシノアカツキ
1勝馬だが重賞2着で賞金を加算している。
しかもここ2戦が重賞で好内容の僅差負け。
しっかり伸びるし今回は鞍上も強化され後藤騎手。
前が飛ばしてくれれば決め脚が発揮できる。

※  バウンスシャッセ
2勝目を挙げひと息入れることができた。
もともと中距離向きと考えられ照準はオークス?
スパッと切れる脚はないが、いい脚を長く使える。
大型馬で細化の心配はなく、中山も大丈夫。
時計のかかる今の馬場も優位に働くだろう。

※  パシフィックギャル
先行しても差しに回ってもいい自在性がある。
ただ、足元に不安があり使い込めない。
今回は5カ月振りの実戦になりブランクが長い。
額面通りの評価はいかがかと…

※  ホクラニミサ
崩れはないが4戦目で初勝利をマーク。
せっかくフックラした馬体も使いつつ減少傾向に。
距離も現状は1600mがベストと思われる。

※  マイネオーラム
2勝馬だがジリっぽい印象は否定できない。
前走同様の荒れ馬場中山というのはいいが、
今回は一気にメンバーが強くなる。
そのあたりを考えると…

※  マイネグレヴィル
戦歴は豊富で強い相手と闘ってきた強みもある。
脚質は先行しての粘り込みで、上がりを要する流れ。
札幌2歳S のように更に馬場が悪化すればいいが…

※  マローブルー
父同様にセールスポイントは切れ味。
まだ良化途上にあり、馬体もしっかりしていない。
今回はどこまで通用するかの試金石では。

※  リーサルウェポン
根性があり渋太い印象が強い。
まだまだ良くなる余地を残しているが、
現状は時計のかかる、上がりのかかる流れの注文が。

一長一短のメンバーだけに1勝馬にもチャンス十分。
確たる馬が不在だけに馬券的には面白そうだが。

【船橋競馬】 ※船橋記念(S3)徹底分析予想はこちらから

【中山競馬】 有馬記念馬登場!今週の注目『AJCC(G2)』の注目予想情報はコチラ

【中京競馬】 ★東海S(G2)フェブラリーSの前哨戦を徹底予想★

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

catch

中京・東海S

中京・東海S! 暮れに行われたチャンピオンズCの再戦か? 加えて、みやこSも参考となるレースに。

記事を読む

catch

京成杯・べルーフ

京成杯・ べルーフ! 中山の2000mはいかにも皐月賞を意識させるモノ。 本番に向けて賞金を加算し

記事を読む

catch

3日間競馬が終わり

暮れから年明けの変則日程での調整がいかに難しいか⁉︎ イヤというほど知らされた正月からの競馬内容。

記事を読む

catch

北九州記念(2014)短評 エピセアローム他…

北九州記念! なぜか1番人気の馬が不振に終わるレース。 “ 夏は牝馬!” の言葉通り、牝馬の活躍

記事を読む

catch

中山・京成杯

中山・京成杯! 春のクラシックを意識する面々が集結したが、 賞金900万以上の馬は5頭で、残りは1

記事を読む