【5/29(日)東京12R目黒記念(G2)】馬券分析・予想

公開日: : 最終更新日:2016/05/29 重賞展望 , ,

日  東京  目黒記念・ 馬券分析!

東京競馬場4

オープン2500mのハンデ戦。
1番人気は なかなか勝てないものの、連争いには顔を覗かせている。
追い込み脚質の馬が活躍しているのも、過去の傾向に表れている。

※  展開はどうなる?

クリールカイザー、ネオブラックダイヤのいずれかがハナに。
サムソンズプライド、タマモベストプレイ、マイネルラクリマも前へ。
Hペースとまではいかなくても、ソコソコ速い流れが予想され、
今年も差し、追い込み馬がゴール前を賑わせる。

※  ここまでの結論!

◎  13  スーパームーン  56k
意外に古馬が活躍しているこのレース。年齢にはこだわらない。
AJCC 2着の後にひと息入れ、ここに向かっての調整。
中山から東京に替わるのはプラス材料、スタミナは豊富で距離も問題なし。
まともに収まらないレースだけに、少し角度を変えた狙いで。

◯  06  マリアライト  56k
有馬記念、日経賞でも一線級の牡馬相手に互角の勝負。
素直に力があることを認めたい。
56kのハンデは見込まれただけに、そのあたりを少し考慮しての評価。

▲  05  モンドインテロ  56k
確実に力をつけていることは、最近の成績を見ればよく分かる。
2400mは抜群の成績だけに、100m延長の2500mなら心配はないはず。
本来ならもっと強く推したいところだが、鞍上を考えて評価を下げた。

△  16  タッチングスピーチ  55k
女王杯はマリアライトとクビ差の勝負、京都記念でも2着にきており、
ここに入っても何ら遜色はない4歳牝馬。
ただ、前走の大阪杯が負け過ぎであり、初の東京ということで押さえの評価に。

×  15  クリプトグラム  54k
2連勝、前走は格上挑戦での勝利だが、ハンデ52kのオープン特別。
今回はハンデは2k増え、重賞メンバーでの闘いになる。
スンナリ受け入れるわけにはいかない。

×  09  サムソンズプライド  54k
鞍上は魅力だが、やっと準オープンを勝っての昇級戦。
前々で競馬をして渋太く脚を伸ばす脚質は、ここでは不安が大きく。

×  14  タマモベストプレイ  56k
G 3 メンバーならともかく、G 2 相手になると、決め脚が物足りない。

×  04  ネオブラックダイヤ  54k
秋山騎手から横山典騎手に乗り替わり。雑な競馬をされる予感が…
8歳馬で切れる脚もないので、どう乗っても馬券には絡めない。

×  10  ヒットザターゲット  58k
昨年はインを突いて勝利しているが、嵌まった感は否めない。
今年は1k増の58kになり、昨年と展開も変わるだろう。

×  07  マイネルラクリマ  57.5k
良化度合いが遅く、前走のマイナス20k減の馬体も気がかり。

×  03  レコンダイト  55k
昨年のこのレースで2着はあるが、デムーロ騎手の立ち回りのうまさによるもの。
ここ2走を見ていると、終いジリジリ差を詰めるだけの競馬だけに…

 

【必見情報】 ※神戸新聞杯(G2)レイデオロを負かし得る絶好の仕上げの注目馬が気になる方はクリック

【状態絶好】 オールカマー(G2)で狙うべき状態絶好の馬はこの馬!←馬名公開中

【阪神競馬】 ダービー馬登場!今週の注目『神戸新聞杯(G2)』の出走馬情報

【中山競馬】 ★オールカマー(G2)秋の主役へ名乗りを挙げる注目出走馬情報★

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

有馬記念1

【2015有馬記念(G1)】出走馬徹底分析[4]~ラブリーデイ他

中山 有馬記念・徹底分析! 4 いよいよ今年の締めくくりになるグランプリレース有馬記念。

記事を読む

きさらぎ賞2

京都11R きさらぎ賞 馬券検討

京都・きさらぎ賞馬券検討! クラシックへの登竜門と言われる割には物足りない頭数。 が、中身さ

記事を読む

saudi_arabia_royal_cup

【サウジアラビアロイヤルカップ2016】1週前出走馬動向をチェック!

10月8日の東京はサウジアラビアロイヤルカップ! 第2回 サウジアラビアロイヤルC 2

記事を読む

アルバートドック

【2015菊花賞(G1)】出走馬徹底分析[1]~サトノラーゼン他

京都 第76回 菊花賞・徹底分析! 1 昨年は条件馬で昇り馬のトーホウジャッカルが制覇! 人

記事を読む

ワンアンドオンリー

【2015京都大賞典(G2)】ワンアンドオンリー他、一週前出走予定馬動向をチェック!

来週の京都メインは京都大賞典です! c ワンアンドオンリー、ラブリーデイ、カレン

記事を読む