【5/22(日)東京11R オークス(G1)】馬券分析・予想

公開日: : 重賞展望 , ,

日 東京 オークス・馬券分析!

オークス2016

オークス馬がリタイアし、各馬は初めての2400mで混沌状態。
桜花賞の上位馬を信用していいのかどうか?
新たなヒーローの誕生はあるのか?
今年のオークスはスンナリと収まりそうにない雰囲気にある。

※ 展開はどうなる?

先手を取るのはエンジェルフェイスかロッテンマイヤー。
スタート次第でどちらかが行く。
ダンツペンダント、フロムマイハートも前につける。
ゲートがよくないシンハライトは中団からで、
その周りには GI 馬を目論む各馬がマークしながら進む。
距離は長く前半で隊列は定るが、決してペースは遅くならない。
勝つためには、仕掛けどころと馬の決め手が明暗を分ける。

※ ここまでの結論!

◎ 13 チェッキーノ
思い切って抜擢した。
4戦すべてで最速の脚を使い、初戦 2着以外は3連勝している。
距離を徐々に延ばし、前走が2000mで快勝している。
デビュー時が452k、前走は464kと、牝馬にして馬体増の傾向は心強い。
父がキングカメハメハ、母系はサンデーサイレンスのクラシック血統。
テン乗りになっても、鞍上が戸崎騎手なら大レースを任せられる。

◯ 03 シンハライト
デビューから3連勝し、桜花賞がハナ差の2着と、実績は文句なし。
父がディープインパクトで、母系は長距離血統なら、2400mはこなせるはず。
ただ、切れを身上とする馬だけに、長丁場でいつもの脚がつかえるかどうか?
430kの小柄な馬体は、2400mに耐えられるのか?
1600m以上は経験がなく、左回りの府中コースは大丈夫なのか?
杞憂に終わるかもしれないが、競馬だけに少し疑ってかかりたい。

▲ 17 ロッテンマイヤー
キャリアは浅いが、これまで3戦で2勝し3着が1回。
その3着が、2戦目でクイーンC3着なら悪くない。
オークスを逃げ切るのは至難のワザだが、控える競馬をするなら話しは別。
すべての鍵はベリー騎手が握っていると言っても過言ではあるまい。
頭が高いので切れる脚は使えないが、それなりに伸びるのは確か。
17番枠だが、ジンワリ前につければ大きなロスはないはず。

△ 14 ビッシュ
何を考えたのか?フローラSは最後方からの競馬で勝とうとする意欲は見られず。
それでも終いは勝ち馬と同じ最速の脚で伸びて0.8秒差の5着。
桜花賞馬が出走せず、今回はデムーロ騎手が跨ることになった。
この乗り替わりは かなり大きいと言える。
血統的に2400mはこなせていいし、そう考えれば気になる存在に。

× 11 エンジェルフェイス
まだ芯が通っておらず、脚質に幅が出ていない。
前走のように、前々で競馬をして、渋太く粘り込むだけ。
前走のフラワーCは、メンバーも弱かったので信用は出来ない。
ルメール騎手はメジャーエンブレムの代わりにこの馬に乗るだけ。

× 04 アットザシーサイド
桜花賞 3着は評価できても、10k減の馬体重は気になるところ。
デビュー時に448kあった馬体も、前走で18kも減っている。
切れ脚が売りのこの馬の得意は1400mであり、1000mの距離延長は心配。
オークスに好相性の福永騎手だが、さすがに今回は…

× 06 アドマイヤリード
桜花賞は勝負を捨てて、最後方からの直線に賭けた競馬で5着。
2400mで どんな競馬をするのだろうか?
前々で競馬をすれば、前走のように脚は溜まらない。

× 07 ゲッカコウ
出遅れたフローラSでモロさを暴露してしまった。
自分の形で競馬ができないと力を発揮できない現状がある。

× 16 ジェラシー
前走で2勝目をマークしたが、それまでの道のりは地味。
その前走が、2着馬とはクビ差でインパクトもなかった。

× 18 ダイワドレッサー
休養明けの1勝馬が、いきなりの G I 制覇には無理がある。
2000mでは惨敗しており、今回は2400mに延びるので。

× 08 デンコウアンジュ
一発を秘めたい馬だが、出遅れもあって脚質が定まらない。
中途半端な競馬をすると、持ち前の末脚が削がれてしまう。
突っ込んできた時は諦めるしかない。

× 01 フロムマイハート
前走 2着も、小柄な馬に12k減の馬体は少なからず応える。
ローテーションは詰まっており、これ以上の上積みは望めず。

× 12 フロンテアクイーン
叩き2走目の変わり身はあるだろうが、前走の内容が平凡。
実質は1勝馬であり、決め手にも欠けるので。

× 15 レッドアヴァンセ
ここまでの6戦すべてがマイル戦で、2400mの距離は未知数。
ベストが1600mとみて、陣営は番組を組んできたのが分かる。

【2016オークス(G1)】出走馬徹底分析[1]アットザシーサイド他

【2016オークス(G1)】出走馬徹底分析[2]シンハライト他

【2016オークス(G1)】出走馬徹底分析[3]チェッキーノ他

【2016オークス(G1)】出走馬徹底分析[4]ロッテンマイヤー他

 

【必見情報】 ※神戸新聞杯(G2)レイデオロを負かし得る絶好の仕上げの注目馬が気になる方はクリック

【状態絶好】 オールカマー(G2)で狙うべき状態絶好の馬はこの馬!←馬名公開中

【阪神競馬】 ダービー馬登場!今週の注目『神戸新聞杯(G2)』の出走馬情報

【中山競馬】 ★オールカマー(G2)秋の主役へ名乗りを挙げる注目出走馬情報★

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

朝日杯FS

【12/20(日)阪神11R 朝日杯FS(G1)】馬券分析・予想

阪神 朝日杯フューチュリティーS・馬券分析! 3勝馬1頭、2勝馬5頭、残りは1勝馬の構

記事を読む

kawata_tuika17_960_720

新潟記念2017結果/レース回顧|タツゴウゲキが制し重賞連覇!

今年の新潟記念はタツゴウゲキが重賞を連勝! 2017/9/3(日)開催 新潟11R 新潟記念(

記事を読む

中山競馬場2

【4/11(土)中山11RニュージーランドT(G2)馬券分析・予想

中山 ニュージーランドT・馬券分析! NHKマイルに向く大事な一戦であり、権利も発生す

記事を読む

中山競馬場3

【2016中山金杯(G3)】出走予定馬動向をチェック!

東の競馬の始まりは中山金杯です! 京都ではマイル戦の金杯が、中山は2000mの金杯です

記事を読む

no image

【アメリカJCC2017】1週前出走予定馬の動向をチェック!

2017/1/22(日)の中山はアメリカJCCです! 中山11R アメリカJCC G2 芝22

記事を読む