【2016平安ステークス(G3)】出走馬短評と予想のポイント

公開日: : 最終更新日:2016/05/19 重賞展望 , ,

土  京都  平安ステークス!
京都競馬場ダート
G3 のダート、平安S 1900mの別定戦。
昨年はインカンテーションが制しているが、
今年はそれ以上のメンバー構成で、盛り上がりは間違いなし!
ただ、アウォーディーが登録のみで出走回避なのは残念。

※  ポイント

☆ アスカノロマン
前走はアウォーディーに0.1秒差まで食い下がっている。
走りは本物で、得意の京都コースなら逆転の可能性だってある。
自在性を身につけた脚質は流れに左右されることもない。
東海Sに続く勝利が待っている…

☆ アムールブリエ
アウォーディーとは兄弟にあたり、この馬もダート実績は素晴らしい。
このところ地方交流戦が続き、京都での走りは久々になるが、
前走も地方の重賞を勝っており、上位争いは必至とみていいだろう。

☆ クリソライト
前走は「 逃げ 」の指示が出ていたが行けず。
苦しい道中だったが、それでも4着まで上がってきている。
スタートをうまく切り、先行策が叶うなら、前走以上の成績は可能。
まだまだ見限るわけにはいかない。

☆ クリノスターオー
昨年春のアンタレスSを勝ってから、勝利は遠ざかっている。
潜在能力は高いのだが、気性面がネックになっている現状。
道中はいいが、4角で追っつけられるとズルい面が出てしまう。
相手が強くなると、そのロスはより大きいダメージに繋がってしまう。

☆ サンマルデューク
阪神では中山のような走りができなかった。
京都はもっと流れが速くなり、直線では前の馬も止まってくれない。
やはり狙いは中山コースということになりそう。

☆ ショウナンアポロン
ハナは切れたが、ビッシリ競り込まれて終いの脚を残せず。
今回も行くしかないが、スローな逃げは望めそうになく…

☆ ストロングサウザー
佐賀記念は見事に勝てたが、前走の船橋ではクリソライトに完敗。
そのクリソライトがここに入れば押さえの評価。
推して知るべしだろう。

☆ ドコフクカゼ
前走が早めの抜け出しが応え、ゴール前で失速し4着。
ローテーションは詰まるが、馬格はありタフな馬なので心配はない。
岩田騎手の乗り方ひとつで着順は変わるが、上位扱いが妥当。

☆ ブライトアイディア
前走1600万条件を勝ち上がっての重賞挑戦。
それまでの成績を見るとインパクトはなく、
いきなり大きな期待をするのは無理がある。

☆ マジェスティハーツ
芝の関屋記念、鳴尾記念の重賞レースで2着はあるが、
ダートは初めてになり、どんな走りを見せるのか?
後方からの競馬になると、砂を被り気にしてしまうだろう。
普通に考えるなら、今回は静観視だが…

☆ ラインルーフ
連勝してオープン入りした、伸びしろ十分の4歳馬だが、
ここに入ると経験不足は否定できないところ。
しかも、別定戦では、強く推す材料が見当たらない。

☆ ロワジャルダン
前走は前が速くなり展開は味方してくれたが、ジリジリとしか伸びず。
みやこS、フェブラリーSがそうだったように、
この馬には下が締まった馬場がピッタリの感じがする。

アウォーディーが不在となれば、ひと波乱がありそう。

【船橋競馬】 習志野きらっとスプリント(S3)短距離頂上決戦を徹底予想

【新潟開幕】 ★アイビスSD(G3)出走馬徹底分析&必勝データ公開中★

【札幌開幕】 『クイーンSを的中させたい人必見』出走馬データ徹底分析

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

kawata_tuika07_960_720

皐月賞2017予想/出走予定馬徹底分析[4]~プラチナヴォイス他

皐月賞2017徹底分析 2017/4/16(日) 中山11R 皐月賞(G1) 3歳オープ

記事を読む

ロードクエスト1

【2015ホープフルステークス(G2)】ロードクエストはやれるか?

☆ ホープフルSのロードクエストはやれるのか? ホープフルSでのファンの注目は、ロード

記事を読む

free03

オークス2017出走予定馬徹底分析[2]~ディーパワンサ他

オークス2017徹底分析 2017/5/21(日) 東京11R 優駿牝馬|オークス(G1)

記事を読む

keio_hai_2_sai_stakes

京王杯2歳ステークス2016予想・馬券分析

土 東京 京王杯2歳ステークス・馬券分析! 2歳オープン 1400m芝 G2 馬齢戦。

記事を読む

kawata_tuika22_960_720

高松宮記念2017出走予定馬徹底分析[3]~ヒルノデイバロー他

高松宮記念2017徹底分析! 2017/3/26(日) 中京11R 高松宮記念(G1)

記事を読む