スプリングステークス アジアエクスプレス他短評と見解

公開日: : 過去の記事

スプリングS!

3着までに皐月賞への優先出走権が与えられる。
過去から1番人気が安定した成績を残している。
1番人気が連を外した時は高配当が出ているが、
全体的には平穏に収まっている。

※  アジアエクスプレス
初芝の2歳 G I 朝日杯FSでいきなりの勝利。
少し時計がかかり直線の坂も味方してくれた。
タップリ賞金を蓄えたことで余裕を持っての休養。
3月に入って本格的な乗り込みを始めている。
コースは実証済みだが1800mは未知数。
始めてのコーナー4つにもなる。
寸が詰まった体形で頭は高いので、
“ 絶対視 ” だけは避けた方が賢明だと思うのだが…

※  クインズハリジャン
休養明けで一気の距離延長になる。
しかも、まだトウ骨を気にしているようだから、
今回は静観策が妥当だろう。

※  クラリティシチー
1勝馬の身だが、これまでの戦歴の内容は濃い。
3着以下はなく、着差も僅かで悪くない。
3走前で距離、2走前でコースもクリアした。
3着の権利どころか勝ち負けの可能性もある。

※  サクラエール
地味ながら連勝して、更に上を目指しての挑戦。
しかも徐々に距離を延ばして克服している点にも好感。
安易に父だけで距離を不安視するのは早計かも。
母系が表に出ていれば十分やれるのだから。
不安はあるが秘かに期待するのも面白そう。

※  ベルキャニオン
1勝馬だが前走の重賞2着で賞金は加算している。
荒れ馬場は気になるが、33秒台の末脚は最大の武器。
ホープS2着でコースも克服しており、
クラリティシチーにも先着している。
発馬さえ決めれば差し切りも十分あるはず。

※  マイネルアウラート
前走で2勝目をマークしたが平場レースでのもの。
特別メンバーに入ると決め手不足を露呈している。
今回は一気に相手が強化されており押えの評価で。

※  ロサギガンティア
M・デムーロを起用したあたり陣営の期待が窺える。
何とか平場レースで2勝目はマークできたが、
今回は久々の右回りでもあり中山は初コース。
相手も手強くなっており真価が問われる一戦に。
少なくとも権利の3着までは狙ってきているはず。

どうやらアジアエクスプレスがキーマンに。
持ち賞金900万以下の馬は無理を避け3着狙いで。
馬券的には結構面白そうだが……

【中山競馬】 有馬記念馬登場!今週の注目『AJCC(G2)』の注目予想情報はコチラ

【中京競馬】 ★東海S(G2)フェブラリーSの前哨戦を徹底予想★

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

catch

中山11R招福Sパドック

中山11R招福Sパドック ※ レース傾向ー 力差はなく 馬番 評価 寸評 1× 2△体は

記事を読む

catch

第74回 桜花賞回顧

第74回  桜花賞! 圧倒的1番人気ハープスターは大外の18番枠。 パドックでは気負うこともなく普

記事を読む

catch

毎日王冠

毎日王冠! 1着馬に天皇賞への優先出走権が与えられる。 今年の天皇賞は混戦ムードだけに 各馬にとって

記事を読む

catch

シンザン記念

2年前はジェンティルドンナが勝って波に乗った。 3年前はオルフェーヴルもステップレースにした。

記事を読む

catch

阪神11R阪神Cパドック

阪神11R阪神Cパドック ※ レース傾向ー 展開は差し有利だが 馬番 評価 寸評 1▲丸

記事を読む