【2016オークス(G1)】出走馬徹底分析[3]チェッキーノ他

公開日: : 最終更新日:2016/05/18 重賞展望 , , , ,

日  東京  オークス・ 徹底分析!   3
オークス2016

桜花賞馬の戦線離脱は残念だが、熱い3歳牝馬の闘い
オークス(優駿牝馬)は2400m芝。
桜花賞の上位馬で決着するのか?新しいヒーローは現れるのか?
4回に分けて、詳しく紹介していきます。

※  ポイント
ダンツペンダント
☆ ダンツペンダント ( 抽選 )
初芝の前走1800mで逃げ切り、早速エントリー。
もしかすると芝向きかもしれないが、経験不足を否定することはできない。
先行策でオークスを制するには、よほどの能力がないと難しい。
チェッキーノフローラS
☆ チェッキーノ
持ち賞金は1400万あるので、フローラSは本番前のひと叩きの一戦。
そのためか、2k増の馬体は、少し余裕残しでの出走となっている。
1000m通過が59秒7で流れる中、中団に構えての競馬内容。
すべてを長い直線に賭ける気持ちが伝わってきた。
いざ直線を向くと、脚色は他馬とはかなり違い、
鮮やかな抜け出し振りには、他馬を寄せつけない力強さを覚えた。
しかし、1分59秒7、48.0-36.1の時計も上がりもそう速くはない。
2400mの距離にはほぼメドを立てたが、メンバー強化でどこまでやれるか?
そのあたりを いかに補うかは、騎手の腕にすべてがかかっている。
大きく崩れることはないだろうが、勝ち負けとなると少々 不安は残る。
デンコウアンジュ
☆ デンコウアンジュ
アルテミスSではメジャーエンブレムを鬼脚で差し切ったが、
その後のレース内容には冴えが見られない。
桜花賞は直線に入って身動きが取れず、脚を余しての10着だった。
広くて直線の長い府中コースは持ってこいだが、展開が嵌まるかどうか問題。
持ち味の切れを生かすにはマイルがベスト、2400mは長いかもしれない。
ビッシュ
☆ ビッシュ ( 抽選 )
連勝して挑んだフローラSは1番人気に支持されたが、最後方から追い込み5着。
内容は悪くなかったが、鞍上の横山典騎手はアッサリ別の馬をチョイスしている。
替わって騎乗するのはデムーロ騎手だが、
これは桜花賞馬がリタイアして空きができたから、深く考えない方がいい。
2400mも未知数だが、速い時計の決着にも疑問が残る。
ビッシュ
☆ フロムマイハート
スイートピーSは唯一の2勝馬出走。
12kの馬体は細くは映らなかったが、小柄だけに心配はあった。
内目から伸びて2着は確保したが、内容的には今ひとつ物足りなさを覚えた。
今回は、せめて430k以上での出走をしてほしいが、
グンと相手が強くなるので、前走以上の走りを期待するのは無理だろう。

4 に続く…

 

【大井競馬】 ※TCK女王盃(Jpn3)徹底分析予想はこちらから

【波乱重賞】 シルクロードS(G3)京都競馬徹底攻略予想!←絶賛公開中

【東京開幕】 砂の強豪終結!今週の注目『根岸S(G3)』の注目予想情報はコチラ

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

kawata_tuika07_960_720

キーンランドカップ 2017 データ から傾向を分析!

キーンランドカップ・データからの傾向! 2017/8/27(日)開催 札幌11R キーンランド

記事を読む

free12

【弥生賞2017】出走予定馬短評と予想のポイント

弥生賞2017:予想のポイント 2017/3/5(日) 中山11R 弥生賞 G2 芝2000m

記事を読む

kawata_tuika18_960_720

アイビスサマーダッシュ2017結果/レース回顧|ラインミーティアが優勝!

新潟 アイビスサマーDは伏兵ラインミーティアが優勝! 2017/7/30(日)開催 新潟11R

記事を読む

高松宮記念2016

【2016高松宮記念(G1)】出走馬徹底分析[3]~ミッキーアイル他

日  中京  高松宮記念・徹底分析!  3 ※  ポイント ☆ ハクサンムーン 昨年は

記事を読む

阪神競馬場2

【2016マーメイドステークス(G3)】1週前出走馬動向をチェック!

6月12日の阪神はマーメイドS! 阪神  マーメイドSは牝馬による闘い2000m芝のハ

記事を読む