【2016オークス(G1)】出走馬徹底分析[2]シンハライト他

公開日: : 最終更新日:2016/05/17 重賞展望 , , , ,

日  東京  オークス・ 徹底分析!  2
オークス2016
桜花賞馬の戦線離脱は残念だが、熱い3歳牝馬の闘い
オークス(優駿牝馬)は2400m芝。
桜花賞の上位馬で決着するのか?新しいヒーローは現れるのか?
4回に分けて、詳しく紹介していきます。

※  ポイント
キンショーユキヒメ
☆ キンショーユキヒメ ( 抽選 )
8戦目で2勝をマーク。決め手には欠けるが、渋太く詰め寄ってくる。
メイショウサムソン産駒でもあり、2400mの長丁場は望むところ。
中位集団からジリジリ上位に迫ってくる光景が目に浮かぶ。
馬格があり、イレ込む心配もないのは心強い。
ヨーイドン!の展開にさえならなければ、大崩れはしないはず。
ゲッカコウ
☆ ゲッカコウ
牝馬限定の平場レースで2勝目をマークし、続くフラワーCで2着。
しかし、前走のフローラSでは大きく離された8着に終わっている。
出遅れがあったとはいえ、負け過ぎの感があり、距離に限界が見て取れる。
今回は更に距離が延びて2400m、スタミナ面での不安は隠せない。
ジェラシー
☆ ジェラシー
スイートピーSの10k減の馬体は絞れたもので、細い感じはなかった。
1000mの通過が1分01秒7と遅く、掛かり気味の道中から早めの進出。
後続馬に詰め寄られながらも踏ん張り、逃げ込みを図っての勝利。
オークスはスローペースは考えづらいので、折り合いはつくだろうが、
一線級を相手にして、互角の叩き合いができるかとなると??
これ以上の馬体減りは避けたいところだし、
強力メンバーを考えると楽観は許されない。
シンハライト
☆ シンハライト
ジュエラーとはライバルであり、対戦成績も見劣ってはいない。
残念ながらジュエラーはリタイア、この馬のオークス馬になるチャンスは広がった。
ただ、馬格はなく2400mの距離はプラスとは言い難い。
血統だけなら母系は長距離タイプだが、それだけでは判断できない面がある。
ここまでマイラー仕様の距離を使ってきたのがその証でもある。
が、タテから見ても、ヨコから見ても、大きく崩れるとは思えない。
ダイワドレッサー
☆ ダイワドレッサー
重賞戦2着で賞金は持っているが、1勝馬の休養明けにはつらいものがある。
唯一の勝利が1800m、その時の2着馬がフロンテアクイーン。
2000mの葉牡丹賞がバテバテの9着だけに、距離に限界がありそう。
総合的な判断から、強く推せる材料は少ない。

3 に続く…

【2016オークス(G1)】出走馬徹底分析[1]アットザシーサイド他

 

【動き絶好】 チャンピオンズC(G1)自信の◎!3連単予想を独占公開中!

【徹底予想】 チャンピオンズカップ(G1)馬券を的中させたい人必見!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

東京競馬場3

【11/8(日)東京11R アルゼンチン共和国杯】出走馬短評とレース展望・予想

東京 アルゼンチン共和国杯! 競馬ファンにはお馴染みの G2 2500mの長丁場。

記事を読む

中山競馬場2

【9/13(日)中山11R 京成杯オータムハンデ(G3)】馬券分析・予想

中山 京成杯オータムH・馬券分析! 関屋記念の再戦だが、舞台を中山に移しての闘いになり

記事を読む

中山競馬場4

【3/6(日)中山11R 弥生賞(G2)】馬券分析・予想

日  中山  弥生賞・馬券分析! 皐月賞を肌で感じるのが、トライアル弥生賞。 3着までに優先

記事を読む

朝日杯FS

【2015朝日杯FS(G1)】出走馬徹底分析[1]~エアスピネル他

阪神 朝日杯 F S・徹底分析! 1 今週は朝日杯フューチュリティーステークスが開催さ

記事を読む

リアルスティール

【2015神戸新聞杯(G2)】リアルスティール他、1週前出走馬動向をチェック!

来週の神戸新聞杯は白熱戦! 菊花賞を身近で感じる3歳牡馬の闘いの始まり。 阪神の

記事を読む