【レース回顧】2016ヴィクトリアマイル~ストレイトガールが連覇!

ヴィクトリアMはストレイトガールが連覇!

ストレイトガールヴィクトリアM

GIホースが7頭 出走した今年のヴィクトリアM。

前がゴチャつき、前半の 3 F が33秒8の流れに。

ルージュバックをマークする形から、直線は内目を狙ったストレイトガール。
バラけた間から抜け出した脚は力強く速かった。
1分31秒5の時計、45.8-34.3の上がりでの勝利だった。
昨年より数段にレベルアップした中での勝利には、ただただ恐れ入るばかり…

2着は内目からグイグイ伸びたミッキークイーン。
小柄な体を大きく見せ、状態は申し分なかったが、2着争いがやっと。

3着はギリギリの仕上げ10k減で臨んだショウナンパンドラ。
大外からの伸びはさすがでも、この馬にマイルは短かった。

スマートレイアーはギスギスした体つきに映った。
ハナにこだわらず大事に乗られたが、追い比べになるとつらい。
ジリジリとしか伸びず、4着争いがやっと。
どうせなら、いつも通りの逃げる競馬をしてほしかった。

ルージュバックは丸味ある好馬体だったが、直線に入るとスペースが見つからず。
やっと前が開いたが、切れる脚は使えず。
G I を勝つにはもっと力をつける必要がありそうだ。

クイーンズリングは丁度いい体つきだったが、いつもの切れは見られず。
今週のデムーロ騎手にもシャープさが窺えなかった感じ…

7歳牝馬と侮るなかれ!
反省を込めての今年のヴィクトリアMだった…

【特別公開】 弥生賞(G2)狙うはカデナかそれとも!?特注馬公開はコチラ!

【徹底予想】 チューリップ賞(G3)女王ソウルスターリングの死角とは!?

【極秘情報】 オーシャンS(G3)で高額馬券を的中したい方専用の入口です

【川崎競馬】 エンプレス杯(Jpn2)徹底攻略予想情報はコチラから!

この記事に対するコメント

  1. na より:

    ほんとに専門家?今日ので逃げろってひどすぎるだろ。

    • ごっちん より:

      別にひどくないだろう。結果論逃げずに負けたんだから無理にでも逃げるべきだったのかもしれないだろ。それが競馬ってもんだ。

      • しま より:

        その理屈はおかしい。
        それじゃあ負けた騎手全員騎乗ミスとも言えてしまう。
        昨日の展開で無理に逃げてたら掲示板も無かったのは容易に想像がつく。

        • ディープ より:

          >それじゃあ負けた騎手全員騎乗ミスとも言えてしまう。

          負ければミスでしょ?勝負の世界ってそういうもの。勝てば官軍、負ければ賊軍。逆に負けたのにミスのない騎乗なんてあるのか?
          自分で負けてミスはなかったなんて思っている騎手はプロじゃないだろ?口には出さなくとも「こうしてればよかった」って後悔と反省を糧に次のレースの糧にしてくのがプロってもんだと思う。

        • ごっちん より:

          はじめから意地でもハナって主張してれば他が控えたかもしれないでしょう。負ければいくらでも「タラレバ」は言えるもんだ。俺ら競馬ファンはそれが言い放題だから競馬って面白いよな。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

ディアマイダーリン

【2015クイーン賞(Jpn3)】ディアマイダーリンが優勝!

船橋 クイーン賞はディアマイダーリンが優勝! 船橋競馬のクイーン賞に中央から4頭が参戦

記事を読む

ディサイファ1

【レース回顧】札幌記念(G2)ディサイファが制覇

札幌記念はディサイファが制覇! なかなかのネームバリューが揃った今年の札幌記念。 先

記事を読む

阪神競馬場の雨

【レース回顧】2015大阪杯(G2)ラキシス

大阪杯・ラキシス! 最悪の馬場コンディション、不良馬場でのゲートイン。 圧倒的人気の

記事を読む

satonodaiyamond

【菊花賞2016レース回顧】菊花賞馬サトノダイヤモンド誕生!

第77回菊花賞馬 サトノダイヤモンド 誕生! マカヒキ不在で 『 2強 』と謳われた今年の菊花

記事を読む

ドゥラメンテ中山記念

【レース回顧】2016中山記念(G2)~ドゥラメンテが甦る!

中山記念でドゥラメンテが復活! 二冠馬ドゥラメンテが骨折から立ち直り9カ月振りの出走。

記事を読む