【5/15(日)東京11Rヴィクトリアマイル(G1)】馬券分析・予想

日 東京 ヴィクトリアM・馬券分析!

ヴィクトリアマイル

昨年以上のメンバー構成で、高いレベルでの闘いになる。
ストレイトガールは連覇がかかるレースでもある。
若い4歳、5歳が中心に競馬は展開される…

※ 展開はどうなる?

ここ2走からもスマートレイアーは抑えが利かずハナへ。
レッツゴードンキも前々で競馬をし、久々ショウナンアデラは掛かり気味に。
ウインプリメーラは好位からの競馬。
淀みのない流れになり、ペースは平均的か少し速め。
ショウナンパンドラ、ミッキークイーンは後方で手応えの探り合い、
4角で各馬は一斉に動き始める。

※ ここまでの結論!

◎ 10 ミッキークイーン
実績は4歳馬の中では抜けた存在、前走の前哨戦内容にも手応え。
ケガ上がりの浜中騎手がこれまで通りに乗れるなら、好結果がついてくる。
小柄だが、コンスタントに33秒台の脚は使える。

◯ 15 ショウナンパンドラ
牡馬に一歩もヒケを取らない闘いを演じてきた実力馬。
本来なら中心視が妥当だが、この馬にマイルは若干短い。
その分、評価をひとつ落とした。

▲ 07 ルージュバック
休み明け中山牝馬Sはゴール前で足元をすくわれてしまったが、
蹄鉄はズレ、前哨戦の内容とすれば収穫大の2着だったと言える。
まだ期待ほどの結果は出していないが、非凡な能力は周知の知るところ。
今回はルメール騎手に手替りして、新しい面を引き出してくれそう。

△ 12 クイーンズリング
京都牝馬Sは着差以上の強い勝ち方だった。
やはり この馬はマイラータイプと思える。
終いは確実に伸びてくるが、決め脚勝負になると少し物足りなさがある。

△ 02 スマートレイアー
先行しながら ひと伸びが利く馬で、この連勝は本物とみていい。
追い比べになると分が悪いので、やはり正攻法は先行だろう。
競り合うことなく直線を向けば、渋太い粘りを見せてくれる。

× 01 ウインプリメーラ
決め手がなく、長い直線はプラスと思えず。

× 14 ウキヨノカゼ
持ち味発揮は1200mでの追い込み。
1600mだと道中でムダな脚を使ってしまう。

× 04 ウリウリ
以前の切れ味は求められなくなっている。
今回の鞍上も頼りないので。

× 09 カフェブリリアント
左回りの1600mは条件に叶うが、ここに入ると決め手不足で。

× 16 シュンドルボン
1800mはリズムよく走れパーフェクトの成績だが、
マイルはこれまでのリズムで走っていては間に合わない。
道中で無理をすれば、終いの脚をなくしてしまう。

× 13 ストレイトガール
休み明けの前走内容が平凡、昨年とは相手強化は歴然だし…
義理で戸崎騎手は乗るが、本心は別の馬に乗りたいはず。

× 06 マジックタイム
堅実な成績を残してきたが、G I メンバーに入ると そうはいかない。

× 11 レッツゴードンキ
控える競馬で勝ち負けは難しい。
かと言って、逃げを打てば同型の存在が目障りに。

【2016ヴィクトリアマイル(G1)】出走馬徹底分析[1]ウインプリメーラ他

【2016ヴィクトリアマイル(G1)】出走馬徹底分析[2]クイーンズリング他

【2016ヴィクトリアマイル(G1)】出走馬徹底分析[3]ショウナンパンドラ他

【2016ヴィクトリアマイル(G1)】出走馬徹底分析[4]ミッキークイーン他

 

【浦和競馬】 ☆埼玉新聞栄冠賞(S3)イチオシ勝負馬を徹底分析☆

【東京GⅠ】 天皇賞・秋(G1)豪華メンバーで最注目すべき鉄板馬とは?←絶賛公開中

【東京重賞】 アルテミスS(G3)2歳牝馬路線の主役候補はこの馬…!!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

ラルク

【2016シンザン記念(G3)】出走予定馬動向、注目馬はラルク!

次週の京都 シンザン記念の注目馬はラルク! 年明けから始まるクラシックへの道、まずはシ

記事を読む

race

【スプリングステークス2017】1週前出走予定馬の動向をチェック!

2017/3/19(日)の中山はスプリングステークスです! 中山11R スプリングステークス(

記事を読む

バウンスシャッセ

【2015中山牝馬ステークス(G3)】出走予定馬短評・重賞展望

中山・中山牝馬S! ここ3年は前で競馬をした馬が頑張っている。 しかし、依然として追

記事を読む

ロカ

【重賞展望】東京・クイーンカップ

東・クイーンC! 2勝以上は地方馬を含め4頭、残りは1勝馬での構成。 4月の桜花賞に

記事を読む

コパノリッキー2

2015フェブラリーS(G1)レース展望

G I ・フェブラリーS! 今年もやってきました G I レース第1弾。 一昨年のグ

記事を読む