阪神大賞典

公開日: : 過去の記事

阪神大賞典!

数々の名勝負を繰り広げてきた天皇賞の前哨戦。
馬券的な妙味はなくても必見のレースと言える。

※  アドマイヤラクティ
JC4着から期待を寄せられた有馬記念だったが、
疲れとトリッキーなコースでギブアップ。
すぐさまリフレッシュを図られ立て直し。
中間の動きを見ると完調手前の感じがする。
もともと叩き良化タイプだけに今回は割引が必要。

※  ゴールドシップ
昨年の覇者であり、その後の宝塚記念も制した。
これまでの戦歴からすれば文句なく◉なのだが…
どうも気分屋さんで、ヤル気がないと動かない。
こうなると1馬力はガンとして走ろうとしない。
それが秋からの3戦に表れている。
有馬記念のムーア騎手もレース後に首を傾げている。
その気になるまでには1、2戦が必要なのかも?
実力は断然!岩田騎手が動かし切れるかどうかだけ。

※  サトノノブレス
菊花賞は離された2着、そのウップンを新春杯で晴らした。
大崩れしない反面、ヤヤ器用さに欠ける。
まだ4歳なので本格化するのはまだ先なのだろう。
今回は差しに回っての競馬になるだろう。
スタミナはあるが、決め手勝負になるとつらい。
そのあたりを浜中騎手がどう対処するか…

※  タマモベストプレイ
思い起こせば1年前、スプリングS2着で待望を抱いた。
ところが、距離が長くなると今ひとつ伸び切れない。
どうやら血統面で距離の限界があるようだ。
道中の不利と不良馬場はあったが菊花賞大敗。
今回も長丁場のカベが大きく立ちはだかる。

※  バンデ
デビュー当初は目立たなかったが、
昨年の秋口からメキメキ頭角を現してきた。
菊花賞3着で自信を深め、前走勝ってオープン入り。
マイペースの逃げが叶えば、より渋太さを発揮する。
勿論、スタミナには自信を持っている。
ここは楽に逃げられそうだけに最も怖い存在か?

※  ヒットザターゲット
時として大駆けはあるが常識にはかからない。
G I 相手でもそれなりの走りは見せるのだが…
休み明け京都記念の内容なら十分やれそうだが、
阪神は今ひとつで3000mは未知数。
押えの域からは脱しえない。

どうやら4歳馬 vs 5歳馬の様相。
ゴールドシップの “ 走る気 ” が焦点になるのでは?

【船橋競馬】 ※京成盃グランドマイラーズ(S3)徹底分析予想はこちらから

【阪神GⅠ】 宝塚記念(G1)今週狙いの注目馬はこの馬!←絶賛公開中

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

catch

京都・シンザン記念

シンザン記念! 出世の登竜門であり名馬が通過した道でもある。 昨年の代表馬に選ばれたジェンティルド

記事を読む

catch

阪神 J F を回顧

阪神ジュベナイルF! 今年の2歳 G I 戦マイルは阪神で施行。 先週は牝馬、今週は牡馬の闘いが繰

記事を読む

catch

中山11RジャニュアリーSパドック

中山11RジャニュアリーSパドック ※ レース傾向ー 魅力は7枠2頭 馬番 評価 寸評

記事を読む

catch

共同通信杯!

延び延びになった共同通信杯がやっとスタート! 入れ替わり立ち替わりしたがメンバーは14頭。 出走まで

記事を読む

catch

夏競馬的中に繋げる3歳馬VS古馬比較

今年の3歳馬のレベルは? 条件馬の番組構成が替わって1カ月が経過した。 降級する4歳馬優位は周知の

記事を読む