【5/8(日)東京9R 湘南ステークス】出走馬短評と予想のポイント

公開日: : 最終更新日:2016/05/06 レース展望 , ,

日  東京  湘南ステークス!
東京競馬場3
準オープンのマイル戦、定量戦で斤量が増える馬が多い。
実力差はなく、軸を決めて手広く流す手かも…

※  ポイント

☆ オコレマルーナ
休み明けの57kでの闘いになるが、中山と違い 東京は好相性。
追い比べの展開になれば、上位争いに加われそうだが。

☆ シャドウダンサー
デムーロ騎手は怖いが、この馬に1600mは不釣り合い。
終いの甘さが気になってしまう。

☆ ストーンウェア
1600mは得意の分野だが、今回は昇級戦になり過信は禁物。
33秒台の脚は使えるので、前が速くなってくれれば上位争いは可能だが。

☆ ダノンムーン
堅実無比とは、まさにこの馬に似合った言葉。これまで3着以下は1回しかない。
休み明けのここ2戦が0.1秒差の3着、勝つチャンスは今回しかあるまい。
次からは状態が下がるだけだから…

☆ チェリーヒロイン
ムラ駆けの牝馬で、前走の成績がアテにできない。
鞍上 共々に実に厄介な存在、押さえの評価で。

☆ フェルメッツァ
昇級してからも崩れはないが、最近の走破時計が遅い。
しかも、それなりの脚しか使えないので、突き抜けるのは難しい。
しかし、そう強い相手ではないので、注意は払いたい。

☆ プロクリス
12k増の太目を叩いた2走目になるが、今回は3k増の55kの斤量。
左回りより、右回りが得意の馬でもあるので過信は避けたい。

☆ マリオーロ
休み明けは気にしなくていいし、東京コースにも実績がある。
しかし、それも1400mの話しで、1600mは1ハロン長いので。

☆ ルナプロスペクター
終いは なかなかの脚を使って伸びてくるので大きくは崩れない。
東京コースで勝ってはいるが、ベストコースは中山と成績に表れている。
今回は2k増えて57k、鞍上は頼りないので中心視は避けたい。

今回が叩き3走目の正念場となるダノンムーン。
ここで決められないようだと、しばらくは勝てないだろう。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

ヒルノドンカルロ

【3/22(日)中京11R小牧特別】注目馬はこの馬!

小牧特別・注目馬! ☆ ヒルノドンカルロ 中京 4-11 小牧特別 2000m芝

記事を読む

ベラポーサ

【6/25(土)東京9R日野特別】注目馬はこの1頭!

土  東京  日野特別・注目馬! ☆  ベラポーサ 父 タピット - 母 リヴィンラヴィ

記事を読む

kawata_tuika07_960_720

信夫山特別2017/出走予定馬短評と予想のポイント

信夫山特別/予想のポイント 2017/7/15(土) 福島10R 信夫山特別 3歳 1000

記事を読む

kawata_tuika22_960_720

長岡ステークス2017/出走予定馬短評と予想のポイント

長岡ステークス/予想のポイント 2017/9/2(土) 新潟11R 長岡S 3歳 1600万

記事を読む

大和ステークス 2018 予想・馬券フォーカス

大和ステークス 2018 / 予想・馬券フォーカス 2018/2/18(日) 京都11R 大和

記事を読む