【競馬コラム】天皇賞馬券の誤算!

公開日: : 最終更新日:2016/05/03 競馬コラム ,

☆ 天皇賞馬券の誤算!
キタサンブラック天皇賞春
天皇賞のシュヴァルグランには私なりに自信があった。

ここまで崩れることなく昇り続けており、レースでは最速の脚を使う。
無理のない臨戦過程を踏み、長丁場への適性もある。
距離を心配した3000mの阪神大賞典でも着差以上の強さを見せた。
京都コースでの実績、8番という枠順、手応えは感じていた。

人気のゴールドアクターは菊花賞から距離の不安を感じていた。
案の定、直線入り口でキタサンブラックに並びかけながら失速している。
有馬記念はチャレンジ精神で勝てたが、
天皇賞は 「 勝たねばならぬ 」の重圧を、吉田隼騎手は背負って騎乗せねばならない。

サウンズオブアースは3200mの距離ならゴールドアクターより上と見ていたが、
デムーロ騎手の騎乗停止で鞍上が替わり、そこが大問題に。

昨年2着のフェイムゲームは怖い存在だが、鞍上には??が。
独特の淀の長丁場をうまく乗れるか?の疑問を持っていた。

渋太いが決め手のないキタサンブラックは、前々で競馬をするしかない。
ゴールドアクターが早め早めの競馬をすればバテるのでは…

そんな勝手な消去法から、シュヴァルグランからの馬券を楽しみにしていた。
土曜日から馬券は荒れていたので、馬券買いは辛抱して天皇賞まで待つことに。
全馬のパドック気配を見て、結論を出せばいいと…

シュヴァルグランの馬体を見て、馬単マルチで何頭かに流した。
キタサンブラックの馬体は良く、内枠でもあるので相手に入れておいた。

道中の走りは画面が頼りだが、シュヴァルグランを中心に固唾を飲みながら追う。
ペースは遅く、阪神大賞典のように早めに動くと思っていたが動かず。
直線を向くと内目でスペースを探し、前を追うが…

前に迫ったが、3着がやっとの状態でゴールを迎えてしまった。

福永騎手が勝ちたいレースのひとつに天皇賞を揚げていた。
彼は彼なりに、シュヴァルグランに手応えを感じていたはず。

そこを私は読み切れていなかった…
勝ちたいがゆえに、大事に乗り過ぎてしまうことを…

先行脚質の北島三郎氏のキタサンブラックは行くだけ、
差し馬 大魔神のシュヴァルグランには工夫が必要だった。

馬券を買った私は、もうひとつ突っ込んだ検討が必要だった…
それにしても、カレンミロティックの存在は眼中になく、
1着ー3着で虚しい春の天皇賞になってしまった…

こんな時は、いつも以上にドッと疲れが出てしまう。

【必見情報】 ※神戸新聞杯(G2)レイデオロを負かし得る絶好の仕上げの注目馬が気になる方はクリック

【状態絶好】 オールカマー(G2)で狙うべき状態絶好の馬はこの馬!←馬名公開中

【阪神競馬】 ダービー馬登場!今週の注目『神戸新聞杯(G2)』の出走馬情報

【中山競馬】 ★オールカマー(G2)秋の主役へ名乗りを挙げる注目出走馬情報★

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

調教スタンド

【質問コーナー】頼れる予想者はいるか?

質問コーナー・面白い予想者はいるか? “ 紙面上でお気に入りや当たる予想者はいるか?”

記事を読む

放馬

【競馬豆知識】放馬について

豆知識・放馬!   障害レースで着地の際に落馬、 平地レースでスタート直後に

記事を読む

トレセン厩舎

【競馬コラム】厩舎の好調は大中で分かる!

厩舎の好調は大中で分かる! ※  大中とは、厩舎の中央にある 助手、厩務員の休息場所。

記事を読む

アクティブミノル

皆さんのコメントから~京成杯AH、セントウルS

皆さんのコメントから! 「 京成杯オータムHは、アルビアーノが一番強い競馬をしたのでは

記事を読む

競馬新聞

【競馬豆辞典】脚質

豆辞典・脚質! ※ 基本的に競走馬は気が小さいということ ※ 逃げ ☆ ピッチ

記事を読む