中山牝馬S!フーラブライド

公開日: : 過去の記事

3歳牝馬と違い古馬になると風格がある。
力をつけている4歳より円熟した5歳馬の闘いになった。

見事に制したのは関西馬フーラブライド。
連勝から暮れの愛知杯を勝ち、日経新春杯3着。
軽ハンデの恩恵は否めないが、それでも立派なモノ。
10k減の馬体は細く映らない。
それよりも距離短縮を懸念したが、
1000m通過ラップが1分004秒で追走に苦労なし。
上がりも48.1-36.1とかかり、1分48秒5の勝利。

これから一線級相手にどこまで闘えるかだが、
今の充実振りなら大いに期待が持てそう。

2着は長い写真判定の結果2頭同着。

ケイアイエレガントはハナこそ切れなかったが、
外から被せられない2番手をキープできたのは良かった。
大型馬で硬さはあるが、これが解消できればもっとやれる。

キャトルフィーユは6k増ながら細いくらいの仕上がり。
好位グループから機を窺う積極的な競馬。
外の勝ち馬と一緒に追い上げたが…
結局、愛知杯と同様にフーラブライドは交わせず。
しかし、着差が着差だけにまだまだ諦めてはいけない。

アロマティコは常にいい脚で差してくる。
が、勝ち切るには今ひとつ何かが足りない。
これは自身の課題でもあるだろう…

ラストランのノーブルジュエリー。
距離延長と4つのコーナーで道中は折り合いを欠いた。
それでもゴール前はいい伸びを見せている。
数年先には産駒がターフに戻ってくるだろう。
いい仔を出して欲しいもの。

エクセラントカーヴは8k増と思えない仕上がり。
半年振りの実戦で多少テンションは高く、
それが道中でも行きたがる形に表れている。
骨折明けでもあったし次走に期待しよう!

エバーブロッサムはひと回り成長して20k増の馬体。
結果は伴わず見せ場なく終わっているが、
これからのことを考えると楽しみは大きい。
一戦毎に本領を発揮してくれるはずだから…

G Ⅲ とはいえなかなか面白い一戦だった。

 

 

【状態絶好】 札幌記念(G2)で狙うべき状態絶好の馬から勝負!←予想公開中

【札幌競馬】 夏競馬頂上決戦!今週の注目は『札幌記念(GⅡ)』徹底攻略情報

【小倉競馬】 ★北九州記念(G3)荒れるハンデ重賞を制するのはこの馬・・・(必見です)

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

belkant

フィリーズレビュー回顧~ベルカントは桜花賞で活躍できるのか?

フィリーズレビュー! 上位3頭に桜花賞の優先出走権が与えられる。 人気を集めたホウライアキコだ

記事を読む

catch

京都3R新馬戦パドック

京都3R新馬戦パドック ※ レース傾向ー ドングリの闘い? 馬番 評価 寸評 1△なかな

記事を読む

catch

京都1Rパドック

京都1Rパドック ※  レース傾向ー 波乱ムードで 馬番  評価  

記事を読む

catch

小倉大賞典!

万馬券は勿論、高配当が当たり前?のレース。 これは 1番人気馬が勝てない傾向にあるから。 しかも、高

記事を読む

catch

騎手からの宝塚記念

騎手の心情からの宝塚記念! ゴールドシップの鮮やかな勝利で終わった宝塚記念。 勝敗は馬の状態、馬場

記事を読む