【5/1(日)京都11R 天皇賞・春(G1)】馬券分析・予想

公開日: : 重賞展望 ,

日 京都 天皇賞・馬券分析!

天皇賞春

ゴールドシップが駆け抜けてから1年が経過し、
今年は若い力の台頭が著しく、面白い闘いが期待できそう。
10年前ディープインパクトが勝って以来、1番人気の活躍はない。
それが春の天皇賞の傾向を表している。
果たして…

※ 展開はどうなる?

ハナに立つのはカレンミロティックかキタサンブラックだが、
流れの中心は好位から競馬をするゴールドアクターになり、
それを取り巻くサウンズオブアース以下の馬。
ビッシリとマークされるプレッシャーを吉田隼騎手はどう克服するのか?
後方から競馬をする馬も、前のゴールドアクターを目標に仕掛けどころを探る。
ゴールドアクターが勝ちに行けば、先行馬は苦しくなる。
逆に、追い込み馬は見事に嵌まる可能性がある。

※ ここまでの結論!

◎ 08 シュヴァルグラン
長距離の適性を試した阪神大賞典が余裕の勝利。
あれで春の天皇賞に自信を持って臨める態勢が整っている。
今回は3k増の58kになるが、他馬も同斤量なので異存はない。
京都コースは勿論、福永騎手も強い気持ちで挑めるのは大きい。
前に位置するゴールドアクターを捉える競馬をするだけ。

◯ 17 ゴールドアクター
グランプリホースであり、前走の日経賞の内容も文句はない。
天皇賞馬になっても何ら不思議はないが、不安も抱えているのも否定できず。
菊花賞がそうだったように、3200mの距離は多少 心配が。
もうひとつは、今回は他馬にマークされながらの競馬をしなければならない。
そんな競馬を吉田隼騎手はしたことがないはず、そこが怖い。
萎縮することなく競馬ができればいいのだが…

▲ 05 フェイムゲーム
昨年の天皇賞はゴールドシップのクビ差 2着を忘れてはいませんか?
オーストラリア遠征で忘れがちだが、サウンズオブアースにも先着した馬。
年明けのひと叩きダイヤモンドSは、58.5k背負い2着の好発進。
スタミナには自信を持っており、良馬場も望むところ。

△ 15 サウンズオブアース
ライバルのゴールドアクターとは、ほぼ互角の勝負を繰り広げている。
有馬記念、日経賞では遅れを取っているが、3000mの菊花賞では先着している。
今回は更に距離が延びて3200mなら、突けいる隙はあるはず。
昨年の天皇賞は9着に終わっているが、あの時に比べ、地力強化が著しい。
道中はゴールドアクターをマークし、一気に交わしにかかる作戦で。
ただ、鞍上が替わるのは大きな誤算とも言え、評価を下げた。

△ 10 アルバート
有馬記念、日経杯でゴールドアクターとは勝負づけは終わってしまった。
しかし、この馬には長丁場という強い味方がある。
ステイヤーズSの圧勝は大きな自信になり、京都コースも好相性。
ひと叩きして息の入りは良くなっており、ルメール騎手の立ち回りも怖い。

× 01 キタサンブラック
菊花賞馬だが、あの時は北村宏騎手の好騎乗が大きかった。
本来は先行策からひと伸びする競馬パターンだが、
理想の展開に持ち込めた大阪杯が逃げ込めず2着。
あの負けは決め手のなさを露呈する形になってしまった。
今回はすぐ後ろにゴールドアクターがいて、その周りにも有力馬の存在が。
前走以上の きつい展開を覚悟しなければならない。

× 14 サトノノブレス
前走 勝利したのは G 3 戦、今回は一気に G I メンバーとの闘いになる。
3200mもこの馬には長いので。

× 11 タンタアレグリア
2走前はフェイムゲームに、前走はシュヴァルグランに完敗している。
更に、菊花賞ではキタサンブラックに差をつけられており、
この場で一気に借りを返すのは至難のワザと思える。

× 02 トゥインクル
ダイヤモンドSは完勝しているが、今回は4k増の58kになり、
上がりの速い展開が待ち受けている。苦しい…

× 09 トーホウジャッカル
菊花賞ではサウンズオブアース、ゴールドアクターを負かしているが、
肝心の体調が戻り切っていない。
前走が18k増の太目だったとはいえ、4角手前で一杯一杯では。

× 16 ファントムライト
崩れなく堅実な成績を残しているが、すべて G 3 までのレース。
同斤量の G I 相手に入ると、これまでのようなわけにはいかない。

× 18 レーヴミストラル
日経新春杯ではシュヴァルグランを抑えて勝利しているが、
初距離の3200mになれば、検討を白紙に戻さなければならない。
前走の京都記念は道悪で度外視するとしても、
それまでの成績と内容にインパクトがない。

【2016天皇賞・春(G1)】出走馬徹底分析[1]キタサンブラック他

【2016天皇賞・春(G1)】出走馬徹底分析[2]ゴールドアクター他

【2016天皇賞・春(G1)】出走馬徹底分析[3]トーホウジャッカル他

【2016天皇賞・春(G1)】出走馬徹底分析[4]フェイムゲーム他

 

【東京開幕】 ★根岸ステークス(G3)出走馬徹底分析予想はコチラ★

【特別公開】 シルクロードS(G3)予想必勝情報を公開中!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

リアファル2

【2015菊花賞(G1)】出走馬徹底分析[4]~リアファル・リアルスティール他

京都 第76回 菊花賞! 4 ※ リアファル それまでダート馬のイメージが強く、初芝

記事を読む

東京競馬場4

【2015毎日王冠(G2)】開幕週の東京は豪華絢爛!出走予定馬動向をチェック!

来週の東京は豪華絢爛!毎日王冠 秋の天皇賞の前哨戦となる G2毎日王冠 1800m芝で

記事を読む

高松宮記念2015

【3/29(日)中京11R高松宮記念(G1)】馬券分析・予想

中京 高松宮記念・馬券分析! フェブラリーSに続く G I 第2弾のガチンコ勝負。

記事を読む

福島競馬場2

【4/25(土)福島11R福島牝馬S(G3)】馬券分析・予想

福島牝馬S・馬券分析! ヴィクトリアマイルを前に出走権を得たい各馬の闘い。 持ち賞金

記事を読む

2015tennoushow

【天皇賞秋2016予想】馬券分析!

天皇賞・秋(G1)予想・馬券分析! ここを目標とする馬、次のレースを模索しながら出走する馬。

記事を読む