★2016青葉賞(G2)★パーフェクト予想で高配当的中!

公開日: : 最終更新日:2016/05/04 広告・おしらせ , ,

管理人です。
東京競馬場3
一生に一度の晴れ舞台、日本ダービー出走へ向けてここでなんとしても
2着以内に入ってダービーへの優先出走権を手にしたい各馬。
それこそ、ダービー云々よりもまずはここでメイチ勝負を仕掛けてくるような
そんな仕上げ・追い切りを施している馬には要注意でしょう。

タンタアレグリア・プロディガルサン追い切り
天皇賞に出走するタンタアレグリアと併せ馬で最終追い切りに臨んだ
プロディガルサンは人気を集めそうな1頭。動き自体も良好で
休み明けでも力を出してきそうな気配はあるのですが不安点をあげれば
やはりこの休み明けという部分になるのではないでしょうか。
過去10年で昨年以来の休み明けの馬の連対は皆無。
それだけここでの仕上がり具合が重要とも言える青葉賞と言えそうなだけに
素質の高さでどこまでやれるかというのが注目されるところではあります。

ヴァンキッシュラン青葉賞追い切り
前走アザレア賞を快勝してここに臨むヴァンキッシュラン
賞金的にもここでなんとしても2着以内が欲しい1頭ではあります。
内田騎手が美浦から駆けつけて追い切りに騎乗しているあたりからも
陣営の意気込みが感じられるところではあります。
東京2400mを経験しているのはいいのですが気になるのはそのレースで
降着となっているという点。直線で大きく外にヨレていっていたのが
東京コースではそうなってしまうような癖となってしまっていると
今回も注意は必要になってくるかもしれません。

メートルダール追い切り
共同通信杯以来の出走となるメートルダールは入念な乗り込みを消化。
その共同通信杯では皐月賞馬ディーマジェスティーと僅差の3着という
実績もあるだけにここでもという期待はもてますが、気になるのは
その脚質でしょうか。スタートが遅く常に最後方からの競馬となっており
開幕2週目の東京競馬場。いくら直線が長くともそう簡単に前も止まりません。
そうなればやはり末脚を駆使しても届かないというケースも頭に入れて
おかなければならなくなるのではないでしょうか。

他にも血統的に兄2頭がともに青葉賞馬という青葉賞血統とも言える
レーヴァテインもここは虎視眈々と勝利を狙ってきている気配がありますし
アルカサルレッドエルティストといった連勝中の馬の勢いも軽視できません。

流れひとつ、展開ひとつでダービーへの切符を掴む馬がかわってきそうな
まさに大混戦の一戦となりそうな今年の青葉賞ではあります。
的中=高配当となりそうな感もありなんとしても予想は的中させたいですね。
福島競馬
『 困った時の神頼み 』
などという格言があるが、競馬予想において困った際に頼るべきは
それこそ『 競馬予想の神 』が結論を出す予想に他ならないだろう。
いよいよ始まる、ダービーへ向けたG1開催へ向けての資金調達に
この青葉賞を的中させることは大きな意味があると言ってよいだろう。

 

【特別公開】 中山記念(G2)リアルスティールを負かすならコノ馬です!

【注目情報】 阪急杯(G3)シュウジを凌ぐ絶好仕上げの狙い◎本命馬はこの馬だ!!

【動き絶好】 ★アーリントンC(G3)状態絶好で狙いの◎3連単予想公開はコチラ★

【徹底予想】 中山記念(G2)出走馬徹底分析!予想公開はコチラ!

【極秘情報】 阪急杯(G3)シュウジを負かすならばこの馬しかいない←馬名公開中

【注目予想】 こじはるもビックリのアーリントンC(G3)注目予想はコチラ!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

東京大賞典

【2015東京大賞典(G1)】大井競馬を徹底予想!

管理人です。 有馬記念はゴールドアクターの勝利で幕を閉じましたが2015年の競馬はまだ終わって

記事を読む

皐月賞2016-2

【最終結論】皐月賞は本当に3強の競馬なのか?本当に強い馬はこの馬!

管理人です。 いよいよ皐月賞の発走が近づいてきましたが、人気は予想通り3強に集中。 サトノダ

記事を読む

no image

【中山金杯2017追い切り】予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 中山金杯へ向けた最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。 正月開催だ

記事を読む

日本テレビ盃

【日本テレビ盃 2016】船橋競馬を徹底予想!

管理人です。 いよいよ11月3日のJBCクラシックへ向けての前哨戦も本格化。 船橋競馬場では

記事を読む

阪神JF

【朝日杯フューチュリティステークス2016予想オッズ】ミスエルテが人気も・・・

管理人です。 有馬記念を翌週に控えた今週末の注目は2歳チャンピオン決定戦、朝日杯FSが

記事を読む