【2016天皇賞・春(G1)】出走馬徹底分析[3]トーホウジャッカル他

公開日: : 最終更新日:2016/04/28 重賞展望 , , ,

日  京都  天皇賞・徹底分析!  3
天皇賞春1

春の淀の大舞台、天皇賞3200m芝 GIがそこまで迫っています。
ゴールドシップが風を切って駆け抜けてから早や一年。
今年はどんな熱戦を繰り広げてくれるのでしょうか…
4回に分けて詳しく分析していきます。

※  ポイント

タンタアレグリア1
☆ タンタアレグリア  4歳
3000mの菊花賞が4着、3400mのダイヤモンドSも4着と、
スタミナ豊富で、長丁場に自信を持っている。
しかし、あとひと押しの決め脚がないのがネックになっている。
阪神大賞典でも、勝ち馬より前に位置しながら2着がやっとだった。
「 まだふざけたり、子供っぽい面がある 」とは蛯名騎手だが、
裏を返せば、本格化するにもう少し時間が必要ということか…
押さえはあっても、中心視は厳しい感じがする。

トゥインクル
☆ トゥインクル  5歳

今年2月のダイヤモンドSを制した伸び行く5歳馬。
ステイヤーズS、万葉Sを使っていることからも、長距離得意の馬と考えていい。
だが、まだ G I を勝つ力は備わっておらず、勝ち負けは難しいだろう。
スタミナ勝負の展開になれば、上位争いに加われるかもしれないが。

トーセンレーヴ
☆ トーセンレーヴ  8歳

休養明けの8歳馬。有馬記念は最速の脚で追い込んでいるが6着どまり。
京都コースは合っているが、得意の距離は2000mで、3200mは未知の世界。
ポン駆けする馬でも、いきなりの G I 戦で速い時計の決着はつらい。

トーホウジャッカル2
☆ トーホウジャッカル  5歳

阪神大賞典は7カ月振りの実戦、あとひと追いほしい仕上がりでもあった。
18k増の馬体は数字ほど太くは映らなかったが、中身が伴っていなかった。
4角では もう手応えが残っていなかった…
菊花賞馬であり、宝塚記念 4着と強い馬だが、体質が弱過ぎる。
ビシビシ攻めをやれないので、思い通りの仕上がり過程は踏めない。
馬体が絞れたとしても、叩き一変は望めそうにない。

ファタモルガーナ
☆ ファタモルガーナ  8歳騸馬

2012年8月の新潟1000万条件を勝って以来、11戦は未勝利が続いている。
確かに、ダイヤモンドSやステイヤーズSの2着はあるが、勝ち切れていない。
今回は得意の長丁場でも、G I メンバーになり、更にカベは高くなる。
レースが開いたのは いつものことなので気にならないが。

4 に続く…

【2016天皇賞・春(G1)】出走馬徹底分析[1]キタサンブラック他

【2016天皇賞・春(G1)】出走馬徹底分析[2]ゴールドアクター他

 

【春のG1】 今週末は天皇賞(春)馬券を的中させたい人は今すぐクリック☆

【動き絶好】 ★青葉賞(G2)状態絶好で狙いの◎3連単予想公開はコチラ★

【京都競馬】 天皇賞(春)キタサンブラックVSサトノダイヤモンドの結末は…

【東京競馬】 青葉賞(G2)ダービーの権利を本気で狙うアノ馬の極秘情報知ってる?

【必見です】 NHKマイルC(G1)出走馬徹底分析!勝つのは●●●●しかいない!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

2015tennoushow

【天皇賞2016】1週前出走馬動向をチェック!

10月30日の東京は秋 天皇賞です! 第154回 天皇賞 (秋 ) 2000m芝 G1

記事を読む

中山競馬場4

【12/27(日)中山9R ホープフルS(G2)】出走馬短評とレース展望・予想

中山 ホープフルステークス! G2に格上げされ、クラシックに直結する闘い。 先週の朝

記事を読む

天皇賞春1

【2016天皇賞・春(G1)】出走馬徹底分析[2]ゴールドアクター他

★  日  京都  天皇賞・徹底分析!  2 春の淀の大舞台、天皇賞3200m芝 GIがそ

記事を読む

free03

【東京新聞杯2017】出走予定馬短評と予想のポイント

東京新聞杯2017:予想のポイント 2017/2/5(日) 東京11R 東京新聞杯 G3 芝1

記事を読む

東京競馬場3

【11/8(日)東京11R アルゼンチン共和国杯】出走馬短評とレース展望・予想

東京 アルゼンチン共和国杯! 競馬ファンにはお馴染みの G2 2500mの長丁場。

記事を読む