【競馬コラム】競馬の実況アナウンサー!

公開日: : 最終更新日:2016/04/27 競馬コラム , ,

☆  競馬の実況アナウンサー!
パドック解説
テレビを観ながら、運転中の耳から、抵抗なく聞こえる実況中継。

実は、実況アナウンサーは大変なんです。チョット紹介してみましょう。

今はカラープリンターの存在で楽になっていますが、
朝早く競馬場に着くと、先ずする仕事は色塗り作業です。
自分が実況を受け持ちするレースの基本、勝負服と馬名を作るのです。
あらかじめ揃えてある18頭の白紙の勝負服を、1頭1頭 色塗り。
帽子枠は勿論、出走馬の勝負服の色分けをしていきます。
JRAから配布のレーシングプログラムには、勝負服が文字で表現してあります。
それを忠実に色エンピツで塗り、ひとつのレースの実況ネタを作るのです。
アナウンサーはそれを手元に置いて実況に入ります。

そして、実況前には滑舌の発声練習も怠りません。
自分が作った勝負服と馬名を見ながら、マニュアルの言葉を発声をしながら…

レースに入ると、それなりの約束ごとがあります。
※  発馬においては、
「 一斉のスタート 」これは文字通り五分のスタートです。
「 マズマズのスタート 」数頭の出は悪いが、あとは五分のスタート。
「  マラバラとしたスタート 」かなりの馬が出遅れているスタート。
※  道中での注意点
基本的に出走馬のすべての馬名を言葉にすることです。
映し出される画面で、大きく置かれた馬まで映すのはこのためです。
※  肝心の直線の攻防
双眼鏡やモニターテレビだけでは、視野の限界があります。
内側に目が行けば、外目の状況が把握できない。
外の馬に集中していると、内から伸びてきている馬が死角になる。
そんな時は、ディレクターが大きな声を発してアナウンサーに伝えるのです。
口は喋りながら、頭では助言を受けながら、言葉にして矯正するのです。

馬名は間違えることができず、事実そのものは忠実に伝えなければならない。
自分が買った馬券は気になるし、アナウンサーは大変なんです。

競馬実況ができれば、たいがいのスポーツ実況はできるそうです。
なんとなく分かる気がします…

多少、間違った実況をしても責めないで あげてください!

 

【春のG1】 今週末は天皇賞(春)馬券を的中させたい人は今すぐクリック☆

【動き絶好】 ★青葉賞(G2)状態絶好で狙いの◎3連単予想公開はコチラ★

【京都競馬】 天皇賞(春)キタサンブラックVSサトノダイヤモンドの結末は…

【東京競馬】 青葉賞(G2)ダービーの権利を本気で狙うアノ馬の極秘情報知ってる?

【必見です】 NHKマイルC(G1)出走馬徹底分析!勝つのは●●●●しかいない!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

東京競馬場の雨

【競馬コラム】馬場ワンポイント~重馬場・不良馬場での対処法

馬場に対する考え方! 馬券検討のファクターのひとつにその日の馬場状態がある。 中間か

記事を読む

トレセン風景

【質問コーナー】競馬にオフレコはあるの?

質問コーナー・オフレコはあるのか? “ 取材でこれは記事にするな、内緒で ” こんな

記事を読む

騎手

【競馬コラム】騎手の乗り替わり

騎手の乗り替わり! 騎乗依頼は調教師が騎手にするものだが、 最近は馬主が介入して、調

記事を読む

東京競馬場2

【競馬コラム】G I の重み

G I の重み! フェブラリーSを勝った時の武豊騎手の満面の笑顔。 これまで数々

記事を読む

ゴールドシップゲート

【競馬コラム】1番人気の重み

1番人気の重さ! 現在、調教師として活躍している人が騎手時代の頃、 1番人気の馬に騎

記事を読む