【2016天皇賞・春(G1)】出走馬徹底分析[2]ゴールドアクター他

公開日: : 最終更新日:2016/04/28 重賞展望 , ,

★  日  京都  天皇賞・徹底分析!  2
天皇賞春1

春の淀の大舞台、天皇賞3200m芝 GIがそこまで迫っています。
ゴールドシップが風を切って駆け抜けてから早や一年。
今年はどんな熱戦を繰り広げてくれるのでしょうか…
4回に分けて詳しく分析していきます。

※  ポイント
ゴールドアクター日経賞
☆ ゴールドアクター  5歳
菊花賞で3着に敗れてから、勝利のオンパレード。
その勢いは有馬記念まで続き、4連勝目がグランプリホースに繋がっている。
そして、今年は日経賞から始動し、春の天皇賞を目指すことに。
ここもライバルのサウンズオブアースの存在があったが、
マッチレースの叩き合いで、見事に連勝記録を伸ばしている。
レース前のテンションの高さは気になるが、それを微塵も感じさせない走りだった。
有馬記念に続き、天皇賞馬になる可能性を十分に秘めている馬。
では、問題はないのだろうか?
もし負けるとすれば、3000mの菊花賞がそうだったように 、3200mの距離では?
この馬には微妙に長いのかもしれない…
サウンズオブアース
☆ サウンズオブアース  5歳
菊花賞では先着したゴールドアクターとは、それ以来のライバル関係。
有馬記念ではクビ差で負けているが、まだまだ決着はつかない。
天皇賞の前哨戦、日経賞でも直線は2頭の叩き合いに。
そこでも負けはしたが、余裕残しの馬体だったし着差も僅か。
本番で逆転の期待をかけるが、いずれにせよライバル関係は変わらない。
昨年はゴールドシップに0.7秒差をつけられ、9着に敗れているが、
当時とはパワーアップしており、立ち回りも走りも変わっているはず。
3200mの距離は望むところだが、手替りするのが少なからず心配に。
サトノノブレス中日新聞杯
☆ サトノノブレス  6歳
暮れの金鯱賞 3着から好調が続き、前走の中日新聞杯は勝利している。
菊花賞 2着の実力があり、G I レースに縁はないが、G 2、G 3 には勝ちがある。
2014年に春の天皇賞に挑戦しているが、その時は8着に終わっている。
2400mで勝っているが、この馬のベスト距離は2000mあたりと思え、
3200mは守備範囲とは言えず、大きな期待まではどうかと思う。
シュヴァルグラン阪神大賞典
☆ シュヴァルグラン  4歳
昨年の10月から暮れまで3連勝してオープン入り。
年明けの日経新春杯は54kのハンデはあったが、勝ち馬と0.3秒差の2着。
春の天皇賞を睨んだ阪神大賞典、距離的な不安はあったが、
それを払拭する力強い伸びを見せて完勝。
福永騎手も、『自分が思っていた以上に距離適性がある 』とニンマリ。
勿論、天皇賞を視野に入れてのコメントと受け取っていい。
カレンミロティックが逃げるスローな流れでも折り合いはついていたし、
終いは34秒9の末脚を使っており、スタミナ面でもバッチリ。
まだまだ伸びる4歳を考えれば、期待する手は十分にあるだろう。
55kから3k増える58kが応えなければだが。

3 に続く…

【2016天皇賞・春(G1)】出走馬徹底分析[1]キタサンブラック他

 

【徹底予想】 ※※中京記念で必ず買うべき馬券情報が気になる方はクリック

【状態絶好】 函館2歳S(G3)で狙うべき状態絶好の馬から勝負!←予想公開中

【中京競馬】 ★荒れる中京記念(G3)出走馬徹底分析&必勝データ公開中★

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

race

天皇賞(春)2017予想/1週前出走予定馬の動向をチェック!

4/29(土)はビッグレース天皇賞(春)です! 2017/4/30(日) 京都11R  天皇賞

記事を読む

中山競馬場4

【2016フェアリーステークス(G3)】1週前出走馬動向をチェック!

次週の中山はフェアリーSです! 京都のシンザン記念に対し、中山はフェアリーS 1600

記事を読む

地方競馬2

プロキオンステークス2017/出走予定馬短評と予想のポイント

プロキオンステークス/予想のポイント 2017/7/9(日)開催 中京11R プロキオンステー

記事を読む

タガノエトワール

【2015エリザベス女王杯(G1)】出走馬徹底分析[2]~ヌーヴォレコルト他

京都 エリザベス女王杯・徹底分析! 2 ※ タガノエトワール 4歳 12戦3勝。2000

記事を読む

no image

【京成杯2017】出走予定馬短評と予想のポイント

京成杯2017:予想のポイント 2017/1/15(日) 中山11R 京成杯 G3 芝2000m

記事を読む