【競馬コラム】天皇賞の苦い想い出!

公開日: : 最終更新日:2016/04/25 競馬コラム ,

☆  天皇賞の苦い想い出!
京都競馬場6
いまだに心にトゲが刺さっている感覚が残っている。

まだ馬連の頃の話しだが、天皇賞でイヤな思いをしたことがある。
もう時効の話しだし、迷惑を及ぼすので、馬名も騎手名も伏せておくが…

その年の天皇賞の出走馬の中に、担当厩舎の馬がいた。
気にかかる存在だけに、連日 突っ込んだ取材をしていたが、
その度に、騎乗する騎手は弱音ばかりを繰り返した。
納得は行かないが、騎手の言葉を信じて、会社には 「 弱気 」の報告をした…

それでも、本紙の予想には押さえの評価の印が打たれていた。
本命馬◎は堅く、いわゆる 相手探し のレースでもあった。

その騎手には親しい他社のトラックマンがいて、当時の絆は厚かった。
秘密裏に、そのトラックマンに自分が騎乗する馬の馬券を頼んでいた。

レースでの直線は必死になってステッキを振るい、2着を確保。
後日、「  いい小遣い稼ぎができた 」を耳にした。

八百長ではないが、マスコミに対しては徹頭徹尾の控え目なコメント。
その騎手に取材した記者は、ことごとく 裏切られる形に…

弱気な記事を紙面に載せた自分自身も、ファンを裏切る形になってしまった。

馬券が多様化した今は、そんなことをする騎手はいないだろうが、
強気でも負けるのが競馬、弱気で勝つのも競馬のスタイルは今も変わりない。

しかし、その時のケースは騎手のエゴから起こったモノ…

その時の悔しい感情が今でも拭いされないでいる…

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

キズナ2

【競馬コラム】馬の目から、騎手の口から、砂や泥が…

馬の目から、騎手の口から、砂や泥が… 現役時代は 土日は競馬場で仕事をしていました。

記事を読む

no image

【競馬コラム】勝手に選んだ最優秀古馬!

★ 勝手に選んだ最優秀古馬! ☆ モーリス 5歳牡馬 父 スクリーンヒーロー - 母 メジロフラ

記事を読む

ロードクエスト1

ロードクエストの次走は 朝日杯FS?ホープフルS?

ロードクエストの次走は朝日杯FS?ホープフルS? デビュー戦で人気がなかったロードクエ

記事を読む

free20

新馬戦から!/競馬コラム

☆ 新馬戦から! 今年6月からデビューしてきた2歳新馬戦も、残る2カ月で終了する。 生き残る

記事を読む

kawata_tuika23_1280

競馬コラム/ディアドラと込山助手!

ディアドラと込山助手! 調教助手にはいろんな種類があります。 ・ 調教師代理を務められる助手

記事を読む