★2016しらさぎ賞(S3)★浦和競馬を徹底予想!

公開日: : 最終更新日:2016/05/03 広告・おしらせ , ,

管理人です。
しらさぎ賞
地方競馬の中でも最も盛り上がりを見せ、レベルも急上昇中の南関東競馬。
今週は、唯一の昼間開催場でもある浦和競馬で春の牝馬No.1決定戦とも言える
重要な一戦、「しらさぎ賞」が開催されるだけにこれは馬券を的中させたいところ。

ララベル2
まず注目はララベルということになるだろう。
明けて4歳になったが昨年はロジータ記念を制し、暮れの東京シンデレラマイルでも
古馬相手に2着と好走。今年の活躍が楽しみな1頭ではあるが今回は休み明けの1戦。
とはいえ今年の活躍を誓うならばまず無様なレースはできないといったところ。
牡馬顔負けの530kg台の雄大な馬体を誇る馬だけに今回もパドックから一際目立つだろうが
太目が残っていないかは要注意といったところだろう。

トーコーヴィーナス
トーコーヴィーナスにもチャンスが生まれてくるかもしれない。
園田から果敢に挑戦してくるが、昨年のロジータ記念ではララベルから
離されての2着であったことを考えると力的には今回もララベルを
負かすことはできるかが疑問視ということにはなりかねないが、
そのララベルが休み明けということならば、仕上がりの差で逆転まで。
そんなシーンがあるかもしれない。
近年レベルアップしてきている園田からの刺客には要注意だろう。

この2頭が実績的にもリードしているように思われるが、このしらさぎ賞を
予想する上で注意したいのはその負担重量だろう。
上記2頭は57kgと、牝馬にしては酷な斤量を背負うこととなる。
そこで終いの脚が多少鈍るようだと軽量の馬にもチャンスが生まれてくる。

ビーインラプチャー
まずはビーインラプチャー。ここ8戦を7勝2着1回と勢いがある。
B2クラスの馬ではあるが52kgの斤量と何より浦和といえば小久保厩舎。
その小久保厩舎が勝負になると送り込んでくる地元浦和の馬ならば
一発を期待してみたくもなるといったところではなかろうか。

更には川崎のフィーリンググー。こちらもここ7戦で4勝2着3回と崩れ知らず。
2歳時に交流重賞での入着実績もあるような馬がここに52kgで出走ならば
色気も出てきてしまうところではなかろうか。

実績通りならばララベルにトーコーヴィーナスだろうがそうもいきそうもない。
そんな要素満載で発走となる今年のしらさぎ賞。他にも伏兵は多数いそうな予感。

天皇賞(春)を的中した人には絶好の資金獲得のチャンス!

是が非でも的中させたいしらさぎ賞だが馬券をどのように組み立てるか?
波乱の可能性もあるとなれば馬券は幅広く張っておかないと。となりそうだが
そうしてしまうと的中してみてもトリガミ。なんていう可能性も否めない。

 

岡村麻純
当日の浦和競馬場は岡村麻純さんが来場するなどイベントも盛りだくさん。
お近くにお住まいの方は是非浦和競馬場へ脚を運んでみてはいかがだろうか。
天皇賞(春)の発走を週末には控えているがその前にビッグな配当を手にしてもらいたい。

 

 

 

 

【予想公開】 ※朝日杯FS(G1)タワーオブロンドン・ダノンプレミアムの状態は・・・!?

【自信勝負】 ☆ターコイズS(G3)狙うべき馬を教えます←これは必見です☆

【阪神競馬】 2歳マイル王決定戦!今週の注目『朝日杯FS(G1)』の注目予想情報はコチラ

【中山競馬】 ★ターコイズS(G3)荒れる牝馬ハンデ重賞を徹底予想★

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

S__4595715

【天皇賞秋2017直前追い切り予想】予想に役立つ注目馬情報

管理人です。 天皇賞秋へ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。今年の中距離

記事を読む

uma_01

【フローラステークス2017追い切り予想】牝馬限定戦は絶好調馬を狙え!

管理人です。 オークスへの優先出走権3枚の切符を狙って虎視眈々の18頭が集う激戦。フロ

記事を読む

S__4595721

【毎日王冠2017直前追い切り予想】予想に役立つ注目馬情報

管理人です。 毎日王冠へ向けた最終追い切りが美浦・栗東トレセンで行われました。秋初戦を迎える有

記事を読む

free37

【武蔵野ステークス2017予想】予想オッズ注目馬・データ分析

管理人です。 チャンピオンズカップへ向けて、そして来年のフェブラリーステークスへ向けて

記事を読む

S__4595716

【東京スポーツ杯2歳S2017直前追い切り予想】予想に役立つ注目馬情報

管理人です。 東京スポーツ杯2歳ステークスへ向けた最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されま

記事を読む