【4/23(土)京都10R 橘ステークス】馬券分析・予想

公開日: : 最終更新日:2016/04/23 レース展望 , ,

土  京都  橘S・馬券分析!
京都競馬場4
スピード自慢の3歳馬の集まりだが、1400mは逃げ切るには難しい距離。
そのあたりを うまく導くのが騎手の腕と言える…

※  展開はどうなる?

サイモンゼーレ、フェザリータッチ、そして、シゲルノコギリザメがいる。
更に、オーマイガイ、レーヴムーンなども前で競馬をするので、
H ペースは免れそうになく、差し馬の台頭は当たり前?

※  ここまでの結論!

◎  11  オデュッセウス
前走のアーリントンCは10着だが、着差は0.4秒で悲観するまでに至らず。
その前の東京戦では2着があり、共にシゲルノコギリザメには先着している。
ベスト距離は1400mと思われ、今回は展開面での援護射撃もありそう。
発馬さえ決めれば、あとは福永騎手が何とかしてくれる。

◯  08  キアロスクーロ
マーガレットSの2着馬で、3着のスキャットエディには0.5秒差ある。
ここまで3着以下はなく、1400mは走りを心得ている。
ヤヤ決め手には欠けるが、この中に入れば上位扱いは当然。

▲  04  ルグランフリソン
ファルコンSは不良馬場に泣いてしまい、まったく力を発揮できていない。
良馬場の1400mではコンスタントな走りをみせており、
開幕週馬場は願ってもない条件下と言える。
立ち回りのうまい小牧太騎手、流れを見極めたレースをしてくれる。

△  03  スキャットエディ
前走と同じ競馬をしていては、おそらく勝てないだろう。
開幕週の馬場を考慮した乗り方が必要となるはず。
持ち前の決め脚をどう生かすかは岩田騎手の腕、
展開は嵌まりそうなだけに、軽くは扱えない存在。

×  07  サイモンゼーレ
先行して渋太く粘り込む脚質だけに、どうしても勝ち味が遅くなってしまう。
今回は強力な同型が揃い、マイペースは望めず。

×  12  シゲルノコギリザメ
控える競馬もできるようになっているが、基本は先行策に違いない。
追ってから切れる脚はないので、スンナリした流れが必要となるが、
今回はゴチャつきそうで、道中のペースも速くなり、終いの脚は残せまい。

×  09  ラズールリッキー
1200mが得意で、1400mは少し長い。前に行けても叩き合いになると劣勢。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

kawata_tuika08_960_720

パールステークス 2018 予想・馬券フォーカス

パールステークス 2018 / 予想・馬券フォーカス 2018/5/5(土) 京都10R パー

記事を読む

京都競馬場7

【11/28(土)京都9R 高雄特別】馬券分析・予想

京都 高雄特別・馬券分析! 1000万の長丁場 ハンデ戦。上は56k、下が51kなら大

記事を読む

京成杯2019馬券フォーカス

京成杯2019を徹底予想 2勝馬の3頭が中心になり繰り広げられる一戦になりそうだが、絶対視は避

記事を読む

中山競馬場

【9/26(土)中山11RセプテンバーS】馬券分析・予想

中山 セプテンバーS・馬券分析! 土曜日の中山メインレース、準オープンのハンデ戦。

記事を読む

競馬1

秋華賞2018馬券フォーカス

秋華賞を徹底予想! 今年の秋華賞の焦点は、アーモンドアイの牝馬三冠が達成されるかどうかだろう。

記事を読む