【重賞展望】2015アーリントンC(G3)

西・アーリントンC!

ナリタスターワン

阪急杯出走のコパノリチャード、ミッキーアイルが、
このレースに勝って出世のキッカケを作っている。
3年前はジャスタウェイも優勝しており、
若駒にとっては縁起のいいレースと言える。

※ アルマワイオリ
阪神FSの2着は立派の一言だが、嵌まった感もあり手放しで信用できず。
特に上がりの脚が際立ったわけでもなかったから…
リフレッシュの効果はあるだろうし、今回が正念場のレース。
斤量は2k増えての57k、ここで勝つようなら一躍脚光を浴びる存在に。

※ エイムハイ
新馬勝ちした後の2戦が足踏み状態。
僅差の2着、3着だが、何かが足りないということだろう。
鞍上は魅力でもここは押えの評価まで。

※ ケツァルテナンゴ
連勝したまではよかったが、そこからイレ込みがきつくなり、
人気はするものの期待に応える走りができず。
この休養が落ち着きに繋がればいいのだが…

※ ナイトフォックス
一戦毎に力を発揮して連勝、オープン入りを果たしている。
自在性ある脚質も大きな武器になっている。
ただ、テンションの高さがネックになる可能性がある。
今回は長距離輸送になるので、当日の落ち着きがカギに。

※ ナヴィオン
朝日杯FSの崩れをシンザン記念で取り戻した。
3着ながら終い33秒台の末脚は評価できる。
開幕週で馬場状態は申し分なく、フルに力を発揮してくれるだろう。
追い込み脚質だけに展開の注文は付くが…

※ ナリタスターワン
休養を挟んだが連勝して力をアピールした。
後ろからでも、前につけてもしっかり伸びるのは心強いが、
前走休み明けでの馬体減は気になる材料。
今回はプラス体重で出走してもらいたいが…

※ ネオルミエール
朝日杯FSは休み明けであり、出遅れて後方からの競馬。
直線向くとスペースがなく、そこを縫うように伸びて4着。
なかなかのセンスを備えた馬と見たが…
今回も出遅れて後ろからの競馬になるだろうが、
同じ轍を踏むとは思えず、差し切りが期待できるかも。

※ マテンロウハピネス
たかが 1勝馬だが、勝ちっぷりが鮮やか過ぎた。
2着馬に1秒2の差は並の馬にはできぬ芸当。
相手強化され初戦のようなわけには行かないだろうが、
どんなレースをするかの楽しみはある。

※ ヤマカツエース
6戦目にして2勝をマーク、ハデさはないが堅実に走る馬。
2走前を振り返るとマイルは若干長い印象を受けた。
今回でその答えは出るだろう…

※ ヤングマンパワー
前走ナイトフォックスに負けてはいるがアタマ差。
2戦目だったことを考えると力負けとは思えない。
出遅れはユッタリ流れる阪神コースで補えるはず。
叩き合いで互角の闘いができるかどうかに尽きそう。

過去の傾向からは逃げ、先行馬が活躍しており、
開幕週の馬場を考慮すると、基本は前で競馬する馬かも?

【大井競馬】 ※TCK女王盃(Jpn3)徹底分析予想はこちらから

【波乱重賞】 シルクロードS(G3)京都競馬徹底攻略予想!←絶賛公開中

【東京開幕】 砂の強豪終結!今週の注目『根岸S(G3)』の注目予想情報はコチラ

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

2015tennoushow

天皇賞秋2016出走馬徹底分析[3]~ステファノス他

日 東京 第154回 天皇賞(秋)! 3 秋 天皇賞 3歳以上オープン 2000m芝

記事を読む

kawata_tuika17_960_720

安田記念2017予想/傾向と対策

第67回 安田記念の傾向と対策 2017/6/4(日) 東京11R 安田記念(G1) 3歳以

記事を読む

free28

ラジオNIKKEI杯 2017 データ から傾向を分析!

ラジオNIKKEI杯・データからの傾向! 2017/7/2(日)開催 福島11R ラジオNIK

記事を読む

中山競馬場2

【2015ステイヤーズステークス(G2)】出走馬短評とレース展望・予想

中山 ステイヤーズステークス! 馬力とスタミナが要求される中山の3600mの闘い。

記事を読む

阪神競馬場2

【2016毎日杯(G3)】出走馬短評と予想のポイント

土  阪神  毎日杯! クラシックに結びつかない傾向にはあるが、どこにキッカケがあるか分からな

記事を読む