【競馬コラム】池添親子

公開日: : 最終更新日:2016/04/19 競馬コラム , ,

☆  池添親子!
池添親子
私が競馬の社会に足を踏み入れた頃の その昔、
大久保正厩舎があり、そこに 『 気まぐれジョージ 』と呼ばれる馬がいた。
その馬名は 『 エリモジョージ 』
スピードはあり、スタミナはあり、当時の能力はハンパなかった。

今の時代にはない、大逃げを打ち、そのまま逃げ切ったほどの個性派だが、
アッサリと馬群に沈んでしまうことも気にしなかった…

主戦の騎手は福永洋一、現在の福永騎手のお父さんだが、
たまに、池添兼雄騎手が跨ってレースに臨んだことがあった。

池添騎手はキップが良く、サウスポーでもあり、
騎手の野球チームではピッチャーを務めていた。
私は草野球では少し球が速く、専門紙チームのピッチャー。
その頃は 騎手チーム VS 専門紙チームの試合をしたもの…
池添選手には 「 分かってるやろな!打たせへんかったら取材拒否やデ 」と、
笑顔で冗談を飛ばされたことも覚えている。

話しが横道に逸れたが、
その後、大久保正厩舎は 『 ナリタブライアン 』を輩出している。
そこで騎手を務めた後に、池添兼雄調教師が誕生することになる。

師には息子がいて、1人が池添謙一騎手、もう1人が池添学調教師。
池添騎手にも いろいろと世話になったが、
池添学調教師とは、助手時代から今も親交が続いている。
誰に対しても取材の対応は丁寧で、言葉使いにも偉ぶるところはない。
今でも時々、私のサイトを開いてくれているみたいで、
たまに意見も投稿掲載してくれている。
ありがたいことだ…

大学時代は馬術部のキャプテンを務め、英語力に堪能している。
厩舎を開業してからも、勝利を挙げればメールを交わしている。
こんな好青年調教師が増えれば、日本の競馬の質もアップすると思うのだが…

親父さんには もっと上を目指してほしいし、
学調教師には、とりあえず親父さんを越えてほしい。
謙一騎手には他の騎手から尊敬される人になってほしい。

3人3様の個性の持ち主だが、結構 面白い存在…

角度を変えて、そんな競馬の楽しみ方もしているんです。

 

【東京競馬】 強豪激突!今週の注目『ジャパンカップ(G1)』の注目予想情報

【京都競馬】 ★京阪杯(G3)ジャパンカップ後のボーナス$レース予想★

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

kinugasa_baseball

【競馬コラム】解説に納得!

☆ 解説に納得! アレコレ言われながらも、盛り上がりを見せた終わった今年の日本シリーズ

記事を読む

スポーツ新聞

【競馬コラム】役立つ 1週前情報

意外と役立つ1週前情報! 下級条件馬は出馬ラッシュで思うようにレースを使えない。 出

記事を読む

ハープスター

【競馬コラム】ハープスターの引退から

ハープスター引退から見えてくるモノ! ハープスターの引退と、キングカメハメハとの交配が

記事を読む

函館パドック

【競馬コラム】夏競馬のパドックの見方

夏競馬でのパドックの見方! 梅雨が明ければ一気に温度は上昇し本格的な夏を迎えます。

記事を読む

ルージュバック3

【2015桜花賞番外編】

桜花賞番外編! 桜花賞前日の夜、知人二人から連絡が入った。 A…「 考えれば考え

記事を読む