【レース回顧】2016皐月賞(G1)~ディーマジェスティが皐月賞馬に!

第 76 回 皐月賞馬はディーマジェスティ!

ディーマジェスティ皐月賞

今年の皐月賞は 「 3強の闘い 」の下馬評だったが…

パドックでは落ち着き払っていたリオンディーズだが、
レースでは前半から折り合いを欠き、3角を過ぎると先頭に立ってしまう。
1000m通過が58秒4、その地点で前残りは難しくなっている。
直線ではヨレながら粘るリオンディーズも、もう脚は残っていなかった。

皐月賞馬に輝いたのは休養明けのディーマジェスティだった。
体はできていたが、歩様は硬く、発馬もよくなかった。
後方からの競馬になったが、流れはドンピシャ嵌まった。
4角では手を動かし押し上げながら、直線ではスパッと切れての完勝。
勝ち時計は1分57秒9の好タイム、上りは48.0-35.6。
ここまで順調なローテーションではなかったが、実に強い内容。

2着は後方から勝ち馬を追いかける形になったマカヒキ。
伸びは素晴らしかったが、2着確保がやっと…

ここまで無傷のサトノダイヤモンドだったが、大事に乗り過ぎた。
桜花賞もそうだったが、ルメール騎手は勝利を意識し過ぎたのでは…
確かに、直線で不利はあったが、G I 制覇の難しさを痛感しただろう。
それが プレッシャーの怖さと言える。

エアスピネルも直線で不利を受けているが、もう脚は残っていなかった。

リオンディーズは精神面での課題が浮き彫りになっている。
外枠で前にカベが作れず、脚を溜めることができなかった。

ロードクエストはイン狙いで伸びてはいるが、長くは続かず…

これでダービー戦線は混沌としてきた…

【春のG1】 今週末は天皇賞(春)馬券を的中させたい人は今すぐクリック☆

【京都競馬】 天皇賞(春)キタサンブラックVSサトノダイヤモンドの結末は…

【東京競馬】 青葉賞(G2)ダービーの権利を本気で狙うアノ馬の極秘情報知ってる?

【必見です】 NHKマイルC(G1)出走馬徹底分析!勝つのは●●●●しかいない!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

モーリス4

【レース回顧】2015安田記念(G1)~モーリス

東京 安田記念・モーリス! 堀厩舎の快進撃が止まらない!先週に続き G I を制覇。

記事を読む

スマートレイアー東京新聞杯

【レース回顧】2016東京新聞杯(G3)~スマートレイアーが逃げ切る!

東京新聞杯はスマートレイアーが逃げ切る! 人気は4歳馬の2頭で、逃げ馬不在のレースに。

記事を読む

モーニンフェブラリーS

☆2016年上半期GIレースを振り返る☆

☆ 2016年 上半期GIレースを振り返る! 宝塚記念が終わり、2016年の上半期GIレースが終了

記事を読む

メジャーエンブレム2

【レース回顧】2015阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)~メジャーエンブレムが完勝!

阪神ジュベナイルFはメジャーエンブレムの完勝! 1番人気に支持された関東馬メジャーエン

記事を読む

コパノリッキー帝王賞

【レース回顧】2016帝王賞(Jpn1)~コパノリッキーが快勝!

第39回 帝王賞は コパノリッキーが快勝! 大井競馬 帝王賞 JpnI 2000mダー

記事を読む