【4/17(日)中山10R 京葉ステークス】馬券分析・予想

公開日: : 最終更新日:2016/04/17 レース展望 , ,

日  中山  京葉S・馬券分析!
中山競馬場ダート

1200mダートのハンデ戦、オープン特別。
トップHが57k、軽ハンデ馬が52k。ダートでの5k差はかなり大きい。

※  展開はどうなる?

ウィッシュハピネス、ナンチンノン、
そして、ルチャドルアスールはハナを切りたくテン争い。
必然的にペースは速くなる。
カジキ、ダッシャーワン、ミリオンヴォルツはその後から。
キタサンミカヅキ、マキャヴィティは中団からの追走。
上がりがかかり、差し馬が一斉に突っ込んでくる。

※  ここまでの結論!

◎  06  マキャヴィティ
休養を挟んで連勝。今回も休み明けだが、前回より期間は短い。
1200mでは崩れがなく、特に中山コースには強い。
展開は向きそう、戸崎騎手なら力を発揮してくれる。

◯  08  キタサンミカヅキ
中山の1200mでは崩れがなく、今回は斤量も1k軽くなり55kは有利。
この馬の手の内を知り尽くしている武士沢騎手なら心配はない。
スタートさえ決めれば上位争いに加われる。

▲  11  ニットウスバル
休養明けだが、前走はキタサンミカヅキを問題にしなかった。
いまだ3着以下は2回だけ、中山の1200mは2戦2勝の実績。
昇級戦になるので、流れにさえ戸惑わなければやれても。

△  03  カジキ
地力強化が著しく、それが結果に表れている。
今回は差しに回っての競馬になるだろうが、3走前で結果を出している。
武豊騎手の捌きひとつにかかっている。

×  05  ナンチンノン
前走が休み明け12k増で粘れず、それでも大きく負けていない。
今回は叩き2走目で息の入りは良くなり、斤量も1k軽くなる。
同型との兼ね合いひとつでは、粘り込みがあってもいい。
逆に、先手が取れないようだと凡走に終わってしまう…

×  02  ウィッシュハピネス
昇級戦になるが、3k軽い52kならスピード負けはしない。
問題は強力な同型馬との兼ね合いひとつ。
テンは譲れないし、競り合うようなら共倒れに終わってしまうだろう。

×  04  キングオブロー
久々の実戦になり、久々のダート戦にもなる。
息の心配があり、砂を被る心配もある。

×  07  ダッシャーワン
8カ月のブランクが長く、若い頃のスピードにも衰えが感じられる。

×  01  トキノゲンジ
絞れたとはいえ、前走の22k減の馬体は気になる。
反動は出ても、上積みを求めるのは無理だろう。

【春のG1】 高松宮記念(G1)大混戦の中から抜け出すのはこの馬しかいない◎

【浦和競馬】 桜花賞(S1)南関東競馬必勝☆3連単予想はこちらから!

【中山競馬】 ダービー卿CT(G3)徹底攻略予想情報はコチラから!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

東京競馬場5

【10/25(日)東京10R 甲斐路ステークス】出走馬短評とレース展望・予想

東京 甲斐路ステークス! 日曜日の準オープン戦。どうやら、充実期にある4歳馬が中心か?

記事を読む

ブルミラコロ

【11/14(土)京都9R 枚方特別】注目馬はこの1頭!

京都 枚方特別・注目馬! ☆ ブルミラコロ 父 キンシャサノキセキ - 母 キングス

記事を読む

東京競馬場3

【5/7(土)東京11R プリンシパルS】馬券分析・予想

土  東京  プリンシパルS・馬券分析! プリンシパルステークスは1着馬にダービーの優先出走権

記事を読む

京都競馬場ダート

【1/23(土)京都11R 太秦ステークス】予想のポイント!

土 京都 太秦ステークス! オープン特別の短距離1200m。 一線級の存在はないが、

記事を読む

no image

【初富士ステークス2017】出走予定馬短評と予想のポイント

初富士ステークス2017:予想のポイント 2017/1/14(土) 中山10R 初富士ステークス

記事を読む