【2016皐月賞(G1)】出走馬徹底分析[2]~サトノダイヤモンド他

公開日: : 最終更新日:2016/04/13 重賞展望 ,

★  日  中山  皐月賞・徹底分析!  2
皐月賞2016-2
サトノダイヤモンド、マカヒキ、リオンディーズ、
今年の皐月賞は この3強が中山の馬場で雌雄を決する図式。

連日、出走予定馬を1頭、1頭 詳しく紹介していきます。

※  ポイント

サトノダイヤモンドきさらぎ賞
☆サトノダイヤモンド
初戦が京都2000m重馬場、続いて500万平場戦が阪神2000mヤヤ重、
そして、前走のきさらぎ賞は京都1800m良馬場で3連勝。
ここまですべてが、着差以上の強いパフォーマンスを演じている。
見ていても、道中にも直線に入っても、不安を感じるシーンはない。
デビュー戦後、ルメール騎手は 『 これまで跨った新馬の中では最高 』と。
迷うことなくルメール騎手は、マカヒキでなく、この馬を選んでいる。
マカヒキの弥生賞で他馬の感触をしっかり掴んでおり、力関係も把握できたはず。
中山コースは初めてだが、器用に立ち回れ、気負いもないので不安はない。
ドゥラメンテ以上の活躍を見せてくれる予感さえするのだが…

ジョルジュサンク1
☆ ジョルジュサンク
3戦目で初勝利、8戦目の すみれS で2勝目をマークしている。
その すみれS 2200mは先行抜け出しで、上がりの脚は35秒2と平凡。
皐月賞でも前々の競馬になろうが、ペースアップした時に対応できるかどうか。
直線で後ろから迫ってくる馬を凌ぎ切る脚も持っていない。
苦戦は覚悟しなければなるまい。

ディーマジェスティ
☆ ディーマジェスティ

暮れのホープフルSを取消し、今年は共同通信杯から始動。
34秒9の脚を使って、アピールする追い込みを決めて2勝目。
今回は中山の2000mになるが、コースも距離も経験済み。
違うのは、これまでとは相手がグンと強化さること。
前走までと同じ競馬内容で、果たして通用するかとなると疑問。
上位争いをするには、思い切った競馬が必要になるだろう。

ドレッドノータス1
☆ ドレッドノータス

2連勝を引っさげて臨んだスプリングSが予想外の7着。
「 イレ込み過ぎ。勝負どころから反応がなかった 」と武豊騎手。
この結果が同馬の実力とは思わないが…
武豊騎手には見限られて、今回は藤岡佑騎手に乗り替わる。
2回目の中山なので落ち着きは出てくるだろうから、
今回は前走のようなことはないはずだが、一変の期待まではどうか。

☆ トーアライジン ( 抽選 )
小倉の未勝利ダート戦を勝って、毎日杯にチャレンジしたが9着。
芝のレースは未勝利戦でも上位争いができていない。
これでは、「 ガレキも山の賑わい 」でしかあるまい…

3 に続く…

【2016皐月賞(G1)】出走馬徹底分析[1]~エアスピネル他

 

【頂上決戦】 最強馬決定戦!今週の注目『天皇賞秋(G1)』の注目予想情報

【京都競馬】 ★スワンS(G2)天皇賞秋の軍資金が欲しい人はクリック★

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

阪神競馬場2

【2016毎日杯(G3)】1週前出走馬動向をチェック!

3月26日の阪神は毎日杯G3戦! 毎日杯はG3の1800m芝のレースです。 昨年はミュゼ

記事を読む

free03

オークス2017出走予定馬徹底分析[4]~モズカッチャン他

オークス2017徹底分析 2017/5/21(日) 東京11R 優駿牝馬|オークス(G1)

記事を読む

高松宮記念2016

【2016高松宮記念(G1)】出走馬徹底分析[2]~スノードラゴン他

日  中京  高松宮記念・徹底分析!  2   ※  ポイント ☆ エイシンブルズアイ

記事を読む

free33

桜花賞2017予想/出走予定馬徹底分析[3]~スズカゼ 他

桜花賞2017予想/徹底分析! 2017/4/9(日) 阪神11R 桜花賞(G1) 3歳

記事を読む

musashino_stakes

武蔵野ステークス2016予想・馬券分析

土 東京 武蔵野S・馬券分析! 1着馬にはチャンピオンズCの優先権が与えられるレースだ

記事を読む