【2016皐月賞(G1)】出走馬徹底分析[1]~エアスピネル他

公開日: : 最終更新日:2016/04/13 重賞展望 , , ,

日  中山  皐月賞・徹底分析!  1
皐月賞2016-2
サトノダイヤモンド、マカヒキ、リオンディーズ、
今年は この3強が中山の馬場で雌雄を決する図式。

連日、出走予定馬を1頭、1頭 詳しく紹介していきます。

※  ポイント
アドマイヤダイオウ
☆ アドマイヤダイオウ
新馬戦がリオンディーズの3着、その後に連勝して若葉Sに。
そこで2着までに入れば皐月賞出走の切符が手に入る。
馬場は前走時で勝った重馬場より少しいいヤヤ重、相手も弱い。
例によって、スタートひと息から道中 外から上がり2番手に。
スンナリ勝てると思ったが、2着馬に外から来られ一旦は交わされたが、
渋太く差し返して勝利を掴んでいる。
渋化馬場で時計は不問とするとしても、お粗末なレース内容。
これでは本番メンバーに入ると、霞む存在でしかない。
浮上の余地があるとすれば、道悪ではないだろうか…
アドマイヤモラール
☆ アドマイヤモラール
重賞の2着で持ち賞金は1000万を超えているが、実質は1勝馬。
前走のスプリングSでは、勝ち馬から2秒も離されている。
ここは同馬主のアドマイヤダイオウの援護射撃に回るだけ??
ウムブルフ
☆ ウムブルフ ( 抽選 )
京成杯では勝ち馬プロフェットを抑えて1番人気に支持されているが、
結果は0.5秒も水を開けられての5着だった。
今回はひと叩きして晴れの舞台に上がってくるが、
その前走がマイナス体重で6着と、いいところなし。
なぜか人気が先行しているが?
エアスピネル1
☆ エアスピネル
朝日杯FSでは、あと一歩のところでリオンディーズに交わされてしまった。
仕切り直しの一戦が弥生賞であり、力関係を知るには持ってこいの場。
スムーズに流れに乗り、目標のリオンディーズも射程圏に入っている。
ところが、いざ追い出すとジリジリとしか伸びず3着どまり。
前2頭との2馬身の差は、いかんともし難い着差でもあった。
父キングカメハメハ- 母エアメサイアの超良血馬なのだが…
もしかすると、この馬に2000mは長いのかもしれない。
本来は、先にあるNHKマイルがベスト条件なのでは?
新たに強力馬が加わる皐月賞だけに、勝ち負けするのは厳しそうだが。
サイモンゼーレ
☆ サイモンゼーレ
小倉の1200mで2着があり、持ち賞金を加算しているが、
1勝馬で闘ってきたのは短距離路線、結果も伴っていない。
タテから見ても、ヨコから見ても、推せる材料は見当たらない。

2 に続く…

 

【連戦連勝】 マイラーズC(G2)ズバリ!的中狙う究極の3連単予想はこの買い目!

【京都競馬】 天皇賞(春)キタサンブラックVSサトノダイヤモンドの結末は…

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

erizabesu2015

エリザベス女王杯2016出走馬徹底分析[1]~クイーンズリング他

日  京都  エリザベス女王杯・徹底分析!   1 3歳以上 牝馬 エリザベス女王杯 

記事を読む

デンコウアンジュ

【レース回顧】2015アルテミスステークス(G3)~伏兵デンコウアンジュが優勝

東京 アルテミスは伏兵デンコウアンジュが優勝! “ 競馬に絶対はない!” と言われるが

記事を読む

中山競馬場ダート

カペラステークス2016予想・馬券分析

2016/12/11(日)中山11R カペラステークス(G3)・馬券分析! 3歳以上 オープン

記事を読む

バウンスシャッセ

【2015中山牝馬ステークス(G3)】出走予定馬短評・重賞展望

中山・中山牝馬S! ここ3年は前で競馬をした馬が頑張っている。 しかし、依然として追

記事を読む

メイショウマンボ

【2015エリザベス女王杯(G1)】出走馬徹底分析[4]~ラキシス他

京都 エリザベス女王杯・徹底分析! 4 ※ メイショウマンボ 5歳 キッカケをと期待した

記事を読む