【4/10(日)阪神11R 桜花賞(G1)】馬券分析・予想

公開日: : 重賞展望 ,

日 阪神 桜花賞・ 馬券分析!

桜花賞2016

今年は、2歳暮れの阪神JF の勝ち馬メジャーエンブレムが登場してくる。
これまでで5戦を消化した馬は多いが、内 4勝を挙げているのはこの馬だけ。
脚質は先行だが、行く馬がいれば控える競馬もできる。
目標にされるのは覚悟の上、有力馬がどんな作戦を取るのかが見もの。

※ 展開はどうなる?

ハナを切りそうな馬はジープルメリア、アッラサルーテ、
先行馬はウインミレーユ、キャンディバローズ、ソルヴェイグ、
ビービーバーレル、メイショウバーズ、そして、メジャーエンブレム。
外回りでもペースが遅くなることはないが、
メジャーエンブレムがいるので、先行馬にはつらい流れに。
後ろから競馬をする馬も、目標は前にいるので、ゆっくりしていられない。
緩やかな流れは3角過ぎまでで、4角手前から一気にペースは上がる。
直線で前にいるメジャーエンブレムを捉えることできるのか…

最大のポイントになるのは、有力差し馬がどう出てくるかだろう。
捨て身覚悟でエンブレムを捉えにかかるのか?
それとも、自分のポジションを守って直線に賭けるのか?
それによって、前で競馬するエンブレムの明暗が分かれる。
プレッシャーをかけられれば、終いの脚に影響が出るだろうし、
ジックリ構えてくれれば、ひと伸びして桜花賞馬に成れる。
騎手の心積もりが今年の桜花賞を決める…

※ ここまでの結論!

◎ 05 メジャーエンブレム
戦歴は文句なし!馬格はあり、細化の心配もない。
コースも距離も経験済みで、ルメール騎手も自信を持っている。
では、もし負けるとすれば、どんなケースの時か?
当日のテンションがいつになく高い時、
玉砕覚悟でメジャーエンブレムを潰しにかかる馬がいる時、
出遅れや、どこかで不利を受けてスムーズさを欠く時、
ルメール騎手が勝利を意識して守りの競馬をした時、
普通に考えれば、負ける要素は見当たらない。
これまでの枠順は、12番、2番、15番、2番、6番が当たっている。

◯ 10 アットザシーサイド
前走の2着は確実な権利獲りと、休み明けの仕上げ。
福永騎手の体調は戻り、馬に対する感触も上々。
『 距離は延びた方がいい 』とも話している。
本番は一か八かの勝つ競馬に徹する騎乗で。
前走よりも一段前でレースを進めるのは目に見えている。
1400mでの末脚を使えるなら、もっとも怖い対抗馬。

▲ 13 ジュエラー
姉は5勝を挙げたワンカラット、血統面では G I 馬になってもおかしくない。
初戦は出遅れての差し切り、シンザン記念も追い込んでクビ差の2着。
そして、前走のチューリップ賞では首の上げ下げでのハナ差2着。
1勝馬と軽視できないレース内容を示している。
だが、フルゲート18頭だけに、出遅れると致命傷になりかねない。
今回は先入れの奇数番13番が当たっている。
道中で無理脚を使わざるを得ないから、そうなると切れも鈍る。
デムーロ騎手のうまさで、いかに補うかにかかっている。

△ 12 シンハライト
デビューから3連勝、なのに評価を下げるのか…
前走は終始ジュエラーをマークする競馬で、結果は首の上げ下げ勝負。
タイミング次第では2着に甘んじていたかもしれない。
今回 勝つためには前のメジャーエンブレムを捉える必要がある。
きっと、初戦のような好位からの競馬をするだろう?
道中の追走で脚をなし崩しに使わなければいいが…
小柄な430kの馬にはロスは避けたいところ。

× 08 アッラサルーテ
前走は相手に恵まれ、マイペースの逃げが打てたが、ここはそうもいかない。

× 16 ウインファビラス
阪神JFでの2着はあるが、あの時は恵まれた感が強い。
ひと叩きとはいえ、前走の10着には内容がなかった。
一変は望めず。

× 01 キャンディバローズ
正直、馬格がなく、揉まれ込む競馬を跳ね返す馬力に欠ける。

× 04 ソルヴェイグ
もし、桜花賞馬になるチャンスがあるなら川田騎手が手放すはずはない。
それが答えと考えていい。

× 07 デンコウアンジュ
アルテミスSでメジャーエンブレムを負かしているが、
一発屋のイメージは払拭できない、その後の内容と結果。
開き直るなら、ここは直線に賭ける競馬をするしかない。

× 06 ビービーバーレル
重賞勝ちはあるが、1600mの持ち時計が物足りない。
浮上の余地があるとすれば、渋化馬場では…

× 02 ブランボヌール
休み明けながら、トライアル戦の前走がサッパリ。
岩田騎手は躊躇いなく見限ってしまっている。

× 03 メイショウスイヅキ
この馬のベスト距離は1400mではないだろうか?
それも、直線が平坦の京都とか小倉コースでは。

× 15 ラベンダーヴァレイ
前走がプラス20kの馬体だが、デビューからすれば4k増えていただけ。
兄や姉はそれなりの活躍しているが、全体的に見ればチョット甘くて。

× 11 レッドアヴァンセ
前走の14k減の馬体にはガッカリ、走りにも力強さがなかった。
こうなると、立て直しを図るのが定石なのだが…

【2016桜花賞(G1)】出走馬徹底分析[1] アットザシーサイド他

【2016桜花賞(G1)】出走馬徹底分析[2] ジュエラー・シンハライト他

【2016桜花賞(G1)】出走馬徹底分析[3] ソルヴェイグ他

【2016桜花賞(G1)】出走馬徹底分析[4] メジャーエンブレム他

 

 

【大井競馬】 優駿スプリント(S2)大井競馬を徹底予想

【福島開幕】 ★ラジオNIKKEI賞(G3)予想に役立つ出走馬分析情報★

【中京開幕】 『CBC賞を的中したい人必見』出走馬分析&データ分析はコチラ

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

フェブラリーステークス1

【2/21(日)東京11R フェブラリーS(G1)】馬券分析・予想

日 東京 フェブラリーS・馬券分析! 今年のフェブラリーステークスは展開が大きく馬券に左右

記事を読む

新潟競馬場2

【9/6(日)新潟11R 新潟記念】馬券分析・予想

新潟 新潟記念・馬券分析! 荒れる新潟記念、高配当は当たり前で、 穴党ファンにはたま

記事を読む

kawata_tuika23_1280

阪神牝馬ステークス2017/1週前出走予定馬の動向をチェック!

2017/4/8(土)の阪神は阪神牝馬ステークスです! 阪神11R 阪神牝馬ステークス(G2)

記事を読む

kawata_tuika15_960_720

阪神大賞典2017予想・馬券分析

阪神大賞典2017:馬券分析 2017/3/19(日) 阪神11R 阪神大賞典(G2)

記事を読む

no image

京都金杯2017予想・馬券分析

京都金杯2017:馬券分析 4歳以上 オープン 京都競馬場 1600m芝 G3 ハンデ戦 暮

記事を読む