【2016ニュージーランドトロフィー(G2)】出走馬短評と予想のポイント

公開日: : 最終更新日:2016/04/07 重賞展望 , , ,

土  中山  ニュージーランド T!
中山競馬場4
登録は、3勝馬1頭、2勝馬が13頭、残りが1勝馬での構成。
上位3頭に NHKマイルカップへの優先出走権が与えられる。

※  ポイント

☆ アストラエンブレム
これまですべて1600mを使い、5戦2勝の成績。
シンザン記念は差しに回って4着、前走は中京で逃げ切り。
どんな競馬もできそうだが、そんなに速い時計は持っていない。
中山は初コース、どんな競馬をするのか…

☆ カープストリーマー
前走は今回と同じ中山の1600mで勝利を挙げている。
好位からの抜け出しだが、脚質は先行タイプと見ていい。
まだモマれ弱さを残しており、ゴチャつく流れになるとお手上げ。
アテにはできない。

☆ キャプテンペリー
2走前は中山の1600mでダメだったが、前走は同じ条件下で勝利。
時計は1分34秒9、末脚は35秒1と並の勝利で強調できず。
今回はメンバーが骨っぽくなり、いきなりの期待は望めず。

☆ サーブルオール
ここまで3戦2勝、前走は中山1600mでの勝利。
道中は掛かり気味だったが、直線ではしっかり伸びている。
「 まだ若いがポテンシャルは高い 」とはルメール騎手。
キャリアの浅さは気になっても、伸び行く勢いに 1 票を。

☆ ショウナンライズ
前走は道悪競馬で度外視してよかろう。
連勝しているように能力は認めるが、どうも1400m向きの感じがして…

☆ ダンツプリウス
前走のアーリントンCは中位から伸びて2着だが、
2走前は中山1600mのジュニアCで好位抜け出し。
時計は1分34秒2、終いは34秒0の脚を使っている。
この内容なら、ここでは上位争いの存在だろう。
あとは、うまく流れに乗る立ち回りひとつ。

☆ ハレルヤボーイ
スプリングSに挑んだが結果は8着、そこでマイル路線に変更。
挙げている2勝が1600mなので、それは正解だと思う。
NHKマイルを目指すなら、ここでメドの立つ走りを見せないと…

☆ ボールライトニング
京王杯2歳Sを勝った時は、その将来性に期待したのだが、
その後のマイル戦が11着と8着には少々ガッカリ。
メリハリある競馬ができるのは1400mであることがハッキリした。

☆ マディディ
1600mで勝っているがヤヤ重、全体を見るとベスト距離は1400mでは。
アーリントンC 1600mが凡走、1400mのファルコンSは4着だった。

☆ モンスターキング
初芝のファルコンS1400mが後方からジリジリ伸びての10着。
やはり現状はダート向きと思えるが…

☆ レインボーライン
3勝目が重賞のアーリントンC、見事な差し脚を決めている。
中山コースは初めてだが、1600mは3戦2勝、走破時計もなかなか。
阪神の直線坂を克服しているので、中山コースも大丈夫では。
このメンバーなら、大きく崩れる想像はつかない。

トライアル戦とゆっくり構えられない馬ばかり。
ここで結果を出しておかないと GI 挑戦はできない…

【東京G1】 東京優駿 日本ダービー(G1)今週狙いの注目馬はこの馬!←絶賛公開中

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

新潟競馬場2

【2015新潟記念(G3)】出走馬短評とレース展望

新潟 新潟記念! 1番人気が不振で、高配当が続出する波乱のレース。 馬場が荒れてきて

記事を読む

地方競馬2

レパードステークス2017予想/馬券分析

レパードステークス2017/馬券分析 2017/8/6(日)開催 新潟11R レパードステーク

記事を読む

ナリタスターワン

【重賞展望】2015アーリントンC(G3)

西・アーリントンC! 阪急杯出走のコパノリチャード、ミッキーアイルが、 このレースに

記事を読む

京都競馬場4

【1/31(日)京都11R シルクロードステークス(G3)】馬券分析・予想

日  京都  シルクロードS・馬券分析! GI 高松宮記念に続く道であり、各馬にとって

記事を読む

阪神競馬4

【2016阪急杯(G3)】出走馬短評と予想のポイント

日  阪神  阪急杯! 昨年は道悪で波乱を呼んだが、今年は是非 良馬場で… ここを使って G

記事を読む