【2016桜花賞(G1)】出走馬徹底分析[2] ジュエラー・シンハライト他

公開日: : 最終更新日:2016/04/05 重賞展望 , ,

日  阪神  桜花賞・徹底分析!  2
桜花賞2016-2

桜花賞のフルゲートは18頭で、トライアル戦、賞金面からの出走は14頭。
残る4つの枠は持ち賞金900万の馬での抽選。各馬を1頭1頭分析していきます。
カイザーバル
☆ カイザーバル ( 抽選 )
相手に恵まれた君子蘭賞の勝利は順当勝ち。
馬体だけなら ここに入っても遜色はないだろうが、いかんせん相手は強力。
チューリップ賞との着差、今回へのレース間隔を考えた時、
馬券を買う気にはなれない。
カトルラポール
☆ カトルラポール ( 抽選 )
1600mで勝ってはいるが、時計の遅い決着だった。
前走のフィリーズレビューでは見せ場も作れていない。
今回は上がりの時計が速くなるマイル戦でもあるので。
キャンディーバローズ
☆ キャンディバローズ
フィリーズレビューで逃げて3着を確保しての出走。
400kソコソコの華奢な馬体だけに、距離延長はプラスと言えず。
今回は強力な先行馬がいるし、差しに回れば切れる馬も多々いる。
もし上位争いができるなら、武豊騎手が手放さないだろう。
クロコスミア
☆ クロコスミア ( 抽選 )
阪神JFが0.9秒差の8着、チューリップ賞が0.4秒差の7着。
大きく負けてはいないが、前との差はかなりある。
走りを見ると、右回りより、左回りの方がよさそうだし…
ジュエラー
☆ ジュエラー

まだ1勝しかしていないが、賞金も権利も持っており、
シンザン記念がクビ差の2着、チューリップ賞がハナ差の2着なら胸を張れる。
姉のワンカラットは5勝しているが、この馬はタイプが違い距離の融通性もある。
ここまでの3戦は最速の脚を使い、前走は勝ち馬と同じ33秒0の上がり。
490k台の恵まれた体は細化の心配もまったくないのは心強い。
更に、鞍上がデムーロ騎手なら、前走以上の競馬は可能。
ライバルのルメール騎手をどう捉えるかの秘策は、すでに出来上がっているはず。
シンハライト
☆ シンハライト
デビューからここまで3連勝。小柄な馬だが造りはしっかりしている。
チューリップ賞は出遅れて後方からの競馬になり、
道中はジュエラーをマークする形の併走を取り、その形はゴールまで続く。
直線は2頭の叩き合いになったが、クビの上げ下げで辛うじての勝利。
3戦すべてでいい脚を使っており、前走は33秒0で上がっている。
勝ち時計の1分32秒8は、推定タイム1分34秒3を大きく上回っている。
本番の目標馬は前で競馬をするので、交わすにはそれなりの工夫が必要。
せめて、もう一段 前につけて追走しなければなるまい。
池添騎手が機転の利くレースができればいいが…

3 に続く…

【2016桜花賞(G1)】出走馬徹底分析[1] アットザシーサイド他

 

【限定公開】 今週末はいよいよ日本ダービー!馬券的中させたい人はここをクリック☆

【東京優駿】 日本ダービー(G1)出走馬徹底分析で見えた!勝つのは●●●●●だ!

【徹底分析】 目黒記念(G2)出走馬徹底分析!データからの推奨馬は・・・

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

中山競馬場

【2016スプリングステークス(G2)】出走馬短評と予想のポイント

日  中山  スプリングステークス!   弥生賞と並ぶ皐月賞に直結したトライアルレース。 上

記事を読む

メイショウマンボ

【2015エリザベス女王杯(G1)】出走馬徹底分析[4]~ラキシス他

京都 エリザベス女王杯・徹底分析! 4 ※ メイショウマンボ 5歳 キッカケをと期待した

記事を読む

free30

【弥生賞2017】1週前出走予定馬の動向をチェック!

2017/3/5(日)の中山は弥生賞です! 中山11R 弥生賞(G2) 3歳オープン 芝200

記事を読む

札幌競馬場

【2016クイーンステークス(G3)】1週前出走馬動向をチェック!

7月31日の札幌はクイーンS! クイーンS 牝馬限定 1800m芝  G3 戦。 昨年は

記事を読む

中京競馬場3

【2015プロキオンS(G3)】1週前出走予定馬動向

来週 中京はプロキオンS! 来週の中京メインは G3プロキオンS 、1400mダート戦

記事を読む