中日新聞杯の見解・短評

公開日: : 過去の記事

逃げ馬が不振で差し馬が活躍する傾向にある。
ハンデ頭が勝ち負けできていないのも事実。
京都記念、小倉大賞典を参考レースに。

※  アロマカフェ  55k
7歳馬ながら好調を維持している。
左回り、2000mの距離も問題ないが、
時計面での課題は残している。

※  アンコイルド  57k
昨年秋は G I にチャレンジし、それなりの結果を出した。
久々の京都記念は12k増の馬体で内容ある3着。
叩き2走目で今回は GⅢならチャンスは十分のはず。
現在好調の後藤騎手というのも心強い。
あとは他馬とのハンデ差の兼ね合いひとつで。

※  サムソンズプライド  53k
もっと走っておかしくないが伸び悩んでいる現況。
前走も勝ちパターンのはずなのだが追って伸びず。
それでもここ2走は2馬身ほどしか負けていない。
ソロソロ目覚めてもいい頃だが…

※  フラガラッハ  57.5k
結果こそ出せていないが、終いの切れはなかなかのモノ。
ただ、出遅れがネックになっていることも事実。
距離実績こそないが、中京コースは得意としており、
前がゴチャつく流れになれば出番があるかも。

※  ブレイズアトレイル  55k
今年に入って重賞戦で尻上がりの成績。
前走の14k減の馬体が本来の姿では?
中京は得意のコースのひとつでもあり、
スタートを決め好位をキープできれば…

※  ユールシンギング  55k
秋は重賞を勝ち、菊花賞でも人気を集めた馬。
中山金杯をひと叩きして今回に挑む。
良績は左回りにあり、距離も丁度いい。
穴で狙うならこの馬かも知れない。

※  ラキシス  54k
ガサはないが牝馬らしからぬしっかりした造り。
前走は牡馬相手に一歩もヒケを取らぬ4着。
今回は休養明け2走目で上積みもあり、
ハンデも手頃で初の重賞勝ちのチャンスとも言える。
あとは未知数の中京コースを克服すれば…

※  ラブリーデイ  56k
ダービーが0.4秒差の7着。小倉記念、金鯱賞が共に2着。
休養明けながら、いきなり好走できる下地はある。
ただひとつ気になる点がある。
鞍上ペドロサJの先週の騎乗を見るとどうも頼りない。
勿論、中京は初めてのコースでもあり、
うまく馬の能力を引き出すことができるかどうか?
馬券において騎手は大きなファクターのひとつのはず。

※  レッドレイヴン  55k
前走が大幅な馬体増での0.1秒差の4着。
しかも昇級戦の重賞戦でのもの。評価できる。
まだまだ良くなる外国産4歳馬を考えれば、
ここは不安より期待度の方が多い。
狙い目は十分あると思うが…

どの馬からでも買えそうな波乱ムード。
直前まで迷ってしまいそう…

【必見情報】 状態絶好【中山記念(G2)】今週狙い目の馬はコノ馬です!

【自信勝負】 ☆阪急杯(G3)イチオシ狙い馬はこの馬←これは必見です☆

【中山競馬】 G1馬集結!『中山記念(G2)』の注目予想情報はコチラ

【阪神競馬】 ★阪急杯(G3)波乱を巻き起こすダークホースを徹底予想★

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

catch

紫苑ステークスレース回顧~レーヴデトワール

紫苑ステークス! 各馬が目指すのは京都の秋華賞。 賞金を持つ2頭を除けば大事な大事な一戦。 ただ、

記事を読む

catch

新潟2歳ステークス(2014)短評 ブリクスト他…

新潟2歳ステークス! 昨年のハープスターのような存在の馬はいない。 賞金1000万を超える馬は1頭

記事を読む

catch

小倉大賞典!

万馬券は勿論、高配当が当たり前?のレース。 これは 1番人気馬が勝てない傾向にあるから。 しかも、高

記事を読む

catch

ドバイミーティング ジャスタウェイ・ジェンティルドンナ他総評

ドバイDay ! 今年も真夜中の熱い闘いが繰り広げられた。 アジアからは香港馬が8頭、日本馬が8頭

記事を読む

catch

今週はG I 秋華賞

秋華賞! 歴代勝ち馬を眺めると名牝ばかり。 今年の優勝馬もその名に相応しい存在のはず。 オークス馬が

記事を読む