【2016大阪杯(G2)】出走馬短評と予想のポイント

公開日: : 最終更新日:2016/03/31 重賞展望 , ,

日  阪神  大阪杯!
阪神競馬場
GIレースと勘違いするくらいのメンバー構成。
G2とは思えない実績馬が出走してくるので、盛り上がること間違いなし。

※  ポイント

☆ アンビシャス
休み明けの中山記念は6k増の馬体、許容範囲の体つき。
出遅れて後方からの競馬になったが、ゴール前はドゥラメンテにクビ差の2着。
最速の脚 33秒6には破壊力さえ感じられた。
今回は阪神の2000mに替わるが、前走以上の走りを期待できる雰囲気。

☆ イスラボニータ
休み明けとはいえ、中山記念の走りは、この馬 本来の走りではなかった。
どこに敗因があったのだろうか?蛯名騎手も首を傾げていた。
体は仕上がっていたので、大きな変わり身には疑問符が付き、
右回りは左回りほど動けていないのも確か。
今回の相手が相手だけに、楽観ができない状況下にある。

☆ キタサンブラック
菊花賞馬であり、有馬記念も3着と力のあるところをアピールしている。
休み明けの一戦になるが、武豊騎手とコンビを組み話題となっている。
北村宏騎手以上の競馬を見せることができるといいのだが…
右回り、2000mに不安はないが、58kと阪神コースは初めてだけに何とも?

☆ ショウナンパンドラ
宝塚記念 3着、秋の天皇賞は4着、そして、JCでは見事な勝利。
2000m以上の距離なら牡馬に負けないパワーとスタミナ備えている。
ポン駆けする牝馬、いきなりからの好走は十分可能。
天皇賞ではアンビシャスにも先着している実績がある。

☆ タッチングスピーチ
エリザベス女王杯 3着の後、休養に入り、京都記念で戦列に復帰。
牡馬相手に一歩もヒケを取らず、しっかり追い込んで2着と頑張っている。
ひと叩きして体の切れは良くなっているが、メンバーは前走以上、
相性のいい阪神コースだが、どこまで通用するのだろうか…

☆ ヌーヴォレコルト
オークス馬であり、昨年の中山記念でも牡馬相手に勝利している。
オールカマー、エリザベス女王杯、香港カップと2着続きだが、
勝ちに等しい走りは見せているので心配なし。
有力牝馬が出走の中、この馬もその中に加わる1頭でもある。
どんな走りをするか楽しみ…

☆ マイネルラクリマ
オールカマーの勝ちはあるが、その後の天皇賞、今年の中山記念が惨敗。
この中に入ると目立つことはない。

☆ ラブリーデイ
宝塚記念を優勝し、秋の天皇賞も制覇した、堂々たるオープン馬。
有馬記念は蓄積した疲れで5着に終わっているが、評価は下がることはない。
リフレッシュして、今年はこの大阪杯から始動する。
休み明けとはいえ、受けて立つ立場にあり、無様な競馬はできない。
例え、58kで仕上がり途上であっても、ファンに応える競馬を…

☆ レッドレイヴン
休み明けながら、中山記念を目標に仕上げてきたが5着どまり。
ベスト距離の1800mから2000mになり、変わり身は見込めず。

錚々たるメンバーだけに、どの馬を中心に定めればいいのか迷ってしまう…

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

平安ステークス

【5/23(土)京都11R平安S(G3)】馬券分析・予想

京都 平安S ・馬券分析! アンタレスSの再戦とも言えるが、コースが替わりどう出るか?

記事を読む

no image

【シンザン記念2017】1週前出走馬動向をチェック!

1月8日の京都はシンザン記念です! 3歳 シンザン記念 1600m芝 G3 別定戦 クラ

記事を読む

菊花賞

【10/25(日)京都11R 菊花賞(G1)】馬券分析・予想

京都 菊花賞・馬券分析! 牝馬の秋華賞に続き、3歳牡馬の実力決戦!菊花賞。 昨年のよ

記事を読む

kawata_tuika07_960_720

菊花賞2017/出走予定馬の1週前動向をチェック!

10月22日の京都は残る一冠 菊花賞です! 2017/10/22(日) 京都11R 菊花賞(G

記事を読む

kawata_tuika07_960_720

オーシャンステークス2018/出走予定馬短評と予想のポイント

オーシャンステークス/予想のポイント 2018/3/4(土) 中山11R オーシャンステークス

記事を読む