【競馬コラム】渡辺薫彦調教師の人柄!

公開日: : 最終更新日:2016/03/28 競馬コラム ,

渡辺薫彦調教師の人柄!
渡辺薫彦
今年は関西で新規調教師の3名が開業しました。
その中で、1人取り残されていた?渡辺薫彦調教師でしたが、
3月21日の中京7R、ドラゴンバローズで嬉しい初勝利を挙げています。

我々が原稿を起こす際に、気を遣っていることがあります。

話し手によって伝える口調が違うので、その人に合った表現方法を取ります。
ポンポンとコメントする人はその感じで、
丁寧な話し方には、それに見合った表現をします。
いわゆる 『 デス マス調 』というものです。
そこで、ひとつのコメンテーターの性格が読み取れます。

調教師や騎手によっては、表向きは丁寧でも、本音は雑な物言いをする人も。
勿論、いつも変わらない態度や話し方をする人もいます。
その中の1人が渡辺薫彦調教師です。

騎手時代は 「 ナベちゃん!」 「 クニヒコ!」と呼ばれていましたが、
どんな取材の人に対しても、丁寧な対応をしてくれました。
こちらが真剣なら、しっかり目を見て答えてくれたものです。
私生活でも、飲んでいても、その態度は大きく変わりませんでした。

確かに、優しすぎる感じがしないでもありませんが、
それが彼のいいところなのです。
ですから、私の知る限りでは、彼を悪く言う人はいませんでした。

新規開業となると、引き継ぐ馬と厩務員は予備知識がなく、
うまく対応していけるかどうかの心配はありましたが、
彼の人柄さえ知れば、馬主も厩務員も理解を示してくれるはずです。

そんな初勝利だけに、世話になった沖調教師への感謝も忘れていませんでした。
コメントを読んだ時に、彼の性格が出ているなぁ~と思ったものです。

まだまだ、紆余曲折の調教師人生になるでしょうが、
まずは初勝利に拍手を送りたいと思います。

頑張りや、ナベちゃん!

【春のG1】 今週末は天皇賞(春)馬券を的中させたい人は今すぐクリック☆

【動き絶好】 ★青葉賞(G2)状態絶好で狙いの◎3連単予想公開はコチラ★

【京都競馬】 天皇賞(春)キタサンブラックVSサトノダイヤモンドの結末は…

【東京競馬】 青葉賞(G2)ダービーの権利を本気で狙うアノ馬の極秘情報知ってる?

【必見です】 NHKマイルC(G1)出走馬徹底分析!勝つのは●●●●しかいない!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

syadai_ningyo

競馬コラム/今年の騎手リーディング争いは面白そう!

今年も早や4月も終わりに近づいています。 連続のリーディングJを目指す戸崎騎手ですが、

記事を読む

ホッコータルマエ川崎記念

【競馬コラム】ホッコータルマエが今期もドバイ遠征?

ホッコータルマエが今期もドバイ遠征? 先日 JRA からドバイ競走の予備登録馬が発表されま

記事を読む

tosakikeita

【競馬コラム】質問についての見解!

☆ 質問についての見解! 『 どうして戸崎騎手は菊花賞で乗らないんですか?』 ど

記事を読む

パドック解説席2

【質問コーナー】解説者◯◯が好きだがどう思う?

質問コーナー・解説者◯◯が好きだがどう思う? 「 パドック解説の◯◯が好きだが、どう思

記事を読む

検量インタビュー

【競馬コラム】写真判定直後の黒板!

☆  写真判定直後の黒板! チューリップ賞に続き、桜花賞も2頭の叩き合いの接戦。 シ

記事を読む