【競馬コラム】2016ドバイワールドカップデーを振り返って

今年のドバイ競馬の結果!
ドバイ
今年のドバイ競馬には 10頭の日本馬が参戦。
ファンの期待馬 NO 1 は勿論 ドゥラメンテだったが…

※  ドバイゴールドC 3200m芝
ネオブラックダイヤが出走したが、結果は8着。

※  UAEダービー 1900mダート
ラニUAEダービー

注目度が高くなかったのか? 全 7頭の闘いに。
前半は後方から、徐々に順位を上げていったラニが勝利を飾り、
ユウチェンジ 3着、オンザロックス 5着の成績。

※  アルクオーツプリント 1000m芝
ベルカントが出走したが、いいところなく12着に終わっている。

※  ドバイターフ 1800m芝
リアルスティールドバイターフ

リアルスティールが日本での詰めの甘さを払拭する勝ちっぷり。
国際レーティングは116、出走15頭の中では3頭並びの2位にあった。
好位外から、最後までしっかりした脚取りで伸びての G I 制覇。
1800mも良かったのでは…

※  ドバイシーマクラシック 2410m芝
ドバイシーマ

9頭立てながら、日本馬は3頭出走。
だが、レース前ドゥラメンテに落鉄のアクシデント。そのまま出走。
レースはワンアンドオンリーが先行策 ( 5着 )
ラストインパクトは好位のイン ( 3着 ) からの競馬。
ドゥラメンテは後方の馬込みの中からレースを進める。
直線で抜け出したポストポーンドを追いかけるドゥラメンテだったが、
いつもの切れはなく、苦しがって内にモタれながら差を詰めての2着。
競馬にアクシデントはつきもので仕方ないとしても、
落鉄のままの走りには日本のファンも少々ガッカリ…

※  ドバイワールドC 2000mダート
今年もホッコータルマエが参戦したが、9着に終わっている。
ここにはアメリカの年度代表馬であるカリフォルニアクロームが。
力を鼓舞するかのような圧勝振りを披露している。

世界に実力をアピールしてほしかったドゥラメンテだが、
これがすべてではないので、次回の巻き返しに期待したい。

同じ勝負服のリアルスティールは初の G I 制覇。
馬主にしてみれば、嬉しい反面、複雑な心境だったのでは…

すべての馬が完走できたことが、ファンにとっては何より。

【地方競馬】 かきつばた記念(Jpn3)徹底分析☆名古屋競馬予想はこちらから!

【東京競馬】 NHKマイルカップ展開はどうなる?レース展望はこちらから!

【京都競馬】 京都新聞杯(G2)ダービー最終便!制する馬は※極秘情報

【必見です】 NHKマイルC(G1)出走馬徹底分析!勝つのは●●●●しかいない!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

kawata_tuika24_960_720

ダービー卿チャレンジトロフィー2017結果|レース回顧/ロジチャリスが逃げ込む!

ダービー卿CTはロジチャリスが逃げ込む! 2017/4/1(土)開催 中山11R ダービー卿チ

記事を読む

ベストウォーリア1

【レース回顧】2015プロキオンS~ベストウォーリア

中京 プロキオンS・ベストウォーリア! 武蔵野S組、根岸S組、そして、フェブラリーS組

記事を読む

goldacter

【オールカマー2016レース回顧】ゴールドアクターが力で勝利!

オールカマーは力でゴールドアクターが制す! 優勝馬に秋の天皇賞への優先出走権が与えられる。

記事を読む

kawata_tuika24_960_720

福島牝馬ステークス2017結果/レース回顧|ウキヨノカゼが差し込む!

福島牝馬Sはウキヨノカゼが差しを決める! 2017/4/22(土)開催 福島牝馬ステークス(G

記事を読む

ミュゼエイリアン

【レース回顧】2015毎日杯(G3)~ミュゼエイリアン

毎日杯・ミュゼエイリアン! 持ち賞金 900万以上の馬は頼りない面々。 どんな闘いに

記事を読む