★2016高松宮記念(G1)追い切り★予想に役立つ注目馬情報!

公開日: : 最終更新日:2016/03/30 広告・おしらせ , ,

管理人です。
調教スタンド
高松宮記念へ向けた最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。
先日のエアロヴェロシティに続いてダンスディレクターが追い切り後に脚元の不安から
回避を発表したことは残念ですが、それだけG1ともなれば極限の馬体調整を求められる
ということを物語るということか。全馬メイチ勝負の中で光る動きを見せるのはどの馬か?

ミッキーアイル追い切り高松宮記念
ミッキーアイル
栗東坂路 49.7 36.2 24.1 12.3 一杯 併せ併入

時計も50秒を切ってきて動き自体もそのタイムながらに終いまでしっかり。
これをもって体調が悪いわけはないと断言できる絶好の追い切りを消化。
陣営から「状態はメチャクチャいい」とまでコメントが飛び出してはいるが
あながちリップサービスではないということを動きで表現した今回の追い切り。
状態面に不安なしとくればあとはやはりこの馬が最大限に力を発揮するには
展開面・枠順について外目から被されない位置が欲しいといったところか。

スノードラゴン追い切り
スノードラゴン
美浦坂路 53.4 39.5 25.7 12.4 G前追う 

長期休養明けのオーシャンSを3着。そこから中2週で高松宮記念を使うわけだが
反動を感じさせない動きで寧ろ休み明けを使って反応は抜群によくなっている。
坂路の時計自体は休み前と今回で目立って変わることはないのだが
何が違うかと言えばやはり仕掛けられてからの反応。
追い込み馬らしいというか、仕掛けられてからの加速が目立つ老いきりであった。
鞍上、大野騎手が中間は入念にこの馬に跨っておりまさに陣営一丸で
2つ目のG1タイトルを狙いにきている。そんな感じの出来にあるだろう。

アルビアーノ追い切り高松宮記念
アルビアーノ
美浦W 50.6 37.1 12.3 直線追う 併せ先着

1番人気に支持されたオーシャンSで前が詰まったこともあり敗退。
そこから巻き返しを狙うアルビアーノの最終追い切りは3頭併せの真ん中。
僚馬に挟まれつつもその間を割って抜け出すという稽古内容となった。
内容自体も悪くなく走れる状態にはあると見ていいだろう。
前走時に筋肉を傷めたということでノーザンファーム天栄に放牧に出たようだが
影響を感じさせない動きと言っていいだろう。
そのノーザンファーム天栄からの所謂「10日間競馬」で望む今回だが
果たして結果を残すことができるのかどうかは別の意味でも注目だろう。

3日間競馬明けの競馬開催になるということで全休日も火曜日に。
変則調教となっているだけに馬もリズムを崩せば思わぬ凡走もありえる
難しい開催週になると言えるであろうだけに、各馬の状態チェックはより一層
しっかりとチェックしておきたいものではある。

 

中京競馬場
今週末はドバイミーティングが開催されるということもあり、国内の有力関係者もドバイへ。
そんな中で開催される国内G1の高松宮記念ということにはなりますが、
やはりG1レースでもありますからしっかりと馬券は的中させたいものですね。
高松宮記念が終わればいよいよ桜花賞・皐月賞へ・・・ここで弾みをつけておきましょう!

それでは今週末も皆様に幸運の馬券が手にありますことをお祈りしております!

 

【春のG1】 高松宮記念(G1)大混戦の中から抜け出すのはこの馬しかいない◎

【中山競馬】 ダービー卿CT(G3)徹底攻略予想情報はコチラから!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

no image

【東海ステークス2017予想オッズ】グレンツェントVSアスカノロマン

管理人です。 いよいよフェブラリーSへ向けたステップレースが始まります。 今週末、中京競馬場

記事を読む

安田記念2016

★2016安田記念(G1)追い切り★予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 春のG1連続開催もいよいよファイナル。今年の安田記念はまさに少数精鋭。 モーリ

記事を読む

調教スタンド

★2016スプリングS(G2)追い切り★予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 皐月賞出走への残る3つの優先出走枠を巡っての熾烈なレースが予想される スプリン

記事を読む

函館競馬3

★2016函館スプリントS(G3)★1番人気モンドキャンノの真の実力は?

管理人です。 夏の函館最終週のメインを飾る函館2歳ステークスは JRAでの2016年初の2歳

記事を読む

京都競馬場4

【京阪杯2016予想オッズ】ネロをはじめ快速馬が集結!結末は?

管理人です。 ジャパンカップの後、京都の最終レースに組まれているのが京阪杯。 秋の京都競馬の

記事を読む