【2016高松宮記念(G1)】出走馬徹底分析[2]~スノードラゴン他

日  中京  高松宮記念・徹底分析!  2  
高松宮記念2016
※  ポイント
エイシンブルズアイ
☆ エイシンブルズアイ
前走のオーシャンSは見事な追い込みを決めているが、
4走前の1200m京阪杯は伸びずバテずの5着に終わっている。
オーシャンSは後ろからの競馬がよかったのか?嵌まっただけなのか?
左回りは1度しか経験がなく、斤量も僅かながら1k増える。
安易に飛びつくのはリスクが大きいと思うのだが…
サクラゴスペル
☆ サクラゴスペル
昨年の高松宮記念は8着、スプリンターズSが2着、香港スプリントは12着。
力はあるのだろうが、ムラ駆けでアテにならないのも事実。
今回は休み明けのぶっつけ本番、鞍上は勝浦騎手に替わる。
中京コースはこれまで4走して好走はなしの8歳馬。
この中で上位争いするには、よほど頑張らないと難しい。
サトノルパン1
☆ サトノルパン
京阪杯は勝ったが、シルクロードSはハンデの57.5kも応えてか6着。
G 3をアッサリ通過できないようでは、G I のカベは厚いと言わざるを得ない。
1200mは3戦2勝、中京コースは2着1回と悪くはないが、
G I メンバーは、持ち時計だけでは測れない強さが立ちはだかる。
それらを跳ね返すには、まだ力不足ではないだろうか。
スギノエンデバー
☆ スギノエンデバー
若い頃は終いの切れには破壊力があったが、今はそれも見られない。
それと、暑い時期に好走するイメージが強い。
久々とはいえ、前走の内容が平凡過ぎるのも気になるところ。
スノードラゴン
☆ スノードラゴン
スプリンターズSの勝ち馬。その後 脚部不安で1年3カ月の休養。
そして、3月のオーシャンSで戦線に復帰した。
普通なら “ 凡走 ” でもおかしくないのだが、そこが並の馬と違うところ。
10k増の緩さの残る体で3着に突っ込んできている。
本来なら、叩き2走目の変わり身に期待をかけるところだが、
長期休養明け好走のあとには、「 2走目のポカ 」が待っている。
中2週の競馬だけに微妙だが、そのケースは考えておかなければなるまい。
ダンスディレクター1
☆ ダンスディレクター
阪神Cから復帰しハナ差の2着、前走のシルクロードSは順当な勝利。
レースの取り口もそうだが、強靭な末脚に人気が集まっている。
中京は勝てないまでもCBC賞でウリウリの2着があり、
1200mは5戦して2勝、2着3回の連対率100%。1400mより実績がある。
ここで問題になるのは、浜中騎手ではなく横山典騎手に替わること。
レース巧者は疑う余地はないが、反面レースを諦めるのも早い。
レース後のコメントを残さないように、ファンのことは余り考えない騎手。
さて、どうしたものか…
※左前脚の歩様に違和感を覚えたので出走を回避
ティーハーフ
☆ ティーハーフ
この馬のセールスポイントは末脚。テンには置かれるが、終いは確実な馬。
中京の1200mで2着はあるが、その時はヤヤ重で時計を要している。
すなわち、好走条件は、全体の時計も上がりもかかる流れが理想ということ。
前走はここに向けての ひと叩きとしても、お粗末な内容だった。

【2016高松宮記念(G1)】出走馬徹底分析[1]~アルビアーノ他

3に続く…

【徹底攻略】 ※AJCC(G2)絶好調のメイチ勝負馬はこの馬←馬名公開中!

【自信勝負】 ☆東海ステークス(G2)狙うべき馬を教えます←これは必見です☆

【中山競馬】 有馬記念馬登場!今週の注目『AJCC(G2)』の注目予想情報はコチラ

【中京競馬】 ★東海S(G2)フェブラリーSの前哨戦を徹底予想★

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

no image

京成杯2017予想・馬券分析

京成杯2017:馬券分析 2017/1/15(日) 中山11R 京成杯(G3) 3歳オープン 2

記事を読む

risgrashyu

【アルテミスステークス2016レース回顧】リスグラシューが制覇!

東京 アルテミスSはリスグラシューが制覇! 2歳牝馬 1600m芝 G 3 戦。 多くの

記事を読む

free03

京都記念2017予想・馬券分析

京都記念2017:馬券分析 2017/2/12(日) 京都11R 京都記念(G2) 4歳

記事を読む

S__4595715

東海ステークス2018/出走予定馬短評と予想のポイント

東海ステークス/予想のポイント 2018/1/21(日) 中京11R 東海(G2) 4歳オー

記事を読む

race

鳴尾記念2017予想/1週前出走予定馬の動向をチェック!

2017年6月3日の阪神は鳴尾記念です! 2017/6/3(土) 阪神11R 鳴尾記念(G3)

記事を読む