中山牝馬S!

公開日: : 過去の記事

こちらは牝馬でも古馬の闘い。
差し迫った目標レースはないが、
先々のために着実に賞金を加算しておきたい馬が集結。
これまでの配当が示す通り波乱は必至の様相。
馬券的には面白い一戦になりそう。

※  アグネスワルツ  55k
距離は1600m、1800mがベストで理想は単騎逃げ。
大丈夫に見えても好位からでは持ち味は発揮できず。
メンバーには先行脚質馬が多く安心はできない。

※  アロマティコ  55k
終い切れる脚は使えるが、展開に左右される。
前走も良く伸びているが直線が短かった。
今回はトリッキーな中山コースだけに、
よほど展開が嵌ってくれないと、そんな感じがする。

※  エクセラントカーヴ  55.5k
4連勝目の重賞戦を勝ったが骨折が判明し休養。
幸いにも大事には至らず半年で復帰。
馬体を見る限りではブランクは感じさせない。
実力上位は明らかでハンデも苦にはならない。
要は “ レース勘 ” が戻っているかどうかでは。

※  エバーブロッサム  55k
リフレッシュして5カ月振りの復帰。
オークス2着で当該距離フラワーCもハナ差2着がある。
中山コースとの相性はよく1800mも守備範囲。
ただ、他力本願タイプで前崩れの展開が条件になる。

※  キャトルフィーユ  52k
条件馬の身で愛知杯2着。賞金を加算してオープン入り。
その分ハンデが1k増えて52kになったが、
なんら軽量には変わりなし。
それよりも決め手がない方が気にかかる。
勝ち負けまでは厳しい感じがする。

※  ケイアイエレガント  53k
大幅な馬体増で勝利しオープン入り。
前回同様のハンデとなる。
良績はマイル戦に集中しており1800mは微妙。
加えて、今回は強力な同型が数いる。
ここは静観して次走からの対応を考えたい。

※  サクラプレジール  53k
昨年の同時期はフラワーCを制しているが、
休み明けの前走が大敗しているのがいただけない。
馬体も14k減だったし、今回の一変は望み薄。

※  ノーブルジュエリー  55k
6歳馬ながら目下充実一途の感。
休み明けから復帰したここ2戦がそれを証明している。
今回は1k増の55kのハンデより
未知の世界になる1800mがどう出るかでは?
勿論、初コースになる中山の気になるが…
期待と不安が交錯して結論を出すのが難しい。

※  フーラブライト  53k
愛知杯を含む3連勝。その後の日経新春杯3着も立派。
もう誰もフロックとは呼ばせないとばかりの充実振り。
今回の課題点は53kのハンデより1800mの距離では。
スタミナには自信があってもスピード競馬は??
無理な脚を使わず追走ができるといいが…

逃げ切りあり!追い込みあり!と
傾向が定まらないレースだけに、
一歩下がって冷静な分析が肝要かと…

【大井競馬】 ※TCK女王盃(Jpn3)徹底分析予想はこちらから

【波乱重賞】 シルクロードS(G3)京都競馬徹底攻略予想!←絶賛公開中

【東京開幕】 砂の強豪終結!今週の注目『根岸S(G3)』の注目予想情報はコチラ

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

catch

フローラS!

フローラS! オークストライアルで上位3頭に優先出走権。 持ち賞金1000万以上の馬は3頭だけ。

記事を読む

catch

京都6R新馬戦パドック

京都6R新馬戦パドック ※ レース傾向ー 実力発揮の互角 馬番 評価 寸評 1×まだ実が

記事を読む

catch

京都3R新馬戦パドック

京都3R新馬戦パドック ※ レース傾向ー ドングリの闘い? 馬番 評価 寸評 1△なかな

記事を読む

catch

アメリカJCC・クリールカイザー

アメリカJCC・ クリールカイザー! 例年と違うのは G I 馬が参戦すること。 ゴールドシップ

記事を読む

catch

京都3R新馬パドック

京都3Rパドック ※  レース傾向ー 抜けた存在はないが 馬番  評価 &n

記事を読む