★2016桜花賞(S1)★浦和競馬を徹底予想!

公開日: : 最終更新日:2016/03/27 広告・おしらせ , ,

管理人です。
桜花賞S1
いよいよ南関東競馬では春のクラシックシーズンの開幕。
桜花賞が浦和競馬場で開催されます。近年益々レベルがあがってきている南関東所属馬ですが、
今年の牝馬1冠目を制するのは果たしてどの馬となるのでしょうか?

浦和1600m
まず予想する上で注意したいのが浦和1600mというコースの特異性である。
全国でも珍しいコーナーの中間にスタート地点があるという設定。
当然のことながら内枠が断然有利となり外枠を引くと絶望的とまで言われる。
それだけに今年の桜花賞に際しても枠順も予想するにあたっておおいに考慮すべき
点であると言えるのではないでしょうか。

モダンウーマン
一番の注目はモダンウーマンでしょう。
暮れの東京2歳優駿牝馬を勝利し、休養明けの前走ユングフラウ賞も快勝。
門別デビューから9戦6勝2着3回と連対率100%を誇り安定味抜群。
ここも3枠と絶好の枠を引けただけに運も味方しているというもの。
ここ2戦はハナに行かずとも結果を残しているだけに展開不問。
今回もスタートさえ決めればまず大崩は考え難いか。

リンダリンダ
相手探しの一戦となりそうなその相手筆頭となりそうなのがリンダリンダだろう。
ここ2戦、東京2歳優駿牝馬・ユングフラウ賞ともにモダンウーマンに完敗しているが
それでもこのメンバーに入ればその実績は高く評価できるというもの。
常に大崩れなく走ってくる堅実味を評価すればここでもチェックしておきたい1頭。
外目の枠を引いてしまっただけに真島騎手がいかにロスなく導くかが
浮沈の鍵を握っているといってもいいだろう。

スアデラ
上記2頭はともに門別からの転厩馬。ともなれば南関東の生え抜きは
意地を見せたいところだがそこでの注目はスアデラか。
東京2歳優駿牝馬4着以来の出走とはなるがこの馬の場合、所有しているのは社台。
育成でじっくり仕上げてから厩舎に戻していることだろうし
いきなりから激走あってもおかしくない。この休養期間での成長如何といった
ところではあろうが、休み明けだからといって軽視することは禁物だろう。

後は内の絶好枠を引けたタケショウメーカーオウラカンプの陣営あたりは
今頃、一発を狙っての秘策など検討しているかもしれないが、
どちらにせよ、今年の桜花賞はモダンウーマン中心の馬券検討が賢明か。
只、モダンウーマンを狙うならばオッズ的にも相手はかなり絞って
馬券を組み立てる必要があることにもなる。
では相手はどの馬に絞ればいいのか?そこがなかなかに難しい一戦か。

 

浦和競馬1
中央競馬も地方競馬もこれからは大レースが次々と発走となり
目の離せないこと間違いなしといったところ。
そんな中でも地方競馬において注目を集める南関東競馬のクラシック戦線。
これは言うまでもなく競馬ファンならばチェックしておかなければならない一戦だろう。

桜花賞は浦和競馬場で3/23(水)に開催される。
近くにお住まいの方は競馬場でライブを
そうではない方はインターネットで生中継を。
それぞれの形で今年の桜花賞を楽しんでいただきたいものである。

 

 

 

【特別公開】 弥生賞(G2)狙うはカデナかそれとも!?特注馬公開はコチラ!

【徹底予想】 チューリップ賞(G3)女王ソウルスターリングの死角とは!?

【極秘情報】 オーシャンS(G3)で高額馬券を的中したい方専用の入口です

【川崎競馬】 エンプレス杯(Jpn2)徹底攻略予想情報はコチラから!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

東京競馬場ダート

★2016ユニコーンS(G3)★予想オッズ大混戦ムード!抜け出すのは?

管理人です。 宝塚記念を来週に控える中央競馬。今週のメインはユニコーンステークス。 3歳馬に

記事を読む

京都競馬場4

【マイルチャンピオンシップ2016予想オッズ】1番人気はサトノアラジンだが…

管理人です。 国内マイル王決定戦、マイルCSの発走をいよいよ週末に控えます。 昨年は

記事を読む

no image

【京都金杯2017 予想 オッズ】エアスピネルがマイルで本領発揮!?

管理人です。 京都競馬場の2017年の幕開けを告げる京都金杯の発走が近づいてきました。 今年

記事を読む

free06

【共同通信杯2017追い切り】予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 共同通信杯2017/追い切り注目馬 共同通信杯へ向けた最終追い切りが美浦・

記事を読む

調教風景

【京阪杯2016追い切り】予想に役立つ注目馬情報!

管理人です。 京阪杯の最終追い切りが美浦・栗東トレセンで実施されました。ジャパンカップの後に行

記事を読む