【2016フラワーカップ(G3)】出走馬短評と予想のポイント

公開日: : 最終更新日:2016/03/18 重賞展望 , ,

月  中山  フラワーカップ!
中山競馬場
どちらかと言えば、オークスに照準を合わせた面々。
距離は違うが、感触は掴んでおきたい。
そんな台所事情が浮かんでくる。

※  ポイント

☆ アオイサンシャイン
休み明け26k増で初勝利。まだ3着以下はない。
ここは大事な一戦であり、試金石の一戦でもある。

☆ エンジェルフェイス
デビューから1800mの距離で3着、2着、1着の成績。
走る毎に時計を短縮しており、その内容にも良化が窺える。
馬格はあり中山の坂は問題ないはずで、圏内争いに。

☆ ゲッカコウ
前走が今回と同じ 中山の1800mで2勝目を挙げている。
前半は後方に位置し、3角では先頭に立っての押し切り。
荒削りのレースだが、能力を秘めていることは確か。
デビュー時が434k、前走が450kと、馬体増の傾向は心強い。

☆ フェイズベロシティ
戸崎騎手が乗り続け、前走で初勝利も挙げている。
右回りは初めてで、今回は昇級戦、いや重賞挑戦にもなる。
その走りをジックリ見てみたい。

☆ ペルソナリテ
デビューから連勝しているが、その後の3戦が尻下がりの成績。
確かに相手は揃っていたが、それにしてもガッカリ…
今回は初の中山コースで、距離も1ハロン延びるので、
どんな結果を出せるのかでこの先が決まる。

☆ ラブリーアモン
1勝馬だが戦歴は優秀。ここ2戦が重賞で6着、4着はここでは胸が張れる。
距離、コースは不問だけに、チャンスは十分あるはず。

☆ ラルク
初戦の内容にインパクトがあり、大きな期待をかけられたシンザン記念が13着。
その後、自己条件に戻して2勝目を目論んだが、目立つことなく6着。
まだまだ捨て難いが、ここで巻き返すことができるのか?
初めてのコース、初めての距離に変わり身を求めたいが…

☆ ルフォール
休み明けの前走が10k減の大幅な体重変動。しかも結果は平凡。
血統はいいが、今回の上積みは大きくはないだろう。

2勝馬は2頭だけ、レベルは高くなく、1勝馬にチャンスはある。

【特別公開】 弥生賞(G2)狙うはカデナかそれとも!?特注馬公開はコチラ!

【徹底予想】 チューリップ賞(G3)女王ソウルスターリングの死角とは!?

【極秘情報】 オーシャンS(G3)で高額馬券を的中したい方専用の入口です

【川崎競馬】 エンプレス杯(Jpn2)徹底攻略予想情報はコチラから!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

東京競馬場3

【2/13(土)東京11R クイーンカップ(G3)】馬券分析・予想

土  東京  クイーンC・馬券分析! 桜花賞に続く道。コースこそ違うが、距離は同じ1600m。

記事を読む

デンコウアンジュ

【レース回顧】2015アルテミスステークス(G3)~伏兵デンコウアンジュが優勝

東京 アルテミスは伏兵デンコウアンジュが優勝! “ 競馬に絶対はない!” と言われるが

記事を読む

2015sentoraitokinen

【2016 セントライト記念(G2)】出走馬短評と予想のポイント

日 中山 セントライト記念! 菊花賞を目指す馬の前哨戦、2200m芝のレース。 上

記事を読む

阪神競馬

【3/13(日)阪神11Rフィリーズレビュー(G2)】馬券分析・予想

日  阪神  フィリーズレビュー・馬券分析! 桜花賞の前の大事な一戦。できれば3着以内に入りた

記事を読む

中山競馬場4

【2016オーシャンステークス(G3)】1週前出走馬動向をチェック!

3月5日の中山はオーシャンS! 3月末の高松宮記念前哨戦とも言えるオーシャンS 1200m 

記事を読む