【レース回顧】2016中山牝馬ステークス(G3)~シュンボルドンが重賞初制覇!

中山牝馬Sはシュンドルボンが重賞初制覇!

シュンドルボン中山牝馬S

ファンがルージュバックの復活を望んだことは人気からも よく分かる。

馬体も気合いも申し分なかったルージュバックだが、
シュンドルボンにマークされ、ゴール前で力尽きてしまった。
4角では外から前に迫り、勝ちパターンお競馬はしているのだが…

相手を1頭に絞った競馬をして、見事モノにしたシュンボルドン。
初めて重賞を制覇している。勝ち時計は1分50秒3。
吉田豊騎手の好騎乗と誉めてもいいだろう。

3着争いは横一線となり、メイショウスザンナが入り、3連単は波乱に。

 

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

sekiyakinenn

【レース回顧】2016関屋記念(G3)~ヤングマンパワーが優勝!

関屋記念は4歳馬ヤングマンパワーが優勝! 終わってみれば4歳馬のワンツー決着。 ヤングマンパ

記事を読む

アルバート1

【レース回顧】2015ステイヤーズステークス(G2)~アルバートの快勝!

中山 ステイヤーズSはアルバートの快勝! スタミナと道中の折り合いがカギになる長丁場。

記事を読む

ミュゼエイリアン

【レース回顧】2015毎日杯(G3)~ミュゼエイリアン

毎日杯・ミュゼエイリアン! 持ち賞金 900万以上の馬は頼りない面々。 どんな闘いに

記事を読む

free17

【ダイヤモンドステークス2017結果/レース回顧】アルバートの貫禄勝ち!

☆ ダイヤモンドSはアルバートの貫禄勝ち! 2017/2/18(土)開催 東京11R ダイヤモ

記事を読む

ノンコノユメ2

【レース回顧】2015武蔵野ステークス(G3)~ノンコノユメが決める!

東京 武蔵野Sはノンコノユメが決める! レベルの高さから、注目は3歳馬に集まった。

記事を読む