【3/13(日)阪神11Rフィリーズレビュー(G2)】馬券分析・予想

公開日: : 最終更新日:2016/03/13 重賞展望 ,

日  阪神  フィリーズレビュー・馬券分析!
阪神競馬
桜花賞の前の大事な一戦。できれば3着以内に入りたい各馬。
しかし、本番は強い馬が待っているので、ここを目標の馬も…

※  展開はどうなる?

距離的なものもあるが、先行脚質がズラリ。発馬次第で位置が決まる。
少なくとも、内回りの1400mでは、ペースが速くなるので、逃げ切りは難しい。
決めてある差し馬が馬群を割って伸びてくるはず…

※  ここまでの結論!

◎  09  アットザシーサイド
前走の阪神JF は前での決着になり、しっかり追い込んだが5着まで。
それまでの2戦は1400mで、共に最速の脚を使って連勝している。
捌きひとつだが、スムーズなら決めることができる。
福永騎手が性根を入れて乗れば。

◯  16  ナリタバローズ
1勝馬だが、休み明けの前走が12k増の体で0.1秒差の2着。
ひと叩きした効果は大きく、好位から競馬ができる脚質も魅力。
何よりも、デムーロ騎手がこの馬を把握していること。

▲  07  キャンディバローズ
ファンタジーS の勝ち馬だが、続く阪神JF が10k減での出走。
休ませて馬体回復を図り、リフレッシュもしての登場。
小柄な馬だけに使い込みはできないので、一戦一戦が勝負態勢。
当日の馬体は必ずチェックしてほしい。

△  11  リルティングインク
新馬勝ちの時計は遅いが、未知の魅力を秘めているのも確か。
案外やれるかもしれないし、惨敗するかもしれない…
常識的には苦しいが、一応 気配をチェックして評価を決めたい。

×  13  ウインミレーユ
2勝馬だが、勝った時の内容にインパクトはなかった。
スンナリ前につけ、平均的な流れが理想。今回はそうはならない。

×  17  カトルラポール
ここまで12戦とキャリアは豊富だが、重賞戦の経験がない。
今回はこれまでとメンバーが違うので、揉まれ込むと…

×  14  クードラパン
阪神JF はサッパリ、前走も先行して粘ることができず。
物足りなさが残り、強く推すことはできないが、気になる馬。

×  02  ソルヴェイグ
1勝クラスでも崩れなく走っているが、今回は更に相手が強くなるので。

×  10  ソーディヴァイン
初芝になり、これまでと道中のスピードが違う。
流れに乗ることで脚を使い、更に終いひと伸びが利くかどうかは疑問。

×  03  ダイアナヘイロー
エルフィンSの2着もそうだが、新馬勝ちでの時計も遅い。
今回は1400mで、かなりのスピードが要求されそうなだけに。

×  05  ボーダレス
休み明けもあるが、この馬に1400mは1ハロン長い。

×  18  メイショウスイヅキ
1400mはベスト距離と思われるが、問題はコース形体。
中山戦でも、前走の阪神戦でも終い止まっていた。
直線の坂に問題があるのでは…

×  12  ワンダフルラッシュ
ここ2走から、どうやら1200mがベスト距離の感じが強い。
同型も多く、自分の形で競馬ができるといいが…

【必見情報】 ※神戸新聞杯(G2)レイデオロを負かし得る絶好の仕上げの注目馬が気になる方はクリック

【状態絶好】 オールカマー(G2)で狙うべき状態絶好の馬はこの馬!←馬名公開中

【阪神競馬】 ダービー馬登場!今週の注目『神戸新聞杯(G2)』の出走馬情報

【中山競馬】 ★オールカマー(G2)秋の主役へ名乗りを挙げる注目出走馬情報★

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

erizabesu2015

エリザベス女王杯2016予想・馬券分析

2016/11/13(日)京都11R エリザベス女王杯・馬券分析! エリザベス女王杯 3歳以上

記事を読む

asahihaiFS

朝日杯フューチュリティステークス2016出走馬徹底分析[1]~アシャカリアン他

日 阪神 朝日杯フューチュリティステークス! 1 2歳 朝日杯 FS 1600m芝 G I 馬

記事を読む

阪神競馬場

【4/9(土)阪神11R阪神牝馬ステークス(G2)】馬券分析・予想

土  阪神  阪神牝馬S・馬券分析! 1着馬にヴィクトリアMへの優先出走権が与えられる。 こ

記事を読む

桜花賞2016-2

【2016桜花賞(G1)】出走馬徹底分析[3] ソルヴェイグ他

日  阪神  桜花賞・徹底分析!   3 桜花賞のフルゲートは18頭で、トライアル戦、賞金面か

記事を読む

kawata_tuika14_960_720

京王杯スプリングカップ2017予想/馬券分析

京王杯スプリングカップ/馬券分析 2017/5/13(土) 東京11R 京王杯スプリングカップ

記事を読む