【レース回顧】2016中日新聞杯(G3)~サトノノブレスが混戦を断つ!

公開日: : 最終更新日:2016/07/25 重賞回顧 ,

中日新聞杯はサトノノブレスが混戦を断つ!

サトノノブレス中日新聞杯

人気は割れて、横一線の波乱ムードだったが、
58kを背負ったサトノノブレスは好位外から抜け出し。
勝ち時計は2分01秒3、上がりは46.9-34.9での決着。

ロンギングダンサーがハナに立ち、2番手がヤマニンポワラクテ。
1000mの通過タイムは1分02秒1と遅く、前有利の展開。

絶好位から競馬をした戸崎騎手のファントムライトだが、
最後は決め脚の差が出てしまい、2着をキープするのがやっと。

3着は武豊騎手のレコンダイト。
この日に2勝を挙げている武豊騎手の騎乗は冴えていた。
前残りの展開を考えれば、鋭い伸び脚とも言える。

2番手からの競馬になったヤマニンポワラクテだが、
着差が着差だけに、藤懸騎手はよく乗った4着と思う。

クルーガーはスタートで外にヨレ加減だったし、
条件を勝ち上がっての人気にはビックリさせられた。
確かに、馬の状態はよく見えたが…

ヒストリカルは腹回りに余裕が窺えた…

アルバートドックのデキは良かったが、松若騎手は経験不足で。

ブライトエンブレムの馬体の張りはひと息だった。

中山牝馬Sよりこちらを選んだバウンスシャッセ。
馬体は前走より絞れて上向き加減だったが、惜しい直線の不利。
抜け出す勢いはあったが、インを突いてしまい一旦ブレーキ。
それが競馬なのだが…

今年も6歳馬が強さを誇示している…

【直前情報】 これは買い【優駿牝馬オークス(G1)】この馬は必ず買ってください。

【東京G1】 東京優駿 日本ダービー(G1)今週狙いの注目馬はこの馬!←絶賛公開中

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

キャンディーバローズ

【レース回顧】2015ファンタジーステークス(G3)~キャンディバローズが制覇!

京都 ファンタジーSはキャンディバローズが制覇! 2歳牝馬の闘いは、暮れから来春にかけ

記事を読む

シングウィズジョイ1

【レース回顧】2015ターコイズS~シングウィズジョイが優勝!

中山 第1回 ターコイズSはシングウィズジョイが優勝! 牝馬による、記念すべき 第 1

記事を読む

taganotonele

【武蔵野ステークス2016レース回顧】タガノトネールがレコード勝ち!

武蔵野Sはタガノトネールがレコード勝ち! 武蔵野S 1600m G 3 別定戦 重馬場

記事を読む

kawata_tuika24_960_720

シルクロードステークス2018結果/レース回顧|ファインニードルの快勝!

今年のシルクロードSはファインニードルが抜け出す! 2018/1/28(日)開催 京都11R

記事を読む

kawata_tuika24_960_720

日経賞2018結果/レース回顧|ガンコが初重賞制覇を果たす

中山 日経賞はガンコが初重賞制覇! 2018/3/24(土)開催 中山11R 日経賞(G2)

記事を読む