【レース回顧】2016弥生賞(G2)~豪快にマカヒキが決める!

公開日: : 重賞回顧 ,

中山 弥生賞は豪快にマカヒキが決める!

マカヒキ弥生賞

頭数こそ少ないが、レベルの高さは話題に上がるほど。
今年の弥生賞は昨年以上の盛り上がりを見せた。
12頭中、関西馬は7頭。上位人気も関西馬が独占。
馬券を離れても注目したい一戦だった。

ケンホファヴァルトが押して押してハナに立ち飛ばして行く。
2番手がシャララで、向こう流しでは早くもタテ長に。
1000m通過が59秒5、トライアルとは思えない流れ。

リオンディーズは若干掛かり気味の4番手、
それをピッタリマークするエアスピネル。
後方からはマカヒキがジックリ構えての追走。

4角では、持ったままでリオンディーズが先頭に並びかける。
それに遅れまじと追いかけるエアスピネル。
前の様子を見ながらマカヒキが仕掛けに入る。

逃げ込みを図るリオンディーズの脚色は衰えていないが、
2番手に上がったエアスピネルはもう余力がない。
そして、後ろから一完歩、一完歩マカヒキが迫ってくる。

ゴール前でアッサリ捉えたマカヒキの強さは圧巻。
勝ち時計は1分59秒9、上がりは47.6-35.1の決着だった。
これで3戦3勝、堂々と胸を張って皐月賞に臨める。
前走で減った馬体は維持して、細い感じはなかったし、
ムキになることなく追走できるのは大きい。
サトノダイヤモンド、マカヒキと、ルメール騎手は体が二つほしいだろう。

2着リオンディーズは馬体にムダがなく、ドッシリ構えていたが、
レースに入ると、行きたがる素振りを見せていた。
無理はしていないし、脚色も鈍っていないが、それ以上の馬がいた。
皐月賞を勝つためには、もう少し抜いた競馬ができるといいのだが…
しかし、悲観する差ではなく、作戦次第では逆転は可能のはず。

3着のエアスピネルは距離にカベがあるのかも…
まぁ、前の2頭には現時点では力の差がありそうだが。
そして、この馬に2000mは長い感じもする。
路線をNHKマイルに変更してもいいのでは??

いよいよ中山の G I に各馬が集結してくる。
実にワクワクする…

【徹底分析】 阪神JF(G1)予想を的中させる鉄板買い目が知りたければクリック!

【必見情報】 チャレンジC(G3)徹底分析済みの無料3連単予想公開はコチラ☆

【カペラS】 荒れる中山競馬で当たる予想を知りたい方はコチラよりご確認ください

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

ゴールドアクター2

【レース回顧】2015有馬記念(G1)~ゴールドアクターが締める!

締めの有馬記念はゴールドアクターで! 危ない人気馬が揃い?波乱と読んだ今年の有馬記念。

記事を読む

m_01

【アルゼンチン共和国杯2016レース回顧】シュヴァルグランの貫禄勝ち!

アルゼンチン共和国杯はシュヴァルグランの貫禄勝ち! アルゼンチン共和国杯 2500m芝 G 2

記事を読む

ハートレー

【レース回顧】2015ホープフルステークス(G2)~新星ハートレーが勝利!

中山ホ ープフルSは新星ハートレーが制覇。 2連勝のバティスティーニ、ロードクエストが

記事を読む

レインボーラインアーリントンカップ

【レース回顧】2016アーリントンカップ(G3)~デムーロ騎乗のレインボーライン!

阪神 アーリントンCはレインボーラインが混戦を断つ! 見応えある直線の叩き合い。ゴール

記事を読む

キタサンブラック天皇賞春

【レース回顧】2016天皇賞(春)~キタサンブラックの逃げ切り!

春の天皇賞はキタサンブラック逃げ切り! 1番人気が不振の春の天皇賞。 今年の1番人気

記事を読む