【3/5(土)阪神11R チューリップ賞(G3)】馬券分析・予想

公開日: : 最終更新日:2016/03/05 重賞展望 ,

土  阪神  チューリップ賞・馬券分析!
阪神競馬場2
上位3頭に桜花賞の優先出走権が与えられる。
これまでの傾向からすると、
持ち賞金が1000万以上持っていないと、桜花賞出走はままならない。
持ち賞金が1000万以上の馬は6頭いるが、
混戦メンバーで、馬券は難解を極めている。

※  展開はどうなる?

前で競馬する馬は多いが、3着以内を考慮して乗るので、
隊列が決まれば、前半で流れは落ち着き、4角まではスムーズ。
それでも差し有利は動かし難く、先行馬には苦しい流れに。
決め手ある追い込み馬の進出は十分に考えられる。

※  ここまでの結論!

◎  08  エルビッシュ
未勝利、500万戦を連勝。それまでは勝てないまでも3着以下はない。
持ち賞金は900万で、このままでは桜花賞に出走できない。
それだけに、ここは悪くて3着以内、できれば勝ち負けしたい。
その意気込みを買っての抜擢!

◯  11  シンハライト
新馬戦、オープン特別を連勝。センスある競馬には魅力を感じる。
阪神コースは初めてだが、小柄ながらパワーあるので大丈夫。
本番に向けてのひと叩きでも、普通に競馬をすれば結果はついてくる。

▲  09  ジュエラー
ワンカラットの妹で、初戦は秋山騎手が自信を持っていた。
2戦目はシンザン記念にデムーロ騎手で挑戦しクビ差の2着。
賞金は加算しているが、1150万は微妙な立場で安心はできない。
今回はジックリ構えて3着以内を狙っての競馬になるだろう。

△  16  レッドアヴァンセ
兄は活躍した馬ばかりで、血統的なバックボーンは備わっている。
2着が続いた後、2連勝して本番出走を確定的なモノにしている。
ここまでのマイル走破時計は並で速くはない。
その点で少し評価を下げた。

△  10  ブランボヌール
休養明け、賞金は持っているので、ここはひと叩きの場であることは確実。
しかし、重賞勝ちがない岩田騎手にその融通性はない。
上を上を目指して競馬をするだろう。陣営は余裕残しの仕上げだが…

×  03  ヴィブロス
未勝利を勝ち上がったばかりで、キャリア不足でもある。
うまく3着が獲れるといいが…

×  12  ウインファビラス
阪神JF 2着の成績は立派だが、ここは本番前のひと叩きでメイチの仕上げではない。
前走で減った12kの馬体にも配慮しながら調整してきている。

×  13  カイザーバル
前走の敗因は道悪だろうが、未だ1勝馬の身で、ここは3着狙いの競馬に。

×  15  クロコスミア
前走を見る限りでは、器用さと切れが物足りない。

×  02  デンコウアンジュ
メジャーエンブレムを負かした功績は大きいが、前走が不満残りの7着。
なまじ前で競馬をすると、終いの脚を失くしてしまうようだ。
今回はそのあたりを課題にして競馬をするはず。

×  07  ラベンダーヴァレイ
小柄な牝馬で前走が16k減の馬体だった。
休ませて馬体は回復しているだろうが、前走の内容では…
引き続き戸崎騎手が乗るのが、不思議に思うのだが?

【状態絶好】 札幌記念(G2)で狙うべき状態絶好の馬から勝負!←予想公開中

【札幌競馬】 夏競馬頂上決戦!今週の注目は『札幌記念(GⅡ)』徹底攻略情報

【門別競馬】 ブリーダーズGC(Jpn3)真夏のダート女王決定戦!予想公開中

【小倉競馬】 ★北九州記念(G3)荒れるハンデ重賞を制するのはこの馬・・・(必見です)

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

ハクサンムーン

【2015スプリンターズS】出走馬徹底分析[3] ~ハクサンムーンなど

中山 スプリンターズS 3 ※ ハクサンムーン 6歳牡馬 テンションが高くなるので、休み

記事を読む

kawata_tuika14_960_720

高松宮記念2017出走予定馬徹底分析[1]~シュウジ他

高松宮記念2017徹底分析! 2017/3/26(日) 中京11R 高松宮記念(G1)

記事を読む

ヒットザターゲット

【2015小倉大賞典(G3)】レース展望と注目馬

西・小倉大賞典! 登録馬は39頭、その中の16頭での闘いになる。 一長一短メンバーで

記事を読む

2015japanC

ジャパンカップ2016出走馬徹底分析[1]~アルバート他

2016/11/27(日)開催 ジャパンカップ・徹底分析! [1] 第36回ジャパンC

記事を読む

安田記念

【2016安田記念(G1)】出走馬徹底分析[3]モーリス他

日  東京  安田記念・ 徹底分析!  3 いよいよ春のGIレースも大詰め。 安田記念160

記事を読む