【2016オーシャンステークス(G3)】出走馬短評と予想のポイント

公開日: : 最終更新日:2016/03/03 重賞展望 , ,

土  中山  オーシャン ステークス!
中山競馬場2
この先には G I 高松宮記念が控えている大事な一戦。
ここをひと叩きにする馬、勝ち負けして賞金を加算したい馬。
そのあたりを しっかり把握する必要がありそう…

※  ポイント

☆ アルビアーノ
デビューから3連勝し、スワンSを勝ち、マイルCSが5着。
先行脚質から見事に脱皮して、脚質に幅が出てきたのは大きな武器に。
ここに入れば力上位は明白で、1200mなら馬ナリの追走が可能。
ルメール騎手を起用し、実力馬として無様な競馬はできないだろう。

☆ エイシンブルズアイ
前走2着は1600mのオープン特別、3走前の京阪杯は5着の成績。
重賞の1200mで勝ち負けするには、まだ実力不足の感じがする。

☆ カハラビスティー
前走は先行して勝利を収めているが、2走前は先を越され惨敗。
行けないとモロく、展開に左右される傾向が強い。
中山の1200mはピッタリの条件だが、今回はメンバーが強力だけに。

☆ ゴールドペガサス
大崩れなくまとめているが、ワンパンチ不足は否めない。
福島の1200mで3勝しているように、小回りの直線平坦が合っている。
中山で勝ってはいるが、相手も強く期待まではどうか。

☆ スカイキューティー
1000万と1600万条件の中山1200mを連勝した勢いは認めるが、
昇級の重賞メンバーで即 通用するほど現実は甘くない。
ハンデ戦ならともかく、ここは別定戦でもあるので。

☆ スノードラゴン
2014年の高松宮記念 2着、秋のスプリンターズSが1着の実力馬だが、
今回はブランクが長く、目標は次の高松宮記念だけに、
ここは様子見のひと叩きと考えて間違いはないだろう。

☆ ネロ
前走の G 3戦は予想外の9着に終わっている。
そこには大きなカベが立ちはだかっているのかも?
今回は実績ある中山コースに戻り、斤量も1k軽くなる。
変わり身を求めるなら そのあたりでは…

☆ ハクサンムーン
昨年のスプリンターズS 12着 以来のレースになる。
オーシャンSから高松宮記念のローテーションはいつも通りのパターン。
馬場入りしてクルクル回って、返し馬に散るのは名物にもなっている。
久々は動かない傾向にあるが、今年のメンバーなら上位争いは十分。
軽視はできなだろうし、前半で無理脚を使わずハナを切れれば…

☆ ワキノブレイブ
シルクロードSで3着、3走前中山1200mでは2着がある。
昨年のオーシャンSは5着だったが、当時よりもデキは充実しており、
安易に足りないと見るのは危険が大き過ぎる。
前が速くなれば、上位突っ込みを考えておかなければならない。

アルビアーノがどんな競馬をするかが焦点になるだろう。

【徹底予想】 中山記念(G2)出走馬徹底分析!予想公開はコチラ!

【極秘情報】 阪急杯(G3)シュウジを負かすならばこの馬しかいない←馬名公開中

【注目予想】 こじはるもビックリのアーリントンC(G3)注目予想はコチラ!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

kyoto_keiba

【京都大賞典2016】1週前出走馬動向をチェック!

10月10日の京都大賞典にキタサンブラックが登場! 京都大賞典 2400m芝 G2 別

記事を読む

札幌競馬場1

【2016クイーンステークス(G3)】出走馬短評と予想のポイント

日  札幌  クイーンS!   1番人気が安定した上位争いを演じている傾向にあるが、 逃げ馬

記事を読む

ルージュバック

【2015札幌記念(G2)】1週前出走予定馬動向をチェック!

来週 札幌は札幌記念! ハープスター、ゴールドシップが盛り上げた昨年から早や一年。

記事を読む

阪神競馬場2

【2016アーリントンカップ(G3)】1週前出走馬動向をチェック!

2月27日の阪神はアーリントンCです! アーリントンC 3歳 G3 1600m芝の闘い

記事を読む

スティーグリッツ

【2015菊花賞(G1)】出走馬徹底分析[2]~ブライトエンブレム他

京都 第76回 菊花賞! 2 ※ スティーグリッツ 長丁場での連勝は、3000mの菊花賞

記事を読む