★2016弥生賞(G2)★予想オッズはリオンディーズ・エアスピネル・マカヒキの3強ムードだが・・・

公開日: : 最終更新日:2016/03/06 広告・おしらせ , , ,

管理人です。
中山競馬場
いよいよクラシック3冠初戦の皐月賞へ向けたトライアルレースが始まります。
弥生賞には評判馬が集い、この一戦で皐月賞へ向けた勢力図も見えてくる。
それだけに各馬の力をしっかりと見極めておきたいところではあります。
この弥生賞、今年は3強といわれる評判が3頭出走してきますが、
果たして予想オッズ通りの3強の決着となるのでしょうか。

リオンディーズ1
まずはなんといっても2歳チャンピオンのリオンディーズでしょう。
朝日杯FSでは目の覚める末脚でエアスピネルを交わして優勝。
これがキャリア2戦目の馬であるというだけに驚いたファンも多かったでしょうが
皐月賞へ向けての年明け初戦を弥生賞に設定。順調に乗り込まれてきています。
鞍上は目下騎乗機会重賞5連勝中のMデムーロ騎手となればその期待は更に高まるか。
共同通信杯でハートレーやスマートオーディンといった有力馬総崩れとなり
混沌としている今年のクラシック戦線で頭一つ抜ける存在となるのかどうか注目です。

エアスピネル1
リオンディーズに待ったをかけたいのがエアスピネル
朝日杯FSでは最後の最後に差されての2着という悔しい結果とはなりましたが、
まだ直接対決は1回だけで決着がついたとは言い難いのも確かでしょう。
前につけることのできる器用さは中山コースでは武器にもなるでしょうし
リオンディーズが後方待機の策をとったのならばチャンスは転がり込むかもしれません。
鞍上、武豊騎手とてこの馬にはクラシックの手応えを掴んでいるだけに
ここはなんとしても結果が欲しい一戦となるのではないでしょうか。

マカヒキ1
この朝日杯FSの1.2着馬に割って入ると注目されているのがマカヒキでしょう。
前走、若駒ステークスは後方から上がり32.6という脅威のタイムでの差し切り。
この切れ味は世代屈指の存在であることは言うまでもありません。
姉がウリウリということもあり距離の不安もささやかれますが、
前走とて2000mでの競馬。距離不安を論じる必要はもはやないのかもしれません。
この中山2000mの舞台でもリオンディーズ以上の末脚を繰り出す可能性は
なきにしもあらずなだけに注目したいところです。

上位3頭には皐月賞への優先出走権が与えられる一戦だけに、やはり名誉あるクラシック出走へ
向けて、各陣営はまずは権利を獲るべく狙った走りをしてくるでしょうが、
この3頭以外の陣営にとってはこれらの馬の1頭でも負かさない限りは権利を獲れません。
それだけに秘策をもって臨んだりする陣営もあるでしょうし、
3強とは言われながらも一筋縄ではいかないレースとなる可能性大ではないでしょうか。

中山競馬場4
いよいよ春のG1シーズンへの開幕が近づいてきていますが、
馬券を買うのはG1レースだけでいい。などと思っているとなかなか当たらない。
やはりトライアルレースなどの前哨戦をしっかりとチェックした上で
大一番を予想することこそがG1的中へ繋がるということは言うまでもないのではないだろうか。

 

【浦和競馬】 しらさぎ賞(S3)南関東競馬必勝☆天皇賞の軍資金稼ぎはこちらから!

【京都競馬】 天皇賞(春)キタサンブラックVSサトノダイヤモンドの結末は…

【東京競馬】 青葉賞(G2)ダービーの権利を本気で狙うアノ馬の極秘情報知ってる?

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

白山大賞典

【白山大賞典 2016】金沢競馬を徹底予想!

管理人です。 中央競馬3日間開催を前に10/4は金沢競馬場でJBCクラシックへ向けても

記事を読む

宝塚記念2016

☆2016宝塚記念(G1)予想オッズ~ドゥラメンテVSキタサンブラックだが・・・

管理人です。 いよいよ発走!2016年上半期の総決算、宝塚記念(G1) 例年では次々と有力馬

記事を読む

浦和競馬1

★2016オーバルスプリント(Jpn3)★浦和競馬を徹底予想!

管理人です。 9月15日は浦和競馬場で交流重賞オーバルスプリントが発走となります。 今年のJ

記事を読む

free33

【オーシャンステークス2017徹底予想】追い切り抜群のこの馬狙い!

管理人です。 土曜中山メインはスプリント重賞オーシャンS。 人気の中心はメラグラーナ

記事を読む

地方競馬

【川崎記念2017予想】川崎競馬を徹底予想!

管理人です。 フェブラリーSに先立ち、今年はじめの地方交流G1レース川崎記念(Jpn1)が2/

記事を読む