【レース回顧】2016中山記念(G2)~ドゥラメンテが甦る!

公開日: : 重賞回顧 ,

中山記念でドゥラメンテが復活!

ドゥラメンテ中山記念

二冠馬ドゥラメンテが骨折から立ち直り9カ月振りの出走。
18k増の馬体は、まったく太目感がなかったし、
バランスのいい馬体には落ち着きもあった。

レースは同じ系統の勝負服4頭を含めた11頭の闘い。
カオスモスがハナを切り、1000mを59秒3で逃げる展開。

ドゥラメンテは少しゲートの出が悪かったが、外から中位をキープ。
うまく折り合いをつけての追走から、4角手前から動き始める。
今回は休み明けもあって正攻法競馬で早目の先頭。
それでも前のラストインパクトを交わし、力強く坂を駆け上がる。
勝ち時計 1分45秒9、上がりは46.5-34.9は文句なし。
能力の違いを鼓舞する走りでもあった…

2着は勝ち馬を凌ぐ末脚を駆使したアンビシャス。
パドック気配には力強さを感じた。
この上がりを考えると、素晴らしい伸び脚と言える。

3着は全体に余裕があったリアルスティール。
太目もあったが、あと一歩の詰めの甘さは休む前と同じだった。

フルーキーも太目を感じたが、今回のメンバーでよく闘っていると誉めたい。

ロゴタイプは馬体の張りがひと息だったし、ジリ脚質は同じ。

イスラボニータは道中で行きたがり、勝ち馬マークで末をなくしてしまった。

中山ファンも場外のファンも、ドゥラメンテの復活に酔いしれていた…

【春のG1】 高松宮記念(G1)大混戦の中から抜け出すのはこの馬しかいない◎

【中山競馬】 ダービー卿CT(G3)徹底攻略予想情報はコチラから!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

コパノリッキー馬主

【2015フェブラリーS(G1)レース回顧】コパノリッキー

フェブラリーS・コパノリッキー! 連覇がかかったコパノリッキー。 パドックでは引き続

記事を読む

keenlandc

【レース回顧】2016 キーンランドC(G3)~ブランボヌールが突っ込む!

キーンランドCはブランボヌールが突っ込む! 1着馬にはスプリンターズSへの優先出走権が与えられ

記事を読む

アウォーディー日本テレビ盃

【レース回顧】日本テレビ盃2016~アウォーディーが競り勝つ!

船橋 日本テレビ盃はアウォーディーが競り勝つ! 第63回 日本テレビ盃 1800mダー

記事を読む

サウンドトゥルー

【レース回顧】2015東京大賞典(G1)~サウンドトゥルーが差し一閃!

管理人です。 年末恒例の大一番、東京大賞典を観戦に今年も多くのファンが大井競馬場へと駆けつけた

記事を読む

シンハライト

【レース回顧】2016チューリップ賞(G3)~シンハライトが勝ち3連勝!

阪神 チューリップ賞はシンハライトが! 上位3頭に桜花賞への優先出走権が与えられる。

記事を読む