【レース回顧】2016アーリントンカップ(G3)~デムーロ騎乗のレインボーライン!

阪神 アーリントンCはレインボーラインが混戦を断つ!

レインボーラインアーリントンカップ

見応えある直線の叩き合い。ゴール前は横一線でクビの上げ下げ。
混戦を断ったのはデムーロ騎手のレインボーラインだった。

重賞レースになるとやたら燃えるデムーロ騎手。
外回りにしては速い前半 3 Fが34秒4の流れになった。
後方から追走して、4角を回ってスパート。
どの馬が勝ってもおかしくない展開だったが、
最後まで諦めなかった騎手の勝利。
勝ち時計 1分34秒1、上がりは47.4-35.0での決着。

2着は僅か及ばなかったダンツプリウスだった。
腹回りに余裕はあったが、一歩も譲らなかった根性は立派。
タイミングひとつでは勝利していただろう…

3着は相変わらずテンションが高かったロワアブソリュー。
今回はゲートも悪く、後方からの競馬をした。
しかし、末脚はなかなかのモノで、次に繋がる競馬ができた。

4着はパドックで力強さを見せていたアーバンキッド。
攻めの競馬をしての着順なら悪くない。
自己条件に戻れば、アッサリ2勝目をゲットできそう。

ヒルノマゼランは、心配した守りの競馬をしてしまった。

レオナルドは落ち着きが出て、体が増えてくればもっとやれていい。

ボールライトニングは少し太く映ったし、
この馬に1600mは微妙に長いことが判明した。

重賞戦にしては、ヤヤ物足りないメンバーだったが…

 

【東京開幕】 ★根岸ステークス(G3)出走馬徹底分析予想はコチラ★

【特別公開】 シルクロードS(G3)予想必勝情報を公開中!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

シゲルカガ1

【レース回顧】北海道スプリントC(Jpn3)~シゲルカガ

北海道スプリントC・シゲルカガ! 門別の地方交流戦、JRAから4頭が出走。 クリーン

記事を読む

ショウナンパンドラ2

【レース回顧】2015ジャパンカップ(G1)~ショウナンパンドラが優勝!

ジャパンCは牝馬ショウナンパンドラが制覇! 今年のジャパンCは外国から4頭が参戦して行

記事を読む

awordy

【JBCクラシック2016レース回顧】アウォーディーが連勝記録を伸ばす!

川崎 JBCクラシックはアウォーディーが連勝記録を伸ばす! 川崎 JBCクラシック Jpn I

記事を読む

ベストウォーリア2

【レース回顧】盛岡の南部杯はベストウォーリアが連覇!

マイルCS南部杯はベストウォーリアが連覇! 福永騎手はベストウォーリア1頭のために中央

記事を読む

no image

【有馬記念2016レース回顧】サトノダイヤモンドが今年を締める!

有馬記念・最後の締めはサトノダイヤモンド! 有馬記念 3歳以上 オープン 2500m芝 G I 定

記事を読む