【2016アーリントンカップ(G3)】出走馬短評と予想のポイント

公開日: : 最終更新日:2016/02/25 重賞展望 , ,

土  阪神  アーリントンC!
阪神競馬場2
GI出走を目指す馬にとっては大事な一戦 1600m G3。
しっかり賞金を加算し、GI制覇に手応えを感じる走りを期待して…

※  ポイント

☆ アーバンキッド
1勝馬だが、2着を外しておらず、その内容も安定。
1分34秒台の決着になれば、ここ2戦の走破時計からもチャンスはある。

☆ オデュッセウス
1400mだと崩れはないが、1600mになると心許ない。
前走2着も勝ち馬とは差があり、切れる脚が使えないのはつらい。

☆ シゲルノコギリザメ
前走は4着だが、1600mのシンザン記念では3着と頑張っており、
阪神コースはスピードを生かして2勝目を挙げている。
スンナリ先行できれば、一変の可能性はある馬。同型との兼ね合いひとつ。

☆ ダンツプリウス
前走が中山マイルのジュニアCを勝ち2勝目。
阪神コースは未勝利時にマイル戦で2着がある。
好位追走から脚を伸ばす脚質は、ここでも持ち味を発揮できる。
あとは、相手との力関係ひとつと言える。

☆ ヒルノマゼラン
体が絞れた前走で2勝目をマークしており、まだ底を見せていない。
2走前はエルビッシュのハナ差 2着で、走破時計も速い。
スタートさえ決めれば、3勝目が重賞レースになるかも…

☆ ボールライトニング
前走の朝日杯FS 11着の敗因は何だったのか?
距離だったのか?体調に不満があったからか?
その答えは今回でハッキリするだろう。
デビューからの2戦は1400mで、重賞を含めて連勝しており、
ここでアッサリ見限るのは、まだまだ早計というもの。
あとは福永騎手の乗り方ひとつ。

☆ マディディ
京都の1400mと、中京の1600mで2勝を挙げているが、
阪神コースは初めてとなり、直線の登り坂がどう出るか…
セールスポイントは終いの伸びであり、長い直線そのものはプラスのはず。
一気に上昇気流に乗るかどうかは今回の一戦にかかっている。

☆ メイショウカネサダ
ここまで2連勝中だが、勝ったのは共に1200mのダート戦。
初戦は先行策で、2戦目は差す競馬で勝利している。
今回は初の芝、初のマイル戦になるのがどう出るかだろう。
血統面からは芝も距離も大丈夫と思うが…

☆ ユウチェンジ
まだ1勝しか挙げていないが、朝日杯4着は軽視できない。
前走も重賞レースで0.5秒差だから、マイルで前進する可能性はある。

☆ レインボーライン
前走のシンザン記念6着には不満が残るが、
2走前に勝った阪神に替わり、一変することは考えておきたい。
デムーロ騎手がどんな乗り方をするのだろうか。

☆ レオナルド
使いつつ馬体が減少傾向にあり、ゲートも悪いので。

☆ ロワアブソリュー
一本調子で線香花火のような前走の内容。ムキになり過ぎていた。
その点では距離短縮はプラスに出るだろうが、
抑えられない気性が修正されているとは考えづらい。
阪神外回りは、道中のペースが遅くなるので…

2勝馬が優勢に見えても、ジックリ検討すればそうでもない。
開幕週でもあり、追い込み馬にはつらい流れになりやすい。

【限定公開】 今週末はいよいよ日本ダービー!馬券的中させたい人はここをクリック☆

【東京優駿】 日本ダービー(G1)出走馬徹底分析で見えた!勝つのは●●●●●だ!

【徹底分析】 目黒記念(G2)出走馬徹底分析!データからの推奨馬は・・・

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

スマートプラネット

【東京11R クイーンC(G3)】馬券分析・予想

東・クイーンC馬券分析! 単に2勝馬が有利とも言えない不気味な1勝馬の存在がある。

記事を読む

ペルーサ

【2015天皇賞秋(G1)】出走馬徹底分析[4]~ラブリーデイ他

東京 天皇賞・徹底分析! 4 ※ ペルーサ 8歳牡馬 札幌日経オープンを勝って休養し、こ

記事を読む

ステファノス

【2015天皇賞秋(G1)】出走馬徹底分析[3]~ディサイファ他

東京 天皇賞・徹底分析! 3 ※ ステファノス 4歳牡馬 春の中山記念で3着、その後、香

記事を読む

シュウジ1

【2015デイリー杯2歳ステークス(G2)】シュウジが登場!

来週の京都デイリー杯2歳Sにシュウジが出走! 昨年はタガノエスプレッソが優勝した、デイ

記事を読む

free12

【弥生賞2017】出走予定馬短評と予想のポイント

弥生賞2017:予想のポイント 2017/3/5(日) 中山11R 弥生賞 G2 芝2000m

記事を読む