★2016小倉大賞典(G3)★波乱の重賞・自信の予想!

公開日: : 最終更新日:2016/02/26 広告・おしらせ ,

管理人です。
小倉競馬3
波乱のレースが続く冬の小倉競馬。それこそ一攫千金を狙う競馬ファンにはうってつけのレースが続いているがその冬の小倉の風物詩といえばこの
小倉大賞典ということになるだろう。
今年も波乱を起こしそうな伏兵がわんさかいるがさてどの馬から狙おうか?

マイネルフロスト
まずは1番人気に支持されているマイネルフロスト
年明けの中山金杯で2着、続くAJCCは4着と重賞で崩れずに走っている戦績が
評価されてのものだろうがここは陣営も力の入る一戦であることは伺える。
何より現在好調の蛯名騎手がわざわざ小倉への遠征をかけてこの馬に騎乗する。
わざわざ東京から小倉へ来るわけだから何も土産なしには帰れないというところだろう。
ハンデは57kgを背負うが流れ一つで勝利まで手が届くか。

レッドアリオン1アルバートドック
今週で引退となる橋口弘調教師に松田博調教師。
それぞれレッドアリオンアルバートドックをここに送り込んできた。
泣いても笑ってもこれでラストともなれば陣営はメイチ勝負してくること請け負い。
近走戦績を度外視してでも抑えておくべき馬であるとも言えるだろう。
特にアルバートドックには先週のレーヴミストラルで重馬場に泣いた川田騎手が
地元九州・小倉で再度松田博調教師の馬に騎乗しての重賞挑戦となる。
本人も相当燃えているだろうし気合の騎乗で上位進出は十分に可能だろう。

ネオリアリズム
騎手の面で気になるのはこのネオリアリズムとて同じ。
関東の堀厩舎の馬騎乗のために小倉へ遠征の岩田騎手。
最近、拠点を関西から関東へ移すことを発表したばかりではあるが、それでいきなり関東のトップクラス
堀厩舎の馬に騎乗するとなれば今後のことも考えてもここは岩田騎手もアピールの場となろう。
フェブラリーSでお手馬ローマンレジェンドに乗らずにこちらに回ってきているあたり
かなりの勝負気配を感じてしまう。

コスモソーンパーク
重馬場が残れば面白そうなのがコスモソーンパーク
とにかく重馬場巧者であり瞬発力勝負には合わないが荒れた馬場での力比べはピッタリ。
日曜は雨の予報もないが前日までの雨の影響で重馬場であったり馬場が荒れているようであれば
それこそ同じマイネル軍団のマイネルフロストよりもこのコスモソーンパークを狙ってみたくもなる。

他にもトップハンデも実績十分なダコールや昨年の小倉記念2着の舞台で復活なるかの
ベルーフなども人気して有力候補とも言えるだろうし
とにかく混戦であることは間違いないといった今年の小倉大賞典だろう。

 

小倉競馬場
勿論、フェブラリーSの予想も無料公開されるというだけに今週は特に要チェックと言えそうだ。
競馬は情報を持っている者が勝つというもの。
スポーツ新聞やネットで誰もが手にできるような情報から馬券を買うなどというのは
大切なお金をドブに捨てるような行為といえるかもしれない。

競馬で勝ちたいと思われる方は今一度、こういったサイトを参照の上
自信の勝負をされたほうがいいのではないだろうか。

 

【必見情報】 ※神戸新聞杯(G2)レイデオロを負かし得る絶好の仕上げの注目馬が気になる方はクリック

【状態絶好】 オールカマー(G2)で狙うべき状態絶好の馬はこの馬!←馬名公開中

【阪神競馬】 ダービー馬登場!今週の注目『神戸新聞杯(G2)』の出走馬情報

【中山競馬】 ★オールカマー(G2)秋の主役へ名乗りを挙げる注目出走馬情報★

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


関連記事

調教風景

★2016阪急杯(G3)追い切り★予想で抑えたい注目馬情報!

管理人です 高松宮記念へ向けての重要な一戦と位置づけられる阪急杯。 休み明けの馬も多いだけに

記事を読む

浦和競馬1

【2016ユングフラウ賞(S2)】浦和競馬を徹底予想!

管理人です。 2月に入りまだまだ寒い中での冬競馬が開催されていますが、中央競馬だけでなく 地

記事を読む

調教風景

★2016京都記念(G2)追い切り★予想で抑えたい注目馬情報!

管理人です。 日曜日のメインは京都記念(G2)古馬長距離路線、天皇賞・宝塚記念と続く路線。

記事を読む

ドゥラメンテ2

★2016中山記念(G2)★予想オッズ1番人気ドゥラメンテは諸刃の剣?

管理人です。 昨年のダービー馬ドゥラメンテが中山記念で戦列復帰を果たします。 皐月賞・ダービ

記事を読む

S__4595721

【北九州記念2017追い切り予想】予想に役立つ注目馬情報

管理人です。 北九州記念へ向けての最終追い切りが栗東トレセン・小倉競馬場で実施されました。スプ

記事を読む